接客実務リスト【1】姿勢と態度 + 「  


しせいを悪くする生活しせいを悪くする生活週間についていくつかしょうかいしましょう。

正しい方法は、普段の生活の中で、出来るだけしせいを良くして過ごすことをつづけることです。

じぶんで「今おかしなたいせいだ」と気ついたら、すぐに治すようにしましょう。

まず誰にでもいえることですが、何かをする時に顔を近付けるということです。

放置しておくとさらに視力は悪くなり、それにつれてしせいも悪くなってしまいます。

まいにち過ごす中で、じぶんが無いしきのうちにやってしまっているおかしなポーズなどはないか、いちど注意してかくにんしてみるといいですね。

これは目が悪かったりするのも原因となってしまうので、目が悪くて物が見えないから近ついてしまうという人は、コンタクトやめがねをつくることをけんとうしたほうがいいですね。

こういった間違ったきょうせい方法も治すようにしないと、身体の歪みはどんどん悪ばかしてしまいます。

それからじょせいに多いのですが、背が高いことをコンプレックスにおもっていて、出来るだけ背中を丸め、じぶんを小さくみせようとしている人がいます。

「じぶんのすわり方やたち方・歩き方はおかしい」と気にし過ぎてしまうと、胸をはりすぎてしまうこともあるでしょう。

同じように、肩が前にむかって閉じている形だと、いしきして肩を後ろに引こうとする人もいます。

これは、当然猫背をつくる原因となってしまうので、治すようにしましょう。

家族など、ともに過ごすじかんが長い人におねがいして、しせいが乱れている時があったらすぐに注意してもらって治すようにするのもおすすめです
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ