姿勢人気は『やらせ』  


ランニングを行なう上で、筋肉トレーニングをするのは非常に有効です。

それでは、ランニングに適した筋トレってどういうものなのでしょうか?まず、走るためには、足腰がしっかりしていないといけません。
白髪染め
ダイエットのためにとりいれている方も多い筋トレでしょう。

スクワットは、きっとほとんどの方がごぞんじの筋トレだと思います。

さらに、ランニングには腕ぶりも大切ですから、腕の筋肉をきたえることも重要ですね。

腕たて伏せは、腕にれんどうする筋肉をきたえます。

スクワットの正しいやり方としては、肩幅より少し広い感じで足をひろげます。

これをゆっくりとすうかい行なうようにします。

この時、膝が爪先よりも前に出ない高さで腰をとめるようにします。

足の筋肉をきたえると、けがから守ることもできるので、必ずやっておきたい筋トレメニューです。

また、腰をあげます。

腹筋もよく知られている筋トレですが、足をのばすより曲げて行なうのが一般的でしょう。

それに、ランニングには、腹筋トレーニングも有効です。

スクワットの種類は、さまざまありますし、腰をどのくらい深くおとすかによってもこうかはかわってくるようです。

足腰をきたえる筋肉トレーニングといえば、やはりスクワットですね。

そして、刺青を正し、まっすぐに腰を下ろすのです。

腹筋をしておけば、傾斜のある坂のランニングでこうかを発揮します。

ランニングに適した筋トレは、他にもたくさんありますが、とりあえずはスクワット、腹筋、背筋、腕たて伏せなどの筋トレメニューを行なうのがいいでしょう
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ