姿勢が好きでごめんなさい  


よがと組みあわせる寝よがとは、その名の通り寝たままに行うよがのことです。

よがはすうねんまえにブームになりましたが、ゆったりと呼吸をしながらポーズを撮ることで、前進にエナじーをいき渡らせつつインナーマッスルに働聞かけることができるので、ふかの割にこうかが高いダイエットとして現在も高い人気を誇っています。
音楽とゲームの役立つサイト
寝よがの基本もごろねダイエットとどうように無理をせずできる範囲でおこないます。

寝よがのやり方もしごく簡単です。

そのよがを寝たままの刺青でらくに行うのが寝よがという所以です。

その通りせなかと肩、広げた両腕が床からはなれないように注意しながら、ゆっくりと両ひざを揃えたじょうたいで右にたおします。

寝よがは寝起きのタイミングで行うことをよしとしています。

次にうつぶせのじょうたいで手の平を胸の脇に起き、ひじをたてて後ろにひきあげるように状態をおこします。

ごろねダイエットそのものとはじゃっかん異なりますが、ごろねのじょうたいで行う運動ということでごろねダイエットのひとつとして取りあげたいとおもいます。

顔を左にむけて10回程度呼吸を繰り返したら、ひざを元の位置に戻して今回はひだりがわにたおし、顔を右側にむけて同じように10回程度呼吸を繰り返します。

仰むけのじょうたいで両手を広げて床にづけて、両足のひざをまげてゆっくりと胸の方へと引き寄せます。

肩甲骨をひきよせるようにひじを挽いて胸を開いたら、やはり10回程度ゆっくりと呼吸を繰り返します。

ただごろねダイエットと違うことといえば、よがは鼻からゆっくり息を吸い、お腹に力を入れたじょうたいで口からゆっくりはき出す呼吸を繰りかえすことです。

朝のごろねダイエットの前に行うと体の代謝が上がっているのでより高いこうかが望めます
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ