姿勢や!姿勢祭りや!!  


ごろ寝ダイエットはなぜ硬化があるのかごろ寝ダイエットは緩いダイエットでありながらも硬化が期待できる訳ですが、なぜ簡単な運動だけでこれだけの硬化があるのでしょうか。

しかしふだんの運動では鍛えられにくいインナーマッスルを鍛えることで、それらがささえている内臓の体温が上がり、内臓のはたらきも活発になります。

まず、ごろ寝ダイエットでは内臓付近のインナーマッスルに働きかけるため、外からみえるきんにくが鍛えられる訳ではありません。

確かにきんにくの量を増やせば消費する熱量が増えるため、ダイエットにつながるのですが、これだけ緩めの運動をまいにちとはいえすうふんおこなうだけで、劇的にきんにく量が増えるとはかんがえられません。

このため、わかりやすくきんにくが増えるということが無いのです。

つまり、きんにくの量の増加によるもののみでなく、内臓が活発に働くことできそ代謝が上がり、消費する熱量が増加するのです。

しかし、ごろ寝ダイエットをおこなうことでかくじつに体に変化をもたらすということは、きんにくの発達以外にもなにか硬化があるということでしょうか。

ごろ寝ダイエットによる硬化というのは、単純に運動による熱量の消費だけでなく、体全体の滞りをかいぜんすることによって代謝が活発化され、きそ代謝をおしあげることで発揮されているのです。

また、寝たままストレッチをおこなうことで姿勢による歪みがかいぜんされるので、体の歪みによって凝っていたきんにくもほぐされて血の巡りが良くなり、体全体の体温もじょうしょうしやすくなります。

持ちろん運動そのものもじゅうようですが、ごろ寝ダイエットのばあいにはすぐに硬化が出る短期的な運動というよりも、長期的につづけることによってふとりにくい体を創る体造りといった側面が強いといえるのです
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ