2014/4/2

日本年金機構へ相談しに行ったのです  ちょっとした事件イロイロ

前回から

2014年03月27日

クリックすると元のサイズで表示します
(日本年金機構の図)

 国民年金を滞納しているため、特別催告状が届いた私。
 そんなわけで、日本年金機構へ行って相談することにしました。

それにしても古い建物だなぁ・・・

 トイレも狭く和式で、身障者用のトイレも無かったので、建物自体が相当古い物っぽいのです。
 平日にもかかわらず5-6組くらいの人が順番待ちで待っている最中です。ひとまず私も番号札を持って待つことにしました。
 ほどなくして呼ばれました。

「こういうもの(特別催告状)が届いたんですけれど・・・」
「ああ、これですね。滞納している方に送っているのです」
「ただいま無職でお金無いんですけれど、どうしたらいいんですか?」
「私どもといたしましては"お支払いくださいと言うしかない"のです」

 まぁ、予測はついたものの少々がっかりな私。

「ご家族と一緒にお住まいなのですか」
「はい」
「それでは世帯主様と(年金の事を)よくよく話し合ってください。一応こういう制度がありますが・・・」

クリックすると元のサイズで表示します
(国民年金保険料免除・納付猶予申請書の図)

「どういう制度なのですか」
「これは年金の保険料が所得に応じて安くなったりする制度です。
 まだ審査していないので分かりかねますが、全額免除はまず通らないと思ってください。3/4免除か半額免除、1/4免除のいずれかになると思います。
 保険料を毎月支払うことが難しい場合は"飛び飛び"にお支払いでもかまいません。」
「"飛び飛び"とはどういう事ですか」
「例えば4月に支払った、でも5月はキツイかなという時、5月分は飛ばして6月分はお支払い・・・という感じで」
「そんな事をしても良いのですか」
「理想は毎月お支払いですが、飛び飛びでも"支払っていない"という事にはなりませんので・・・」

 と、いうわけで一応「国民年金保険料免除・納付猶予申請書」を出して帰ってきました。
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ