★星空日記コリメート風★

★ 星の話題や旅の話などの日記風ブログです ★
  ブログ開設2010年3月 2020年8月から非公開 同年10月末に再公開
    By HIRAI  Sapporo, Hokkaido, Japan
ひらい宛メール ngc4631jr★yahoo.co.jp (★を半角の@に置き換えてください) 

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ひらい
かないさん、そのような事情でしたか。
40cm反射の光軸調整は望遠鏡の向きによって微妙に変わるのを防ぐ工作中ですが、シリウスのみに特化した光軸調整が可能です。
大気の揺れが少ない夜、つまり、裸眼でシリウスの瞬きが少ない夜に拙宅へお越しください。
多分、シリウスの伴星=シリウスBが見えるかもしれませんよ。
投稿者:かないまさゆき
5月末で札幌を離れることが決まり天文指導員も今期限りとなり、思い出したのが、シリウスbを見てみたい🎵だったというわけです。

m.kanai.moon@gmail.com
投稿者:ひらい
かないさん、ご無沙汰しています。
ブログは、細く長く続けたいと思っています。

2020年に組立て完了した口径40cm反射望遠鏡は、光軸調整の最終追い込み中で、まだシリウスの伴星は見ていないのですが、恐らく眼視で確認できるはずです。

https://star.ap.teacup.com/hirai-hokkaido/1933.html
リンク先は2017年に口径15cm屈折望遠鏡でシリウスを撮影したときのものです。
残念ながら大気の揺れが大きく眼視では確認できませんでした。

大気の揺れが比較的小さな宮古島で口径50cm反射望遠鏡を使った際には簡単に眼視確認できましたので、40cm反射の光軸調整が終わり、大気の揺れが小さな夜であれば40cm反射でも伴星は見えると思います。
投稿者:かないまさゆき
ブログは細く長く続けてください。それはともかく、屋上の40cmでシリウスbは眼視できるものなんですか?

m.kanai.moon@gmail.com
AutoPage最新お知らせ