★星空日記コリメート風★

★ 星の話題や旅の話などの日記風ブログです ★
  ブログ開設2010年3月 10年継続後の2020年3月にブログ閉鎖予定
    By HIRAI  Sapporo, Hokkaido, Japan 

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:岩崎 泰之
こちらこそ、ありがとうございました!
投稿者:ひらい
岩崎さん、ありがとうございます。
私も、事後承諾ということで画像追加させてもらいます。
投稿者:岩崎 泰之
平井さん、ありがとうございます。

真の北極ではなく、天の北極でした^^;
そうですか、視位置でOKなんですね。良かったです。

極軸をほんの少し高くする、面白いですね。そいうテクがあるんですか、調べてみますね。

私の赤道儀の大気差補正はその時の高度方位にコントローラーのツマミをまわすだけの簡単なものですが、気温や気圧にも左右されると聞いたことがあります。ガイド鏡でオートガイドさせたいところですが赤道儀の改修費が捻出できません(笑)


それから平井さんのブログとステナビの画像を合成してみました。勝手にすみません。
この方が判りやすいかもしれませんね。

http://homepage1.nifty.com/ginga/hirai_san.jpg
投稿者:ひらい
岩崎さん、ご無沙汰しています。

画像拝見しました。カーチス写真法のお手本のような画像ですね。
画像合成、私には思いつかない素晴らしいアイデアです。

岩崎さんご推察のとおり、望遠鏡の極軸は視位置における天の北極に合わせるのが正解です。

長焦点で長時間撮影する場合は、撮影時の大気差の変化を見越し、ほんの少しだけ極軸を高くすれば良いと昔の本に書いてあったような記憶があります。
天の北極からずらす量は角度の数十秒らしいです。

本格的には、撮影する方向や高度で極軸の高さを変えるようなことも書いてありました。

中途半端な記憶で申し訳ありません。
投稿者:岩崎 泰之
平井さんこんばんは!

私も今年の2月に観測所の赤道儀の極軸チェックをやってみました。
1500mm直焦点ノータッチガイドで1分ほど露出すると僅かにずれてくるので気になっていました。
観測所をオープンした25年前は大気差をコントロールすれば40分くらいは点像でしたが、
歳差や東日本大震災の影響か再チェックの必要が出てきました。

そこでひとつお尋ねしたいのですが、ステラナビゲータで真の北極を表示すると、
赤経はJ2000と視位置で4′40″のずれがありますが、これは視位置(J2014?)
方向に向ければ正しいのでしょうか?

私も鏡筒を回転させて恒星の軌跡から写真を撮ってみましたが、大雑把ですが
J2000と視位置の中間あたりにずれているように感じますが、いかがでしょう?

画像は3枚の星野写真に赤経赤緯線を入れたステナビの画像を合成したものです。

http://homepage1.nifty.com/ginga/kyokujiku.jpg
AutoPage最新お知らせ