★星空日記コリメート風★

★ 星の話題や旅の話などの日記風ブログです 数日おきに更新中 ★
  ブログ開設2010年3月 10年継続後の2020年3月にブログ閉鎖予定
    By ひらい Sapporo, Japan 
    【ひらい宛メール】 qqqe7uhx9★earth.ocn.ne.jp(★を@に置換え願います)

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ひらい
くっしーさん、おはようございます。

まず、極軸の方位を北極星の東側5〜10度にわざとずらしておきます。
そして望遠鏡を北極星に向け、極軸回転させながら北極星が動いていく方向を確認します。

つまり、極軸が東にずれていたら、北極星が極軸回転の際に視野のどちらにずれるかを体験しておくわけです。

西にずれていたら北極星が反対の方向にずれるはず。これを覚えておけば視野内の星の動きで赤緯軸がどちらにずれているか判断できるようになります。

私の場合、これまで何回もこの方法で極軸合わせしてきたので、体が自然と覚えてしまっています。
極軸合わせの際、写真撮影して確認することはなく、今回の画像はブログ用にと考え撮影したものです。

少し慣れが必要かもしれませんね。頑張ってください。
投稿者:くっしー
ひらいさん、こんばんわ。

この記事の試運転とジャック彗星の写真は見た記憶が有ったのですが、極軸あわせの話を見落としていました。今日の極軸確認の記事で気が付きました。

この極軸合わせ、以前にも質問した記憶が有りますが、もう一つピンとこないんですよね。
いつも、MK800の極望の付かない安物赤道儀にカメラを乗せて、極軸を合わせる時に、似た様な感じでやるのですが、今ひとつうまくいってない様な、、、初めに7cmの鏡筒を乗せて、極軸と赤緯軸をおおむね合わせて、架台の水平面の移動と、仰角の微動を動かして、視野の真ん中に北極星をいったん導入しておいて、(ここで赤経を振っても、どう向けて良いのか、どうも良く判りません)カメラに載せ替えて、9/2の記事の様に赤経をぐるぐる回して写真を撮って、何となく合わせるんですが、この時も、今ひとつどう合わせて良いのか良く判らず、適当に動きが小さくて、なおかつ、ステラリウムの北極星と極点の位置関係を考えると、この位置で動かなければ行けないと思われる位置に何となくカメラを向けるんですが、今ひとつです。たぶん合わせる時に動かすべき物と、動かしては行けない物とがはっきりして無くて、何となくあっちこっち回してしまってる感じで良く判らなくなるんですよね。各段階で、これを回すけど、これを回して合わせては行けないとか、なんかわかりやすい方法有りますか?

http://air.ap.teacup.com/kussy/
AutoPage最新お知らせ