2021/6/12

龍ヶ崎テラスと龍ヶ崎小浜  話題あれこれ
龍ヶ崎テラスと龍ヶ崎小浜(こはま)


 龍ヶ崎は永崎海岸(福島県いわき市)北外れにあります。昭和20年代の宅地造成と昭和30年度後半中之作港増設工事の埋め立てにより、地図上で見るとその名が示す崎(岬)とは確認できなくなってしまいました。また、護岸堤防が東日本大震災の復興工事によりかさ上げされて道路上からは全く見えなくなってしまいました。
 
 龍ケ崎すぐ近くの護岸堤防には見晴らしの良いテラスがあります。また、龍ケ崎の下には小さな海岸があります。このテラスと海岸には名称がなく。訪れた人たちに説明するのに不便を感じていました。そこで今日から見晴らしの良いテラスを龍ヶ崎テラス、小さな海岸を龍ヶ崎小浜(こはま)、と呼ぶことに呼ぶことにしました。


折戸地区から見た中之作の湊(明治時代)
赤線の囲い先端が龍ヶ崎
クリックすると元のサイズで表示します

明治時代の龍ヶ崎拡大写真
クリックすると元のサイズで表示します


龍ヶ崎周辺写真
クリックすると元のサイズで表示します

龍ヶ崎周辺拡大写真
クリックすると元のサイズで表示します

龍ヶ崎テラスの階段
クリックすると元のサイズで表示します

龍ヶ崎テラスから龍ヶ崎方面を見る
クリックすると元のサイズで表示します

龍ヶ崎テラスから小名浜方面見る
クリックすると元のサイズで表示します

龍ヶ崎テラスから龍ヶ崎を見る
下の砂浜が龍ヶ崎小浜(こはま)
クリックすると元のサイズで表示します

龍ヶ崎と龍ヶ崎小浜(こはま)
クリックすると元のサイズで表示します

龍ヶ崎小浜から磯場と龍ヶ崎灯台を見る
クリックすると元のサイズで表示します

龍ヶ崎小浜から小名浜方面を見る
クリックすると元のサイズで表示します

龍ヶ崎小浜から見る龍ヶ崎
クリックすると元のサイズで表示します



龍ヶ崎テラスと龍ヶ崎小浜(こはま)は誰が名付けたか?
もちろん蜂です。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ