2017/2/8

松送り  季節の話題
1月8日
正月も昨日で終わり、今朝6時から松送りが、蜂の自宅前にある新中之作港の空き地で行われました。今年は日曜日ということもあり、例年より多くの人出がありました。蜂が小学生の頃は漁業最盛期で、年を越した縁起物や大きなダルマやお札、松飾りなどが山のように積まれ、明け行く空を真っ赤に焦がして燃えていました。あれから‥年、例年より人出は多いと云っても、積まれた縁起物などの松送りの品は、たき火の延長ぐらいの高さしかありません。漁業衰退による過疎化の進む郷土の現実の姿を実感せざるを得ません。


例年より人出は多いが火の勢いは最盛期の1/10以下
クリックすると元のサイズで表示します
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ