2016/2/15

第7回いわきサンシャインマラソン  イベント
第7回いわきサンシャインマラソンが2月14日(日)に開催されました。朝は風も強く雨とも降るという最悪のコンディションでしたが、午前11時頃からは雨も上がり薄日も射すほどに回復しました。蜂は、前日からその準備に加わり、当日もその運営に参加しました。

第7回サンシャインマラソンのポスター
クリックすると元のサイズで表示します


フルマラソンのコース
クリックすると元のサイズで表示します








 13日(土)は午後1時から、区の役員としてサンシャインマラソンの折戸・中之作応援イベントの会場つくりをしました。作業はイベント会場のテントの組立てと応援用の大漁旗を飾るロープ張りでした。折戸・中之作の区役員の外、地元の人たちの協力もあり午後2時過ぎには作業が終わりました。

テント組立て作業
クリックすると元のサイズで表示します

大漁旗飾り付け用ロープ張り作業
クリックすると元のサイズで表示します



14日は午前7時から大漁旗の飾り付け作業、テント張り作業などの予定でしたが、天候状況から午前8時からに繰り下げ作業を始めました。雨と風に悩まされながらも、交通規制の始まる午前9時25分までに全ての作業を終わらせることが出来ました。

大漁旗飾り付け作業
クリックすると元のサイズで表示します



 サンシャインマラソン大会での折戸・中之作の応援イベントは初めての開催です。永崎小学校鼓笛隊の演奏、江名中学校吹奏楽部の演奏、この日のために結成された折戸・中之作お囃子会のお囃子演奏でフルマラソンのランナーを応援する予定していましたが、永崎小学校でインフルエンザが流行しはじめたため同校の参加を見送りました。

 午前9時40分ころ先頭グループが通過する前から応援が始まりました。折戸・中之作お囃子会が笛や鐘そして太鼓の軽快なリズムでお囃子を演奏。それに引き続き江名中学校吹奏楽部はサンバやチャチャチャなどの心躍る曲を演奏。最終のランナーが通過するまで、休みことなく交互演奏を続け応援しました。

軽快なリズムでランナーを応援する
折戸・中之作お囃子会
クリックすると元のサイズで表示します

心躍る曲でランナーを元気づける
江名中学校吹奏学部
クリックすると元のサイズで表示します

思わず足を止めお囃子会の写真を撮る
仮装して出場の白鳥さん
クリックすると元のサイズで表示します

江名中学校吹奏楽部の心弾む演奏に
ランナーも元気を回復したように見えます
クリックすると元のサイズで表示します



 蜂は最終ランナー通過後、イベント同会場の撤収作業をし、午後1時にマラソンゴール地点に移動し、いわきハワイ交流協会の一員としてフラチーム関連イベントのお手伝いに参加しました。途中からの参加で進行状況が気がかりでしたが、こちらの方もスムースにことが運んでいて安心しました。ゴール付近ではBS1のランスマのロケもやっていました。全ての作業を終え午後4時半ごろ帰宅しました。

ゴールしたランナーには
バレンタインデーのプレゼント
クリックすると元のサイズで表示します

恒例のフラガールからの
レイのプレゼント
クリックすると元のサイズで表示します

ゴール地点でのBS1ランスマの収録
バービーが10km完走 カイ・コーヘンがフルマラソン完走
クリックすると元のサイズで表示します

サンシャインマラソンを特集する
BS1 ランスマのチラシ
クリックすると元のサイズで表示します

メインイベントステージで
フラを披露するフラガールを
クリックすると元のサイズで表示します




朝から間立ちっぱなし‥正直「疲れた〜!」が実感です。肉体的疲れを癒すため、まず風呂に飛び込みました‥「あぁ‥最高!」。湯上り後はビールを一気に飲み干し精神的疲労を癒しました。

クリックすると元のサイズで表示します
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ