2015/7/12

ジャパンフラガールフェスティバル  ハワイアン
ジャパン・フラガールフェスティバルin IWAKI 2015が、7月11〜12日(土〜日)にスパリゾートハワイアンズで開催されました。同フェスタは2010年から毎年開催しているもので、今回で6回目です。蜂の所属するハワイアンバンドは、県内外から参加するフラガールの方をお迎えするウエルカムミュージックを第1回から担当しています。今年も11日(土)に演奏させていただきました。     投稿:7/24



フラガールフェスティバルin IWAKI 2015のポスター
クリックすると元のサイズで表示します

ビーチシアターステージでフラを披露する
ハーラウラウラーナニの皆さん
クリックすると元のサイズで表示します







 音響の設置などは前日夕方に済ませました。今回はゲストに粥塚 舞さん迎え6名での演奏です。当日演奏曲は18曲。練習時間が少なく、どんな演奏になるか不安もあり、午前8時30分からハワイアンズの入場口で入念にリハーサルをしました。気が付くと午前9時の開場時間になっていました。直ちにリハからに本番に入り1時間のウェルカムミュージックを演奏をしました。リハから本番まで通して1時間半、休憩も水分補給も無く立ちっぱなしの演奏で、メンバーのおじさまたちはバテバテとなりました。

パインカマアイナスメンバー(昨年のフェスティバルの写真です)
クリックすると元のサイズで表示します

ゲスト出演の粥塚 舞さん
クリックすると元のサイズで表示します



 午前10時にウェルカムミュージックを終えました。休む間もなく、1時間後に始まるスプリングパークでの演奏に備え、バテバテ状態のまま音響機器をスプリングパークに移動再セットしました。「なんでこんなに暑いの?」昨年までは感じなかった強烈な暑さです。音響のセットが終わるころには汗が噴き出して来ました。昨年まではスプリングパークにはステージはありませんでしたが、今年はステージがセットされていました。わずか40cm程度のステージですが、40cm高くなっただけで、昨年とは比較にならないほど暑く感じることになったのです。バテバテのおじさまたちにとり、この状態で更に1時間立ったままでの演奏は無理と判断し、何回か休憩を入れての演奏をすることになりました。結局休憩2回を入れての演奏は20分オバーでしたが、次の演奏者がいないこともあり賢明な選択であったと思います。メンバー一同の必死の練習も功を奏したようで、何とか全18曲好評のうちに無事演奏することが出来ました。

スプリングパークで演奏するパインカマアイナス
クリックすると元のサイズで表示します

パインカマアイナスボーカリストAkemiさん
クリックすると元のサイズで表示します

バンドリーダーとゲスト歌手粥塚 舞さん
クリックすると元のサイズで表示します

蜂を含むバテバテのおじさま3人
クリックすると元のサイズで表示します

無事演奏を終え記念撮影
(スプリングパークステージにて)
クリックすると元のサイズで表示します






連続3回ハワイアン関係の投稿となりましたが、夏本番ですのでいたしかた無いかと思っています。次回は違った話題をお伝えしたいと思っています。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ