2015/3/23

いわきわくわく愛ランドフェス  ライブ・コンサート
いわき太平洋・島サミット2か月前イベント『いわきわくわく愛ランドフェス』が昨日(3/22)開催され、ステージイベントにカルアチャイムスの一員として出演ました。今一つ盛り上がりに欠けるように感じていたいわき太平洋・島サミットですが、大勢のお客様が訪れ大賑わいのいわき太平洋・島サミット2か月前イベントとなりました。蜂もステージイベントにハワイアンバンド『カルアチャイムス』として出演参加しました。

ステージイベントに出演 カルアチャイムス
クリックすると元のサイズで表示します







『いわきわくわく愛ランドフェス』は、5月22日・23日にいわき市で開催される太平洋・島サミットの周知や機運醸成を目的に、市内の高校生42名で結成された「サミット応援隊」が中心となって運営されました。

 会場では、ステージイベントのほか、太平洋の島国と福島県の食材を使い、市内の高校生が考えたレシピを菓子店と協力して作ったスイーツのコンテスト、トロピカルsea級スイーツコンテストや、いわきで栽培したオーガニックコットンを使って作る人形「コットンベイブ」の体験コーナー、参加国の紹介パネル展と国旗作りも行われました。また、太陽光と廃油を使って発電する電源車両「おてんと号」が全ての電源を供給したことも、注目を集めました。他にいわきの食・農産物の販売や、バヌアツ共和国の被災支援募金も行われていました。ゆるキャラたちも会場を歩き、来場者と写真撮影をするなど、大人も子どもも楽しみ、多くの人でにぎわいを見せました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

いわきの食・農産物の販売ブースも大盛況
クリックすると元のサイズで表示します



 さて、蜂が出演したステージ。いわきの地元アイドルのショーに続き披露された、フラのショー、吹奏楽演奏、いわきの郷土芸能『じゃんがら念仏踊り』、ロックバンド演奏の全てが高校生でした。その中でのカルアチャイムスはおじいちゃんばかりで異色の感じでした。しかし、ステージ前に集まった観客は年配者も多くカルアチャイムスの出演は、この方たちには大変喜ばれたようで「アンコール!!」の声もかかりました。

音のチェックをするカルアチャイムス
観客席にはシニア層も多くみられた
クリックすると元のサイズで表示します



 蜂としては、久々の大観衆前での演奏のせいか、アガりました。歌詞は間違うしウクレレの演奏もイマイチでした。女性ボーカルの欠場で12曲演奏したその中で、8曲を蜂が歌いました。ハワイアンバンドを始めて一つのステージで8曲も歌ったことはありませんでした。歌っても歌っても終わらないという感じでした。歌好きの蜂にとっては考えられないことです。これもアガッていたからではないかと思っています。強力メンバーの助けに「感謝!感謝!!」の蜂でした。


アガリッぱなしの蜂でした
クリックすると元のサイズで表示します
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ