2014/6/30

カツオの漁法について 旋網(まきあみ)漁  季節の話題
昨日(6/29)中之作港にカツオが初水揚げされたことをお伝えしましたが、昨日入港したカツオ船は旋網(まきあみ)漁の運搬船です。カツオ漁は一般的に一本釣りが良く知られていますが、現在は旋網による漁獲が大半を占めています。そこでカツオの旋網漁について説明することに致します。


カツオ旋網漁(写真提供:ブログ 明日何釣りにいこ?)
クリックすると元のサイズで表示します






 カツオ旋網漁は船団を組み、海面近くをカツオの群れを巨大な網で囲い込む漁法です。地域によって船団の組み方に違いがありますが、太平洋側では主に、魚群を魚探船(灯船)2隻、網を積んだ本船が1隻、獲った魚を運ぶ運搬船2隻といった計5隻で1船団を作り漁をすることが多いようです。

旋網漁説明図
クリックすると元のサイズで表示します



 漁探船・網船・運搬船がそれぞれ役割をもって行動し、3〜5隻が1船団となって多種多様な魚を漁獲します。

 @魚の群れを見つけると、網船は素早く群れを巻きます
 A本船と網船が連携して、網を絞りこんで巻きあげます
 B漁獲した魚を運搬船に積み込みます
 C運搬船は、ただちに魚市場に向かい水揚げします


 ◎漁探船(灯船)= 常時、沖で魚の群れをさがしている船
  船の大きさ:約60トン〜100トン  乗 組 員:約10名

 ◎網 船 = 漁探船と沖で行動を共にしていて、魚の群れを
  発見したら網の端を持って円を描くように移動
  しながら群れを絞りこんで漁獲する船
  船の大きさ:約100トン〜300トン  乗 組 員:約10名

 ◎運搬船 = 漁獲した魚を積込んで、魚市場に運搬して水揚げ
  する船
  船の大きさ:約180トン〜350トン  乗 組 員:約8名
  



参照資料

気仙沼魚市場のHP
明日何釣りにいこ?
1
タグ: カツオ 旋網漁 漁法

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ