2014/3/24

この1週間  
『歌の世界』早目の更新をと思い掲載写真の編集などをしているうちに、3連休に入ってしまい、前回更新から1週間も経ってしまいました。そこで、この1週間分の出来事をまとめて掲載することにしました。

@親戚の墓の開眼法要(3/18)A落語会視聴(3/19) Bいちご狩り
C塩屋埼灯台見学(3/22)D吹奏楽定演視聴 Eウクレレ落札(3/23

クリックすると元のサイズで表示します


 彼岸の入りの3月18日、親戚の墓の開眼法要に参列しました。蜂の家でも昭和56年に墓を建立しましたが、蜂には開眼法要をした記憶がありません。おそらく仕事で忙しい私に代わり両親が開眼法要をしたのではないかと思います。したがって開眼法要の儀式は初めての体験でした。法要に立ち会った菩提寺の僧侶が開眼法要について詳しく説明してくれました。

開眼法要に参列
クリックすると元のサイズで表示します



開眼法要

 
 建てたお墓に魂を入れる儀式を、仏像に眼を入れることにちなんで、開眼法要(建碑式)と言います。墓石を設置しただけでは、まだほんとうのお墓とは言えません。墓石に魂を入れてはじめて、仏塔となり、故人が安住できる浄土となります。お墓を建てた時には、まだ魂の入っていないお墓を邪気が入らないよう棹石(軸石)を白い布で巻き、開眼法要(建碑式)時に布を取り除きます。お経をあげ参加者全員が焼香し、読経が終わったら礼拝しします。お骨がある場合は、同時に納骨法要を行います。


 3月19日はまちづくりの会員でもあり、蜂の地元の中之作の古民家を買い取り中之作の復興を計る『中之作プロジェクト』の代表者が地元の人たちのために開催した落語会に行って来ました。蜂は以前から寄席に一度は行き落語などを聞いてみたいと思っていましたが、なかなかその機会が無く、落語を生で聞くのは初めてでした。その軽妙な話し方や表情の作り方を高座の真ん前で見聞き出来ました。楽しいひとときを過ごすことが出来ました。

落語会のチラシ
クリックすると元のサイズで表示します

古民家での落語会の様子(写真上:高座真ん前に居るのが蜂)
(写真下左:立川らく次さん 写真下右:立川志師丸さん)
クリックすると元のサイズで表示します



 3月22日は二男家族と共にいちご狩りに出かけました。以前孫たちと約束していたいちご狩りですが、本当に楽しみにしていたのはその親たちだったようです。いちご狩りは時間無制限でハウス内は食べ放題です。二男は百数十個のいちごを食べたそうです。ちなみに蜂も80個以上は食べました。はじめのうちは小さくても真っ赤ないちごを採って食べていましたが、食べ応えが無く、大きないちごに切り換えました。多少ヘタの方が白くても大きいいちごの方が旨いようです。いちごで満腹になりました。

いちご園入口の看板
クリックすると元のサイズで表示します

いちご床が高いので立ったまま収穫できる
クリックすると元のサイズで表示します

満足げの顔・顔・顔…
クリックすると元のサイズで表示します


 時間無制限のいちご狩りも、お腹がいっぱでThe endとなりました。まだお昼前帰宅するには早すぎるので、塩屋埼灯台に行くことになりました。塩屋埼灯台は東日本大震災以来一般公開はされていませんでしたが、約1ケ月前(2/24)に一般公開されるようになりました。蜂もこの灯台に登るのは30年ぶりぐらいでした。灯台の上から見る景色は大きく変わっていました。灯台の北側の薄磯地区や南側の豊間地区は集落の大部分が津波で家屋が流失してしまいました。その生々しい光景が広がっていました。

約3年ぶりに一般公開を始めた塩屋埼灯台
クリックすると元のサイズで表示します

灯台から見る北側の景色
クリックすると元のサイズで表示します

津波被害の痕跡が未だ生々しく残る
薄磯地区
クリックすると元のサイズで表示します

灯台から見る南側の景色
クリックすると元のサイズで表示します

津波被害の痕跡が未だ生々しく残る豊間地区
クリックすると元のサイズで表示します


 灯台の見学が終わったのは正午頃でした。小学5年生の孫が「お腹が空いた」と言い出したので、某ラーメンチェーンに行くことしました。昼時で店はいっぱいで約20分ほど待たされました。6人1テーブルの席が無く、3人ずつに分かれて座りました。まだお腹が空かない蜂と妻は普通盛りのラーメンを注文。同じテーブル座った孫娘も普通盛りの味噌ラーメンを注文しました。通路を挟んだ隣の3人は大盛りを注文していました。若い人たちの食欲に驚かされました。

某ラーメンチェーン
大盛り無料キャンペーンで価格は同じ
クリックすると元のサイズで表示します



 3月23日は日立市に住む妻の妹夫婦と好間町にある妻の実家の墓参に行って来ました。彼岸の中日は、蜂の家には親戚や蜂の妹家族が訪れるため、家を空けることが出来ません。また妻の妹夫婦がこの日に墓参に来ると云うことで23日の墓参となりました。

妻の実家のお墓
クリックすると元のサイズで表示します


 墓参を済ませた妻の妹夫婦は帰って行きました。福島県立湯本高校吹奏楽部の定期演奏会があると云うことで会場に向かいました。4階席まで埋まる盛況ぶりでした。全国吹奏楽コンクール銀賞受賞にふさわしい演奏を聞かせてくれました。第一部でのチャイコフスキー作曲の『1812年』の演奏は圧巻でした。定期演奏会は全体を通して心に残る良い演奏会と思いましたが、少し内容が欲張り過ぎて焦点がぼけてしまったような感じを受けました。ただ、この演奏会を最後に引退する3年生にとっては部活の総決算だったと思います。その意味からするとボリュームいっぱいの内容でも足りなかったのかも知れません。

定期演奏会のプログラム表紙
クリックすると元のサイズで表示します

湯本高校吹奏楽部定演
(今回の定期演奏会の写真ではありません)
クリックすると元のサイズで表示します


 夕食後、パソコンに向かい久しぶりにYオークションを覗いたところ、欲しいと思っていたウクレレが出品されていました。締め切り3時間前でした。早速そのオークションに参加し価格を付けましたが、すぐに価格が更新されてしまいました。今、新しい価格を付けるのは価格を吊り上げるばかりだと思い、午後10時の締め切りギリギリまで待つことにしました。蜂の狙いは正解でした。3時間前の価格とほとんど変わっていませんでした。締め切り1分前にその価格に2000円上乗せして入札。しかし自動入札が入っていて落札出来ません。20秒前、更に2000円の上乗せで入札しました。今度は最高入札者となることが出来ました。これ以上、上乗せするつもりはありません。待つこと10分。無事落札することが出来ました。結果的には3000円の上乗せで済みました。

落札したコアロハソプラノウクレレロングネックKSM-02
クリックすると元のサイズで表示します





盆や正月や彼岸などは自宅を訪れる人が多くなり、連休とは云え、家を空けるのが難しいものです。幸い母が元気で、蜂が留守していても来客の対応をしていてくれますので、今回のように出かけることが出来ます。ありがたいことです。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ