2013/7/11

2年4ヶ月  東日本大震災
東日本大震災から今日で2年4ケ月。被害建物の撤去と応急工事で仮橋を設置したままになっていた永崎小学校付近の復旧工事が、ここに来てやっと本格的に始まりました。写真を見ながら振り返ってみることにします。

本格的に始まった復旧工事(永崎小付近)
クリックすると元のサイズで表示します









 3月11日の地震から1ケ月を過ぎた4月12日、いわき市は再び大地震に襲われ大きな被害を受けました。

3.11直後の写真(撮影:2011.03.12)
クリックすると元のサイズで表示します

4.12の地震で道路標識や階段が傾く
クリックすると元のサイズで表示します



 あれから2年4ケ月、当時の被災現場の状況と復旧工事が進む現在の被災現場の状況を見比べてみましょう。

地震と津波で倒壊した倉庫(撮影:2011.03.12)
クリックすると元のサイズで表示します

復旧工事が進む倉庫跡(撮影:2013.07.11)
クリックすると元のサイズで表示します


川に崩落した永崎小学校入口の橋(撮影:2011.03.12)
クリックすると元のサイズで表示します

来年1月末には新しい橋が完成予定(撮影:2013.07.11)
クリックすると元のサイズで表示します


撤去前の傾いた道路標識と階段(撮影:2011.07.03)
クリックすると元のサイズで表示します

道路標識と階段が撤去された(撮影:2013.07.08)
クリックすると元のサイズで表示します

近くの広場に置かれている撤去された道路標識
(撮影:2013.07.11)
クリックすると元のサイズで表示します







復旧工事も急ピッチで行われていますが、蜂の身近な所には未だに手つかずの状態の被災現場も沢山あります。2年4ケ月が過ぎ自然災害の復旧工事がこの程度の進捗状況です。原発事故の復旧は全然進んでいないと云っても過言ではありません。新たな地下水汚染問題も出て来て、その対策を考えると逆に後退しているのではないかと思っています。新基準での原発再稼働申請に疑問を抱いている蜂です。
0

2013/8/5  12:16

投稿者:蜂 吾郎
To:haru 様

復興の道のりは確かに遠い感じはしますが、全国各地からの激励も多く、力付けられていることも確かです。特に音楽関係者の支援活動は盛んで、2年5ケ月を経過した今でも、多くの音楽関係者が福島県はじめ被災地を訪れ音楽で励ましてくれています。この現象は音楽人蜂にとっては大変嬉しく思うと同時に、音楽人の絆の強さを実感しております。

http://star.ap.teacup.com/hayami/

2013/8/4  15:56

投稿者:haru
未だに復興への道のりはまだまだ遠いと話には聞いていましたが…こうして写真で見ると凄く現実味を帯びていますね。
時間が経つに連れてこの問題がどんどん風化して行ってしまっている様な、そんな間隔も抱きます。テレビのニュースを見る度に、そんな事でもめてる場合じゃないだろうと、思わずツッコミを入れてしまうharuなのでした…が、それと同時に当時からずっと応援活動をしている方々も沢山いらっしゃる事が判明し、まだまだ日本も捨てたもんじゃない!と思いました。あぁ、何か文章がぐちゃぐちゃですが、こんな言葉は聞き飽きたかもしれませんが…本当に、本当にめげずに頑張って下さい!!

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ