2012/10/11

姿を消したへそ石  へそ石観察記
昨日(11/10)のへそ石の状況から「ひょっとするとへそ石が砂に埋没してしまうのでは‥‥」と懸念し、今朝の干潮時(10/11 6:17)にへそ石の観察に行って来ました。「無い!無い!へそ石が無い!」へそ石は完全に砂に中に埋まってしまいました。


砂に埋没し見えなくなったへそ石(赤丸あたりにあった)
クリックすると元のサイズで表示します

上の写真を拡大
クリックすると元のサイズで表示します



関連記事@(← クリック)
関連記事A(← クリック)
関連記事B(← クリック)
関連記事C(← クリック)
関連記事E(← クリック)







 10月5日に40年ぶりのへそ石発見以来、蜂は毎日観察し続けてきましたが、今日へそ石の埋没を確認しました。わずか1週間で再びその姿を隠してしまったのです。今回へそ石がいつ出現したかはわかりませんが、私が発見してから、わずか1週間で砂に埋没してしまったことから推測すると、突然出現したように思われます。9月末、台風17号が日本上陸、18号も日本に接近しました。その影響で海も長期間荒れていました。また潮位の高い時期でもあり高潮警報も出されていました。このようなことが重なり、砂が沖に運ばれへそ石出現となったと思われます。


 この推測通りだとすると、へそ石は姿を消してから幾度か姿を見せていたのかも知れません。気がかりが一つ、へそ石近くあった岩が、昭和30年代と比べかなり大きく浸食され球形に変化しているのに、へそ石は思ったほど浸食されず、大きさが昔とそんなに変わっていないことに疑問を感じています。

@の岩の浸食に比べへそ石Aは浸食が少ないように感じる
クリックすると元のサイズで表示します

※ 写真をクリックすると大きなサイズで表示されます







自然界の出来事では人間が予測できないことが沢山あります。へそ石の出現や、出現したへそ石の大きさの疑問も全て自然界の出来事です。理由など探求せず、へそ石の再出現を待つのが良いのかも知れません。
1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ