2011/12/30

異例の年賀状  
毎年遅くても12月25日には年賀状を投函していた蜂でした。今年は素直に『新年を寿ぐ』気持ちにはなれず試行錯誤の年賀状作成でした。結果例年より遅れ28日に投函となってしまいました。「元日には届かないのでは‥‥?」と思っています。

元日配達はならないかも‥‥
クリックすると元のサイズで表示します












 例年蜂の年賀状は家族一人一人の写真にコメントを載せたものでした。東日本大震災もあり特別の年と強く感じ、被災したいわき市に住む一人として、支援して下さいました全ての人に感謝の気持ちを現した年賀状にしました。

例年の年賀状(平成23年版)
クリックすると元のサイズで表示します

今年作成したの年賀状(平成24年用)
クリックすると元のサイズで表示します



宛名書きをしていて、地震・津波・原発事故で避難を余儀なくされた人たちが多くいることに、あらためて驚かされました。ネットで調べたり、直接連絡を取ったり、友人知人を介したりして無事だったことを確認してはいましたが、移転先の確認はしていませんでした。移転先の不明の人が20数名もいました。旧住所で出そうとも思いましたが、戻って来てしまう可能性が大きいので出すことをあきらめました。移転した人の中には住所録などを紛失したり、持ち出せない人もいたと思います。今年(2011年)の年賀状を最後に連絡が取れなくなってしまう人もいるかも知れません。いつの日かまた年賀状を交換出来ることを願うばかりです。

この写真の近くにあった知人宅も津波で流失した 避難先不明
クリックすると元のサイズで表示します

原発から10km圏内に居た知人は北海道に避難 避難先不明
(写真は福島原発3号機の水素爆発時)
クリックすると元のサイズで表示します
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ