2011/8/19

気ままに長期夏季休暇とってしまいました  
『歌の世界』長期の夏季休暇をとってしまいましたことをお詫び致します。7月末から8月1日まで一気に北海道旅行関連の記事を書き上げ、「一息ついてから更新しよう」と思っていました。しかし、「もう一息‥もう一息‥」と思っているうちにお盆が来てしまいました。「お盆明けから再開しよう」と思っているうちにお盆も過ぎ、とうとう今日に至ってしまいました。今日は8月の主な出来事を簡単に紹介することにしましょう。










東日本大震災と原発事故の影響から開催が危ぶまれていた、いわきの各地の夏祭りも『いわき復興!』を掲げ、例年より規模を縮小し開催されました。

平七夕まつり
クリックすると元のサイズで表示します



 8月6日から開催された『平七夕まつり』には多くの人で賑わいました。スペシャルライブも開催され、蜂の『音もだち』粥塚 舞さんがピアノの弾き語りで出演しました。

平七夕まつりとスペシャルライブのチラシ
クリックすると元のサイズで表示します

粥塚 舞さんのピアノ弾き語り
クリックすると元のサイズで表示します



 8月10日には9月4日に東京秋葉原で開催される『フラガールズ甲子園』の実行委員会が開催されました。東日本大震災で延期されていた『フラガールズ甲子園』は東日本大震災復興イベントとしてアキバスクウェアに会場を移し、スケールアップして開催されます。9月3日には前夜祭として各種団体が郷土芸能やフラなどを披露します。また9月3〜4日にいわき物産展も開催されます。入場は無料となっております。東京及び近郊にお住まいの方は是非お出かけ下さい。

『フラガールズ甲子園』のポスター
クリックすると元のサイズで表示します



 8月11日午後7時から小名浜花火大会が開催されました。例年より大幅に規模を縮小しわずか30分の花火打ち上げでした。東日本大震災で犠牲になられた方々への鎮魂と祈りの花火は、華やかさよりわびしさを感じた蜂でした。この花火大会の模様はいわき平競輪場のオーロラビジョンでも映され、多くの市民が楽しんだとのことです。

小名浜花火大会での花火(写真提供:ハーラウ・ラウラーナニのHP)
クリックすると元のサイズで表示します

小名浜花火大会中継を知らせるポスター
クリックすると元のサイズで表示します



 8月13日、お盆を迎え墓参りに行きました。3月11日の津波の際に避難したのが墓地にあるお寺でした。津波を見た場所に立ち海を眺めました。そこにはいたっておだやかな海が広がっていました。また墓地の一番上ある海難事故で亡くなった人を祀った五輪塔は上部が落下していました。ここには蜂の父方の叔父2人が眠っております。

8月13日のおだやかな海
クリックすると元のサイズで表示します

3月11日津波来襲時の海
クリックすると元のサイズで表示します

地震で上部が落下した五輪塔(落下した部分が左下にある)
クリックすると元のサイズで表示します





震災から5カ月が過ぎ、津波の被害を受けた地域も大分整理されてきたいわきです。各種行事も催行されて来ています。しかし完全復興までの道のりはまだまだ遠いようです。あらためて『がんばっペ!いわき!!』『がんばっペ!福島!!』『がんばっペ!東北!!』
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ