2011/7/31

『さわやか北海道知床旅情3日間』−その3−  
胃の重み違和感も無く、熟睡し温根湯温泉で爽やかな朝を迎えた蜂。今回の旅で最も楽しみにしていたのが美瑛周辺の景観です。期待に胸踊らせ『さわやか北海道知床旅情3日間』最終日のスタートです。

『さわやか北海道知床旅情3日間』第3日目行程
クリックすると元のサイズで表示します






 最終日は『北きつね牧場』の見学からです。『北きつね牧場』は宿から歩いても10〜12分のところにありました。午前8時に到着にもかかわらず、すでに営業していました。蜂はきつねを見るのは初めてです。もっと素早い動きをするのかと思っていましたが、動きもスローモーでどうやらなまけもののようです。入口の横に売店の北きつねグッズは安価で面白い物がありました。

北きつね牧場
クリックすると元のサイズで表示します



 『北きつね牧場』を後に国道39号を旭川方面に向かいます。石北峠を越え大雪ダム付近からは雪の残る大雪山系を見ることが出来ました。

大雪ダムと雪の残る大雪山系
クリックすると元のサイズで表示します



 銀河トンネル出てすぐに左折するとそこに銀河の滝・流星の滝を見ることの出来る駐車場がありました。ここは国道39号の旧道であったとのこと。落差120mの銀河の滝・流星の滝『日本の滝100選』にふさわしい滝でした。 銀河・流星の滝から層雲峡温泉までは奇岩が道路左右に立ち並んでいましたが、道路が峡谷沿いに走っているため、奇岩は高過ぎてバスの中から写真の撮影は出来ませんでした。

『銀河の滝』『流星の滝』
クリックすると元のサイズで表示します



 層雲峡から旭川を経由し国道237号線を美瑛に向かいました。美瑛は期待通りの景色でした。バスの左右に広がる雄大な美しい景色にバスの乗客から感嘆の声が上がりました。

美瑛の丘付近の景色
クリックすると元のサイズで表示します


北西の丘展望公園付近図
クリックすると元のサイズで表示します

美瑛の丘 おなじみの木々
クリックすると元のサイズで表示します

北西の丘展望公園展望台
クリックすると元のサイズで表示します



 北西の丘展望公園で全ての観光を終えました。昼食にために上富良野近くの深山峠のドライブインに立ちよりましたが、ここからの眺望もとても素敵でした。ドライブイン脇にはヘリポートもあり、遊覧飛行ができるようです。空からの美瑛の景色、想像するだけでも胸が弾みます。次に富良野に来る機会があれば、是非空からの美瑛の丘を見てみたいと思いました。

深山峠からの眺望
クリックすると元のサイズで表示します

深山峠の遊覧飛行用ヘリコプター
クリックすると元のサイズで表示します



 中富良野付近で反対車線が大渋滞していました。ラベンダーで有名な富田ファームに向かう車による渋滞とのことです。富田ファームも、できれば立ち寄りたかった場所の一つです。山の斜面に『なかふらの』と書かれたラベンダー畑が見えました。中富良野町営ラベンダー園です。冬はスキー場として使われているそうです。

上富良野町営ラベンダー園
クリックすると元のサイズで表示します



 美しい富良野の景色にに別れを告げバスは帰路に着きました。三笠インターチェンジより道央道に乗り新千歳空港に午後3時過ぎに到着しました。新千歳空港では空港ターミナルがリニューアルされ、オープニングフェアが開催されていました。

新千歳空港ではオープニングフェア開催中
クリックすると元のサイズで表示します



 搭乗の予定の飛行機に不具合が見つかり、別な飛行機に変わったため出発が40分ほど遅れました。午後6時10分夕暮れの新千歳空港を離陸、雲に沈む夕日に見送られ『さわやか北海道知床旅情3日間』は終わりました。

旅の終わり
クリックすると元のサイズで表示します





7月出来事は7月中に掲載しようと思い作業をしました。なんとかギリギリ間の合いました。明日から8月、新たな気持ちで、『歌の世界』を書いて行きたいと思っています。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ