2011/3/3

吉田 正氏 幻の歌 秋田の85歳歌い継ぐ  
今週初めの朝『作曲家、故吉田 正氏がシベリア抑留時に作った未発表作品がCD化されている』と、あるTV番組で紹介されました。番組途中から見たので詳しいことが分かりませんでしたので調べてみました。

故 吉田 正氏
クリックすると元のサイズで表示します










 吉田 正氏がシベリア抑留者の苦しく辛い想いを歌った『異国の丘』のエピソードはあまりにも有名です。抑留中に作った作品は20数曲とも云われていますが、半数以上は不明とされています。しかし、昨年偶然にも秋田県に在住の北嶋鉄之助さん(85歳)が、を完璧に歌詞・メロディイを記憶して歌い継いでいることが分かりました。このことが吉田事務所の関係者の知るところとなり、秋田に赴き北嶋さんの歌唱にてアカペラ(無伴奏)で現地録音をし、それにアフレコで伴奏を入れCD化したそうです。

北嶋鉄之助さん
クリックすると元のサイズで表示します



 CDは『吉田 正 シベリアまぼろしの歌』がタイトルで、曲名は『帰還の日まで』『雨の夜』『古茂山(こもんざん)哀歌』『涙なんぞは』の4作品です。北嶋さんは『帰還の日まで』の3番で「星の降る夜も雨の日も ふるさと恋しせつなさを かんでこらえて帰るまで 何んで涙がみせらりょか」と熱唱し、六十数年を経てよみがえったまぼろしの歌は、聴く人の心を打つ作品に仕上がっているそうです。

六十数年を経てよみがえった『吉田 正 シベリアまぼろしの歌』
クリックすると元のサイズで表示します





まぼろしの歌は、吉田 正氏の出身地日立市にある『吉田正音楽記念館』で注文を受け、その場で音源をCDに記録して販売しているとのことです。
1

2011/3/13  7:10

投稿者:蜂 吾郎
To:50fox 様

家族全員無事です。ご心配ありがとうございました。

http://star.ap.teacup.com/hayami/

2011/3/12  11:22

投稿者:50fox
被災状況のひどさに心を痛めています。
連絡がとれず、心配しております。蜂様はじめ皆様のご無事を心よりお祈り申し上げます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ