2008/9/26

秋の彼岸  季節の話題
     秋の彼岸終わる

            蜂の墓参




今日(10/26)で秋の彼岸が終わりました。蜂は20日の彼岸の入りに蜂家の墓参に始まり、23日の中日には蜂家と妻の実家の墓参、そして今日は墓の花を下げに行って来ました。今日は蜂家に関する墓について書いてゆくことにします。






 蜂家の墓は自宅から200mほどの山の斜面にあります。初めは蜂家の墓に詣でます。

                    蜂家の墓
クリックすると元のサイズで表示します


次に隣にある叔父の墓、同じ区域にある父の知人の墓を2か所御参りし、母の実家の墓と近くにある父の知人の墓、そして伯母の墓を廻ります。母の実家の墓には新潟に嫁いだ叔母の遺骨が分骨されて納められています。

                  母の実家の墓
クリックすると元のサイズで表示します



山の頂上付近には漁船で遭難し亡くなった父の弟二人を祀ってある墓があります。ここから見える海と港の景色がとっても素敵です。春の彼岸と盆そして秋の彼岸、それぞれの季節の海の風景が楽しめます。


                初秋の海と港の光景
クリックすると元のサイズで表示します



 妻の実家は蜂の家からは20km離れた所にあります。常磐自動車道いわき中央インタ−近くのにある山間の自然豊かなところです。墓は実家から100mも離れていません。隣には親戚二人が眠る墓があります。また同じ墓地内に別の親戚の墓があり、春の彼岸と盆そして秋の彼岸はいつもこの3ケ所を御参りします。

                    母の実家の墓
クリックすると元のサイズで表示します





『暑さ寒さも彼岸まで』とは良く言ったもので、彼岸までは半袖のTシャツでも十分過ごすことが出来ましたが、今日は半袖では寒さを感じました。いよいよ秋に突入したようです。『食欲の秋』『読書の秋』『スポーツの秋』『旅の秋』何をするにも良い季節となります。有意義に過ごしたいものですネ。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ