2008/7/20

いわきの漁具展  イベント
   開 幕

磯から沖へ
   いわきの漁具展

− いわき市くらしの伝承郷 −

全面協力
  江名地区まちづくり協議会





磯から沖へと題した『いわきの漁具展』が7月19日(土)から8月24日(日)までの予定でいわき市くらしの伝承郷で開幕しました。この展示会は蜂の所属する『江名地区まちづくり協議会』が全面的に協力しています。協議会で収集保存した漁具や船具などを約2週間前から会場に搬入しました。実際の展示はくらしの伝承郷の職員の方々が担当されました。

             いわきの漁具展会場入口
        (オカグラ:舟を砂浜に引き揚げる道具 と スクリュー)

クリックすると元のサイズで表示します




 会場はおおむね漁具類と船具類の2つに分けられています。『磯から沖へ』への副題にもあるように磯で採れたテングサやワカメ、フノリなどの乾燥品も展示されています。また、漁業最盛期の港風景や当時の行事を撮った写真や、大漁を記念して船主から船方(ふなかた:船の乗組員)に支給された色鮮やかな万祝(まいわい)も展示されています。櫓漕(ろこ)ぎでカツオ漁をした船の模型をはじめ各種漁の模型も展示されていて、地元漁業の歴史を知ることが出来ます。

             会場入口に展示されているイカリ
クリックすると元のサイズで表示します


                 漁具:各種浮き類
クリックすると元のサイズで表示します


                 漁具:磯道具各種
クリックすると元のサイズで表示します


               テンマ舟と乾燥させた海草各種
クリックすると元のサイズで表示します


                   船具コーナー
クリックすると元のサイズで表示します


                   万祝コーナー
クリックすると元のサイズで表示します


             模型船コーナー@(櫓漕ぎのカツオ舟)
クリックすると元のサイズで表示します


                   模型船コーナーA
クリックすると元のサイズで表示します





漁具類のほとんどは消耗品なのでその数は年々少なくなってきています。また、船具類は船と共に売却され地元からはその姿を消しつつあります。それらを次世代に伝えて行くことが私たち(まちづくり協議会)の使命と思っています。多くの人たちにこの『いわきの漁具展』を見ていただきたいと願っています。
0

2008/7/24  8:11

投稿者:蜂 吾郎
To:sunQ 様

漁業衰退とともに寂れ行くふる里。町の再生復興を
願って活動をしています。

しかし、現実は厳しく『行き詰まり感も無きにしも
有らず』です。

『ここで諦めてどうする。投げ出したら我がふる里
漁業の町は単なる想い出だけの町になってしまう』

『俺(達)が出来ることをひとつひとつやることで次
世代に形あるものを残そう』

そんな思いで活動しています。


http://star.ap.teacup.com/hayami/

2008/7/22  10:07

投稿者:sunQ
蜂様
久々に書き込みさせていただきます。
 写真見ていて、遠い昔の思い出が蘇ってきました。
 漁業の盛んな町・・・小学校に上がる前、母に連れられて訪れた江名の港で、たくさんの人々が働いていた様子が記憶に残っています。
 また、小学一年生の夏休み、父が40センチくらいの帆かけ船をつくってくれたことがありました。近くの池に浮かべて遊んだのですが、その船が櫓こぎのカツオ船によく似ていたように思います。
 父も母ももう他界してしまい、記憶を確かめることはできませんが、心の中のタイムカプセルが開いたような感じで、少ししみじみしてしまいました(*^_^*)

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ