2008/6/21

函館・青森 視察旅行@  
   函館の夜景に絶句

ゆげしま見学の
      思わぬ体験も


      函館・青森 視察旅行 -1-





6月13日(金)〜14日(日)に江名地区まちづくり協議会伝統部会主催の函館・青森 視察旅行が実施されました。函館の夜景に絶句したり、海上自衛隊の掃海艇『ゆげしま』の見学など予定にない体験もあり、実り多い視察旅行でした。旅行が終わりすでに1週間経過、写真の整理やレポート作成などでご報告が大幅に遅れてしまいましたが、本日より2回(予定)に分けて視察旅行の様子をお伝えしたいと思います。





 6月13日金曜日、いわき市の江名を午前3時半に出発。湯本ICから常磐道に乗り磐越道、東北道を通り青森中央ICを降りたのが午前9時半でした。青森港で午前10時45分発の青函高速フェリーに乗船、2時間の船旅を経て函館港に到着しました。函館は薄曇り、函館山の山頂付近は霧に覆われていました。


 最初の視察施設『函館市北洋漁業資料館』に向かいました。函館は母船式と呼ばれる方法でのサケ・マス漁業の基地として重要な役割を担ってきました。この資料館では、カニ工船の模型などを使って昔の人が北洋の厳しい、自然と波と闘いながら生きてきた歴史を知ることができます。独航船が荒波の中を実際に操縦しているような体験ができる体験室もありました。明治20年代の函館市の全景写真が展示されていました。北前船・帝国艦隊・英国艦隊など大小200隻以上の船が停泊しています。この当時函館港がいかに繁栄していたかがわかります。

           函館市北洋漁業資料館入口にて
クリックすると元のサイズで表示します


           明治20年代の函館市の全景写真
クリックすると元のサイズで表示します



『函館市北洋漁業資料館』の視察を終え、すぐ近くにある五稜郭タワーに上りました。展望台から函館市街の大パノラマと緑に縁取られた星の形がとても美しい五稜郭を見ることが出来ました。五稜郭は元治元年(1864)に完成した西洋式の城郭です。当時亀田御役所土塁と呼ばれていていました。慶応3年(1867)10月の大政奉還後、新政府に移管されて明治政府の箱館裁判所箱館府の役所として使用されました。慶応4年(1868)におこった戊辰戦争で、旧幕府軍榎本武揚らによって短期間占領された後、新政府軍に平定されました。

              タワーより見た五稜郭
クリックすると元のサイズで表示します



 その後、北洋漁業が盛んだった頃に鮭鱒漁船が集結した函館港の西埠頭の見学に行きました。「昔の光今何処‥‥」当時の姿はほとんど見られませんでした。この埠頭に海上自衛隊の掃海艇が3隻停泊していました。見学交渉した結果、その内の1隻『ゆげしま』の見学を了承されました。掃海艇の役割や装備品の説明を懇切丁寧にしていただきました。また、記念に写真を撮影しその写真もいただきました。

            ゆげしま艇長との記念写真
クリックすると元のサイズで表示します


          当時の面影がわずかに残る赤レンガ倉庫
クリックすると元のサイズで表示します



 午後5時、少し早目の夕食?をベイエリアにある『は○○てビール』というビアホールで摂りました。函館の地ビールで無事函館到着を祝い乾杯しました。朝早からの強行スケジュールのもかかわらずビールの空ジョッキは増えるばかり‥‥でした。

              は○○てビール 外観
クリックすると元のサイズで表示します



 午後7時、黄昏どきの立待岬を見学後、函館山へ向かいました。山頂は霧がかかっていて夜景が見えません。一瞬風が吹きました。すると霧が薄れ夜景が目の前に広がりました。その美しさに絶句‥‥やっぱり実際に来て見なければこの感動はわからないと思いました。そ絶景も風が吹く一瞬だけでした。見えない夜景をバックに専門の写真屋さんに記念写真を撮ってもらいました(後日送られて来た写真には美しい夜景が合成して再現されていました)。函館山の7号目と2号目では霧は無く山頂から見る夜景とは一味違った夜景を見ることが出来ました。その後函館山の麓にあるライトアップされた教会群を見学しホテルに入りました。

              実際の山頂付近の夜景
クリックすると元のサイズで表示します


          絶景の函館の夜景(合成)をバックに
クリックすると元のサイズで表示します




以上今回は初日の旅の様子をお伝えしました。次回は2日目から3日目の旅の様子をお伝えします。函館での出来事や青森での視察の様子をお楽しみにお待ち下さい。
0

2008/6/22  8:07

投稿者:蜂 吾郎
To:クリコさん

霧が風で飛ぶ一瞬、目の前に広がる大パノラマは
本当に感動ものでした。

しかしまたすぐに霧におおわれしまう夜景。

次の風で広がる大パノラマをを期待を込めて
待つ‥‥風が吹く美し夜景にまた感動‥‥
またすぐに霧におおわれる‥‥

そんな函館山でした。


http://star.ap.teacup.com/hayami/

2008/6/22  3:26

投稿者:クリコ
高校3年生の修学旅行が、北海道でした。

函館の夜景を観に行ったその晩、
天気は抜群に良かったし、ちょうど満月だったんです。
あまりにもキレイで、鳥肌が立ったままやはり絶句しましたよ。
続きの記事が楽しみです♪

http://brown.ap.teacup.com/clico2/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ