2008/4/17

とことん沖縄琉球本島3日間 −3−  
とことん沖縄琉球本島3日間
     −その3−


      ホテル and 国際通り


『とことん沖縄琉球3日間』今回で第3回になりますが、まだ初日の様子を全てお伝え出来ていません。このままで行くとあと何回続いてゆくのでしょう?私自身もチョッピリ不安になって来ました‥‥が続けてゆくことに致します。




 初日の観光地巡りでは雨に降られないで終えることができました。ホテルに到着したのが4時半頃、雨が降り始めました。ホテルは泊港のすぐそばです。通称『とまりん』と呼ばれているとのことです。西側の部屋なら泊港と東シナ海の景色が見られるのですが、私の部屋は東側の部屋なのでその景色は見ることは出来ません。しかし那覇市街が一望出来ます。那覇市内に泊まるからには『国際通り』を見ずに帰る訳には行きません。幸い雨も上がっています。ということで『国際通り』へ出かけて行きました。

     通称『とまりん』と呼ばれているホテル
クリックすると元のサイズで表示します


 ホテルから『国際通り』までは徒歩で15分ぐらいとのことで、歩いて行くことにしました。適当に歩いて行くと三越脇に出ました。ここから『国際通り』散策を開始、三越前からユイレールの牧志駅、そこで折り返し、平和通り、公設市場などを見て歩きました。みやげや沖縄料理の店、沖縄の歌が聞ける居酒屋始め様々な店がありました。各みやげ品店は価格を競って合っているようで値段の交渉をしながらの散策もまた楽しいものでした。気がつくと午後7時です。いわきより暗くなる時間が遅く午後7時でもまだ明るさが残っていたので、時間の感覚が狂っていました。帰りも徒歩でホテルへ戻りました。

             国際通り
クリックすると元のサイズで表示します


             平和通り
クリックすると元のサイズで表示します


           公設市場に並ぶ魚
クリックすると元のサイズで表示します


        食材として売られている豚の部材
クリックすると元のサイズで表示します


 夕食は『沖縄料理』『中華料理』『西洋料理』から選べるとのことで、『沖縄料理』を選びました。全体的に薄味で物足りなさを感じましたが、薄味を含め、野菜や海草類が多く、料理全体を見ると健康には良いのではないかと思いました。沖縄県民の長寿の秘訣が分かったような気がしました。初日は結構歩いたので疲れました。


 第2日目の朝、沖縄地方の予報は曇り後晴れ。期待の持てる予報とホテルの窓から覗く青空に、素晴らしい旅の一日となる期待が膨らみます。朝食は泊港を望める最上階の場所でのバイキンング料理です。美しい沖縄の海と泊港の景色を眺めながらの朝食に満足しました。

          泊港を見ながらの朝食
クリックすると元のサイズで表示します




第2日目の模様を伝えられるかと思いながら書き進めて来ましたが、残念ながらホテルでの朝食までしかお伝え出来ずに終わってしまいました。続きは次回のお楽しみということでご了承下さい。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ