2007/12/30

歌の世界 この一年A  回顧
   歌の世界 この一年

            −その2−


昨日に引き続き『歌の世界この一年』の第二回目です。本日は5月から8月までの4ヶ月間の主な出来事を掲載します。


5月@

おとなりを知る旅

詳細ページ@
詳細ページA


GWの後半5月4日から温泉仲間と1泊2日の旅に行ってきました。日帰りも可能な茨城県北部を巡る旅。題して『おとなりを知る旅』です。どこへ行っても車の行列と人の波でしたが、ゆとりの旅をモットーとしている我が仲間たちです。飲んびり・湯ったりの旅と新緑の美しさを大いに楽しんで来ました。

         新緑に映える西山荘
クリックすると元のサイズで表示します

      竜神大吊橋と1000匹の鯉のぼり
クリックすると元のサイズで表示します

        荘厳堂々 袋田の滝
クリックすると元のサイズで表示します




5月A

没後11年父の盆栽に梅実る

詳細ページ


我が家の庭は美しい花々が咲き乱れ、正に春爛漫。その中に亡くなった父が育てていた梅の盆栽があります。毎年花を咲かせてはいましたが、実の付けることは無かったのです。ところが今年初めて実を付けたのです。平成8年に亡くなった父が天国から家族に宛てた「いつでもみんなのそばで見守っているヨ」と云うメッセージかも知れません。

     初めて実を付けた亡父の盆栽
クリックすると元のサイズで表示します




6月@

洋装でのひょっとこ踊り

詳細ページ


6月3日(日)に昨年に引き続き高柴デコ祭へ行って来ました。バカバカしくも賑々しくひょっとこ踊りを舞い踊って来ました。「一般的スタイル以外のひょっとこ踊りはないものか?」と思案した結果、今回の洋装スタイルになりました。ちょっとだけチャーリー・チャップリンを意識しましたが、チャップリンのようなパントマイムは出来ません。あくまでも蜂流の振り付けで踊ってみました。

      洋装スタイルのひょっとこ
クリックすると元のサイズで表示します




6月A

釜沼トレッキング

詳細ページ


6月10日(日)に『鎌沼トレッキング』に妻と共に参加しました。雨が降り霧も発生という最悪と思える状況のトレッキングとなりました。こうした天候も自然の現象です。自然に親しむことがトレッキングの楽しみとすれば、悪条件でのトレッキングもまた楽しいものでなくてはいけないはずです。多くの人は悪い条件にガッカリしてしまいます。ところが蜂は違います。雨や霧のかもし出す自然の美しさに感動し、悪天候は悪天候なりに今回のトレッキングを大いに楽しんで来ました。

        霧に包まれた釜沼を行く
クリックすると元のサイズで表示します

雨に濡れながらも可憐に咲くイワカガミ
クリックすると元のサイズで表示します




7月

鬼怒川温泉の旅

詳細ページ


7月7日(土)〜8日(日)に歌で知り合った温泉好きの仲間たちと鬼怒川温泉への旅をして来ました。一泊二日1万円ポッキリの旅。観光スポットなど、どこにも寄らず宿へ直行、午後1時前に到着しました。到着後のフリータイムは自由観光の予定でしたが、私の情報不足による不手際などから、自由観光が出来なくなってしまいました。参加者全員が宿で過ごすと云う文字通り『湯っくり癒ったり飲んびりの旅』になってしまいました。

     様々な仮装スタイルで宴会を盛り上げた参加者
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


 クリックすると元のサイズで表示します







8月@

メレフラ IN 夏

詳細ページ


8月5日(日)にスパリゾートハワイアンズでメレ・フラ パーティー in Summerが開催されました。同パーティーにはハワイから男性のフラチームHalau I Ka Wekiu(ハラウ・イ・カ・ヴェキウ)の一行と子供たちのフラチームKuhai Halau O Kahalepuna Pa Olapa Kahiko (クハイ・ハラウ・オ・カハレプナ)の一行が参加しました。フラを通したいわき・ハワイ友好親善の集いは大盛況でした。蜂の所属するハワイアンバンド、パイン・カマアイナスが出演しました。また謎のひょっとこも出現し親善の集いに花を添えました。

いわき・ハワイ友好親善に一役買ったパイン・カマアイナスと謎のひょっとこ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します





8月A

蔵王トレッキング

詳細ページ


8月19日(日)に妻の所属するハイキングクラブ主催の蔵王トレッキングに参加しました。平地では連日30℃を超す暑さが続いていたのですが、1700mを超す蔵王の山々は15℃を下回る別天地でした。山々は霧に覆われ視界は10m、周りの景色は全く見えません。18名のグループでしたが、ちょっと目を離すと前の人を確認するのが難しいほどでした。全身霧の滴(しずく)に濡れ、しかも風が強く体感温度は10℃以下でした。登山コースの目印となる杭が確認出来たことと、今回のコースを熟知したリーダーがいたから全員無事下山出来たのでしょう。蜂一人なら間違いなく迷ってしまっていたことでしょう。そんな悪条件の中、可憐に咲くコマクサなどの高山植物に心が癒されました。平地に下ると晴天です。私たちが歩いて来た蔵王の山々は、雲にすっぽりと覆われています。そうなんです。私たちは雲の中を歩いて来たのでした。

視界10mの濃霧             寒さに震えているコマクサ
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します




『歌の世界この一年』第2回目はこれまでです。明日は大晦日です最終回を掲載します。それではまた明日‥‥
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ