2007/10/23

十三夜  季節の話題
   本日 旧暦9月13日
もうひとつの
   月見の夜です


サァ〜外へでてみよう




今日は旧暦9月13日です。今宵の月は十三夜の月と呼ばれ、十五夜(旧暦8月15日)に次いで美しい月だと言われています。中秋の名月(十五夜)から約1か月、十三夜のお月見を今すぐにしましょう。




如何でしたか?十三夜の月は‥‥


十三夜の月
クリックすると元のサイズで表示します


 中秋の名月の『月見』に対して十三夜の月は『後の月見』と呼ばれています。また中秋の名月を『芋名月』というのに対し、十三夜の月を『豆名月』あるいは『栗名月』といいます。これはお供えとして栗や豆を、神棚などに供えるからだそうです。作物の収穫時期が芋より豆・栗の方が遅いと言うことも一因かも知れません。十三夜の月見は、約ひと月前の十五夜に月見をしたら、必ず十三夜にも月見をするものともされていました。これは十五夜だけでは、「片月見」といって嫌われていたからだそうです。十三夜の月にはその他にも色々ないわれがあるようです。秋の夜長、月の観賞と共に十三夜の月について調べてみては如何でしょうか。






今、あの月の周りを日本の月探査衛星『かぐや』を廻っていることを考えると、こうした風情や情緒が無くなってしまいそうな気もしますが、澄み渡った夜空に浮かぶ月を見ると、心が洗われるような気がするのも事実です。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ