2007/8/30

三匹獅子舞  地元の話題
  無知の自分を知る

地元神社夏祭り
        三匹獅子舞


獅子舞詳細は後日に‥‥



8月26日(日)に地元神社の夏祭りに三匹獅子舞が奉納されました。実は蜂がこの三匹獅子舞を見るのは初めてでした。早速『歌の世界』にこの記事をUPしようと思ったのですが、三匹獅子舞の由来や変遷を全く知らなかったのです。地元でまちづくり協議会伝統部会に籍を置く蜂です。当然知っていなければいけないことを知らずにいた自分が恥ずかしくなりました。



 地元の神社では春の祭礼と夏の祭礼があります。春の祭礼は豊漁を祈願する海の祭りらしい。対して夏の祭礼は五穀豊穣を願う農業の祭りだったらしい。三匹獅子舞は主に関東地区から東北南部地区にかけて行われている行事ですが、全体的に見ると夏に多く舞われているようです。


三匹獅子舞のセット@−獅子と楽士−
クリックすると元のサイズで表示します

三匹獅子舞のセットA−弓持ちと花笠
クリックすると元のサイズで表示します

 神社では大人の花笠でしたが近くの魚市場に場所を移し舞った時は、子供の花笠に代わっていました。花笠には『心願成就』『交通安全』『商業繁栄』『大漁満足』の文字が書かれていました。この地域で農業を営む人はいないこともあって『五穀豊穣』の文字はありませんでした。


魚市場での子供の花笠
クリックすると元のサイズで表示します

末広(扇)を拾う舞いもありました
クリックすると元のサイズで表示します

子供の花笠を囲い舞う三匹獅子
クリックすると元のサイズで表示します




三匹獅子につきましては再度調査し、後日ご報告したいと思います。特に蜂の地元のことに関しては詳細に調査したいと思っております。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ