2006/6/17

ガラス浮き玉編込み講習会  イベント
           悪戦苦闘も
 出来上がりに満足

ガラス浮き玉編込み講習会


 6月11日(日)に蜂の所属するまちづくり協議会が主催する『ガラス浮き玉編込み講習会』が中之作港漁民センターで開催されました。25名の受講者は悪戦苦闘しながらも熱心に取り組み、編み上がったガラス浮き玉を手に喜んでおられました。


今回の講師(左)と補助講師
クリックすると元のサイズで表示します

講習会風景
クリックすると元のサイズで表示します



 ガラス浮き玉はビン玉とかギヤマンと呼ばれ、元々は魚網の上に取り付けたり、延(ハエ)縄の先端のブイの浮き玉として使用されていたものです。最近はプラスチック製のものに代わってしまい現在は使われておりません。年々その数も少なくなって来ており貴重な漁具のひとつになりつつあります。まちづくり協議会が活動の一環として収集し、新たな活用方法などを模索しています。

ガラス浮き玉(ビン玉)
クリックすると元のサイズで表示します

 この講習会は元マグロ延縄船の船員をメイン講師とし、まちづくり協議会文化伝統部会の部員3名が補助講師として指導にあたりました。午前9時30分から始まりましたが、編み始めの部分が難しく、かなり時間が取られ終了予定の11時30分までに出来上がるか懸念されました。しかし、受講者と講師が一体となり熱心に取り組んだ効果が表われ、会場のあちこちから完成を喜ぶ声が上がり始めました。終了時間にはほとんどの参加者が完成させ、その出来栄えに満足していたようでした。参加者にはおみやげとして、出来上がったガラス浮き玉のほかに更にもう1個ガラス浮き玉が贈られました。

完成させた作品に満足?の参加者
クリックすると元のサイズで表示します

編込みを応用したグッズ
(まちづくり協議会文化伝統部会々員の作品)
クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/6/18  6:43

投稿者:蜂 吾郎
To:仁美さん

補助講師を務めた3人は、編み込んだガラス浮き玉をほぐしながら、どのように編み込んであるかを研究し、それぞれ独学で編み込みの技術を得とくしたンですヨ。

ちなみに蜂は自分の不器用さを自覚していますので、ガラス浮き玉編込みの技術は得とくしておりません。もっぱら講習会では、全体の進み具合に合わせた講師陣の配りなどスムーズな進行を図る役をしていました。


http://star.ap.teacup.com/hayami/

2006/6/17  12:35

投稿者:仁美
ご無沙汰しております!!それにしても・・・とても興味深い講習会ですね。漁に使われていたのですか…勉強になります。
アレンジすればとても素敵なグッズにもなってしますのですねvv涼しい感じが夏にピッタリだと感じます。


http://orange.ap.teacup.com/japajapa/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ