1989 PONTIAC FIREBIRD TRANS-AM GTA

我が愛機である89年式トランザムGTAやアメ車に関する話題を中心に
綴っていきます。気軽にコメントお願いします。

 

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:火の鳥
cutsさん
LT-1がどうなのかは分からないんですが
L98も結構クリアランスはないと思います。
配管やメンバー等が邪魔してアクセス出来ない
ボルトも何本かありましたね。
確かに全体的に滲みがあるようですが
漏れはフロントカバー下部のオイルパンとの
合わせ目部分からです。
きれいに清掃して液体ガスケットを塗ったので
とりあえず垂れてこなくはなりましたけど。
投稿者:火の鳥
HIDさん
お疲れ様でした!
トランザム乗りの方とお会い出来るのは嬉しいので
お時間ある時はまた遊びに来て下さいね。
歓迎しますので。

点火タイミングは慣れですよ〜
何回かやってればすぐに慣れます。
今度誰かの車を拝借して調整もやってみましょう!
投稿者:cuts
L98もやっぱりオイルパンを降ろすにはクリアランスがないのでしょうか?LT-1はオイルパンのボルトにすら工具が入りません。マニュアルでは、エンジンを数インチ持ち上げてとありましたけど。
というか、フロントカバーの脇から全体的にオイルが滲んでいるようですね。漏れの原因はどこなのでしょう?
僕も近々お会いできるような予感はしてますけど、まだ予定が未定なので…
投稿者:HID
 急な来訪ですいませんでした。本当にお疲れ様でした、ちょっと残念な結果でしたが僕は十分勉強になり有意義な一日でした。

点火タイミングの見かた難しいですね、理屈と実践は違うのを思い知らされました、ありがとうございました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ