はるパパブログ

ここでは、はるパパからの稽古情報、劇場情報、お知らせ、その他リアルタイムでお伝えするブログです!

 

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:サリーにゃん
関東に住む私はあの日、早く助けてあげて!何で消火できないの!と一日中泣きながらテレビにかじりついていました。潰れたマンションから猫を抱いた女性が救出された時は嬉しかったですが、その場にいらしたみなさんの体験は想像を絶するものだったでしょう。もし関東大震災が来たら…4匹の猫を連れて逃げることができるのか…いつも考えてはいるのですが…
投稿者:MER
はるパパも神戸であの朝を体験なさったのですね。
私は新神戸の劇場から5分ほどのところにある家で、12匹のネコと一緒でした。
家中の物が壊れて散乱している真っ暗闇の中で、12匹の名前を呼んで探し回った時間は、思い出しても身が震えます。

あの朝を一緒に生き延びた12匹は、去年でとうとう全員が天国へ行ってしまいました。14年はネコにとってはとても長い時間なのですね。神戸にとってはまだまだあまりに鮮明な記憶ですけれど。
投稿者:ゆみこ
お久しぶりです。(…でもない…ですけど^^;)

14年前のこの日。私の同級生と、知人数人が亡くなりました。
そして、去年私が看取ることになった遠縁のおばは家を失って小学校に避難していたのを私の父が、両側に炎が上がっているようなガタガタ道を通って迎えに行って40`西の我が家にやってきました。

そして。
その1ヶ月後に産まれた私の長男は今、「幸せはこべるように」という神戸の(兵庫の?)子供たちのほとんどが知っている歌を私に歌ってくれ、時に私と一緒にミュージカルを観劇しています。

もう14年。まだ14年。
まだ昨日のことのように鮮明に記憶している揺れとその後の神戸の風景。

あの日、”誰にも明日は約束されていない”ということを実感したんですよね。
今日を、今を、そして限りある命を大切にするということを教えてくれた14年前のあの日のことを思うと、今でも涙が出てきます。
投稿者:mo
はるパパ様

初めて投稿させていただきます。
私はスクルージの1/18のチケットを持っておりました
東京から日帰りする予定で
神戸の友人と会うのも楽しみに。

あの朝、起きてテレビをつけた時のショックは忘れられません。
(幸い友人は無事でした)

一期一会って言葉を、1/17にいつもしみじみ思います。

梅田エリザベートも2月に見に行きます! 
投稿者:kk
あの日神戸にいらしたんですね。。。

私はあの日の朝、信州からのスキー帰りの夜行バスで大阪に帰って来る途中、
最寄り駅で電車を降りた直後に遭遇しました。
あの時、地面の下側から突き上げられた感覚と、
その後に見た外の大きな木の激しい揺れは忘れることは出来ません。

17日のソワレ観劇の帰りに乗った地下鉄でその事に関するアナウンスを聞きながら、
14年後の今日に舞台を観劇できているって幸せだとつくづく思いました。

「エリザベート」、もう何度も見ていますが見どころ・聞きどころが満載で、
見るたびにいろいろな発見をして楽しませていただいています。

大阪公演も半分過ぎましたね。ラストまでどうぞご無事で過ごされますように。
投稿者:けんけん
あの日に神戸にいらっしゃったとは…。人間の運命って、本当に不思議なものですね。でも、はるパパは「もっと生きてお客様に感動を与えてください」と選ばれたのではないかと勝手に思いました。
今日久しぶりにエリザベートを見せて戴きました。悩んでいらっしゃったお歌の事、「一体どこに悩みが?」と思うほど、綺麗で聴きやすくて、グリュンネ伯爵として生き生きと舞台上に生きていらっしゃいました。ミルクでもナチスの場面でも、とてもしっかりと踊っていらっしゃって、感心致しました。全て、日頃の陰の努力の賜物なのでしょう。パワーを戴きました。
はるパパだけでなく、出演者の皆様、そして作品として「エリザベート」は完成したものになっている、という感じがしました。本当に素晴らしかったです。
夫と二人、往復5時間余の電車に揺られ(今帰りです)ちょっと腰痛を発症しつつも(笑)本当に行って良かったね、と話しています。これからも素晴らしい舞台、応援しております。今日はありがとうございました。
投稿者:ふ〜みん
初めまして。
いつも、はるパパさんのブログを楽しく拝見しています。

あの時、神戸におられたんですね。
私も神戸在住ですが、震災を挟んで4年間は進学のために神戸を離れていたんです。
そのために震災を体験していませんが、自宅は全壊(倒壊はしませんでしたが、住めないので建て替えました)し、両親と愛犬は避難生活を送っていました。
あれから14年とは早いですね。
震災の実質的な爪跡はもうほとんどありませんが、雑草が生えたまま建物の建たない空き地はまだ点在しています。
亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、生きていることに感謝しながら大切に毎日過ごさなければと改めて思いました。

昨日、梅芸に観に行きましたが、良い味を出されているグリュンネ伯爵に心がポカポカになりました。
これからもお体に気をつけて頑張って下さい。
投稿者:ざます
何と…はるパパがあの日神戸にいらしてたとは…

私の住んでいた地域は、震源地から近いのに
それほど被害の少ない地域でした。
が、今でもあの日の「瞬間」は、最初から最後まで
はっきりと脳内に刻み込まれています。
寒空、部屋から飛び出して、不安な気持ちで
見上げた空がだんだん明けていく様とか…

昨日は娘が、震災ウォークというのに参加しました。
被害の大きかった長田から三宮方面まで10キロも
歩いたそうです。
もうすっかり震災の傷跡は消え去っているけど、
あの光景は心からはなかなか消えてくれないですね…
投稿者:ゆみ
はるパパさま

初めて書き込みします。
あの日は神戸におられたのですね・・・。
初めて知り、驚きました。

私も今月は毎週のように神戸から梅芸に通ってます。
生きてミュージカルの魅力を知ることができた幸せに感謝、感謝です。
投稿者:ぽんた
はるぱぱ様
 本日舞台拝見致しました!
はるぱぱ様の伯爵をオペラグラスで追いました!!私はお芝居のことを何にも存じ上げていない素人です!(笑)ですが、はるぱぱ様が動かれた時と、その後!止まられたときに本当にきれいな石像の様にピターッツと止まられる様子に、すごいなーっ!!!と、いつも感動致します!
 ベンも拝見致しました!ずっと〜ずぅ〜っといっちゃ〜あった〜のベン!素敵でした!美女と野獣のルフウの曲をしょっちゅう拝聴しております!
 はるぱぱ様、応援しております!寒い季節ですので、ほんとにお身体大切なさってください!そして大阪でも、自然や優しいなにかを発見でき、あったかい気持ちで過ごすことができるよう、願っております!
 はるぱぱさんの、お優しいお気持ちをいつも秘かにブログで拝見しておりましたが、今回、ついに我慢できずに投稿してしまいました(笑)

カレンダー

2021年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ