「彼女はきーれい…!」 二幕冒頭でグリュンネ伯爵が歌う小さなソロです。 実はこれ、ゾフィー内閣崩壊すら促す大変な閣僚問題発言なのです。 いくらゾフィー首相に強烈な鼻パンチをくら…" /> 故猫の猫望 | はるパパブログ

はるパパブログ

ここでは、はるパパからの稽古情報、劇場情報、お知らせ、その他リアルタイムでお伝えするブログです!

 

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:NF
こんばんは。
とても遅くなってしまいましたが、心よりお悔やみ申し上げます。。。このブログから本当に頑張って、一生懸命生きた姿がとても伝わってきました。そしてなによりもはるパパが遠征ではない時に合わせたように、最期を一緒に過ごすことができて本当に良かったし、さすががんじろうくん!ですね!
素敵な鉢の中でがんじろうくん、ムギョちゃんは眠っているんですね、お疲れさま、ゆっくり眠ってください。
はるパパ、ママさんも少しずつ、お元気になってくださいね!シマモッチちゃんもガンバッテ!!

投稿者:kuro
ご丁寧に説明していただき、ありがとうございました。harupapaも身体に気をつけて、2/2まで乗り切ってください!
投稿者:けんけん
そうなんですね。がんじろうくんとムギョちゃんは、はるパパの至れり尽くせり考えられた鉢の中で眠っていらっしゃるのですね。大好きなご家族の近くにいられて、美しいお花まで咲いて。お幸せですね。
うちはマンション住まいでペットを飼った事がありませんが、17年前、実家の父が頼まれて犬を引き取って、ずっと飼っていました。2年前の2月の土曜日、「何となくわんわん(名前です)の様子がおかしい」と母から電話があり、翌日曜日に家族3人で行ったところ、わんわんは私達の車に気付いて、玄関先で大喜びの大興奮で出迎えてくれました。いつもの1時間位のお散歩コースをわんわんと夫、息子、私、4人でお散歩して、帰ってお水も飲んで…。「元気だよ。食べ過ぎか何かだったんじゃない?大げさだなあ。」と3人で家に帰りました。
が、翌月曜日の朝…。眠るように冷たくなっていると母からの電話…。
実家は少し遠いので私は行く事が出来ず、父母はペット葬儀社の方に全てをお願いしました。その後みんなで何度かお墓参りしましたが、たくさんお友達がいるとは言え、お家からこんな遠い山の中にに眠ってるんだね…とちょっと寂しかった事も確かです。
わんわんはねこちゃんよりかなり大きいから鉢では無理だっただろうけど、庭に眠らせて上げて、お花植えてあげたかったな…と、はるパパの今日のコメントを読ませて戴いて感じました。はるパパのご家族は皆さん、本当にお幸せですね。
長くなってごめんなさい。時節柄、ご健康にお気をつけくださいませ。
投稿者:harupapa
がんじろうの鉢は一見テラコッタ風ですが、実はプラスチックのアンティコ65型というやつです。
小さい猫ちゃんでしたら55型でも大丈夫だと思います。
丈夫で軽く、女性でも片手で持てます。
リッチチェルという会社の製品ですが、ここで買うとかなり高く、ショップバルーンの通販だと手ごろな値段です。
お墓のノウハウがあるかどうかはわかりませんが、私がやったのは先ず、排水をよくするということでした。
植える花を何にするかにもよりますが、水を撒いて上に溜まっているようでは、植物にも酸素が行き渡らず、良くないと思います。
鉢底穴に園芸用のプラ網を乗せ、軽石を敷き詰め(1)、その植えに赤玉の大粒(1)、そして、鹿沼土をブレンドした園芸用土(4)を入れました。
ですから三層土になっています。()内の数字がおおまかな割合です。

がんじろうは鉢の中間部ぐらい、園芸用土の上に寝ています。
花株の根の長さも考えなくてはいけないので、あまり上層部ではまずいかもしれません。
仲間からいただいた花でがんじろうを埋め尽くし、それから土を手でかけました。
今、クリスマスローズの蕾が大きくなり始めています。
もうすぐがんじろうは花に生まれ変わり、私たちを癒してくれるでしょう。
投稿者:kuro
harupapa、お忙しいところすみません。
今後の参考(涙)にしたいので、質問させてください。
その鉢は何号ですか? 亡骸を埋めるにあたっての注意点はありますか? わたしも愛猫が天国に行ったら、花に生まれ変わってほしいと思いはじめました。。。
投稿者:サリーにゃん
バートイシュルでグリュンネ伯爵がシシィを微笑ましそうに見てるのには気付いていました。あの場面のシシィはオチャメで本当に可愛いですよね。だからこそ皇后になってからの束縛された人生がどんなに辛かったかと… 観客も回を重ねるといろいろなことに気付かされて更に深く作品に入り込める気がします。猫との暮らしも、何匹か看取るとわかってくることがあります。はるパパさんとがんちゃんのお別れの仕方にはたくさん気付かされました。いろいろ考え方はあるでしょうがやっぱり病院で死なせてはいけない!と私は思います。
投稿者:こんばんわ
はるぱぱ様

グリュンネ伯爵とシシィの、その瞬間を目撃しました!
いつもお見合いのシーンは、コミカルで面白いし、シシィの表情が可愛いので注目しているのですが、シシィが遠方に向かって笑ってる?・・・と思ったら、そのお相手がグリュンネ伯爵でした♪
はるぱぱ様にとって「事件」の日に遭遇できて、なんだか嬉しいです。その後は、毎公演 交流されているのでしょうか。

我が家でも猫を飼っていて(野良ちゃん出身)、遊びに来る外猫にも毎日ご飯をあげているので(病院に連れて行ったり)、お世話の大変さがよくわかります。
舞台も大変だと思いますので、ご自身もお疲れの出ませんように・・・。


投稿者:ざます
たくさんのお花とたくさんの人たちに囲まれた
お別れ会…がんちゃんの人望の…いや猫望が
よくわかりますね。
がんじろうローズは、どんな花が咲くのかなぁ…。
うちの、月に帰ってしまったうさチビ6匹は、
春になると綺麗な黄色い薔薇の花になって
会いに来てくれますよ〜。
投稿者:けんけん
がんじろうくんとムギョちゃんのお人形、かわいいですね。ふたりとも満面の笑顔。きっとお空の上でご家族の皆さんを見ながら飛び回っていらっしゃるんでしょうね。ふたりの楽しくも優しい、そんな気持が伝わってきます。
シマモッチくん、大丈夫。はるパパとがんじろうくんとムギョちゃんと、そして大事な家族のみんなが守ってくださるからね!
早く元気になって、はるパパを応援してあげてね。ためおくん、よろしくお願いいたします。おばちゃんも今日、ほんのわずかだけど応援の気持を送ります。
グリュンネ伯爵とシシィのエピソード、ありがとうございます。はるパパがグリュンネ伯爵としてステージ上でその人生を貫いていらっしゃるお気持が伝わってきました。そうなんですよね。限られた時間の舞台、どうしても登場人物に、ある種一面的なキャラクターが与えられて、その人のそれ以外の面って見落とされがちだけど、グリュンネ伯爵にはグリュンネ伯爵の、シシィにはシシィの、その時その時の細やかな感情の変化は必ずあるんですよね。それを感じて表現できるはるパパだからこそ、舞台上で生き生きとしたグリュンネ伯爵を見せてくださるのですね。はるパパの役者魂に感動しました。あ〜、見たいな。来年こそはエリザベート観劇。今の小さな「来年の目標」です♪
投稿者:Okomo
はるパパ様、

PCが修理からやっと戻ってきたのですが、その間に、大変なことが起きていたのも知りませんでした。 がんじろう君のこと、心よりお悔やみ申し上げます。 はるパパさんのがんじろう君との出会いを思うと、はるパパさんの心中は私の想像をはるかに超えているとお察しします。 

私の大好きな子供の本に、「ずっとずっとすきだよ」(by ハンス ウィルヘルム)という話があります。 ご存知だと思いますが、この話は少年の家で飼っていた犬が亡くなったときの話です。 はるパパさんのお家の猫ちゃんたちは、みんな愛情を沢山もらって生きています。いつも「大好き」と言われて生きている猫ちゃん達。本当に幸せな猫ちゃんたち。だから、がんじろうくんとの最後のお別れのひと時、そして亡くなってしまった後も、悲しいでしょうけど、同時に思い残すことなく愛してあげられたという充実感もあったのではないでしょうか? 勝手な想像で失礼しました。 でも今、間違いなく、がんじろうくんは天国ではるパパさん一家を守ってくれていますね。  

偶然にも10日ほど前にカリフォルニアのクリスマスローズを手に入れました。町は赤いポインセチアやシクラメンでいっぱいですが、私はこの可憐なクリスマスローズの花をとても気に入っています。

では、年末の舞台、がんじろう君と一緒に走りぬけてくださいね。 海の向こうからですが、お祈りしております。
1|2

カレンダー

2019年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ