はるパパブログ

ここでは、はるパパからの稽古情報、劇場情報、お知らせ、その他リアルタイムでお伝えするブログです!

 

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:lИ〓〓F
もうご存じとは思いますが、宮崎市で免疫療法のセミナーがございます。
http://www.medinet-inc.co.jp/etc/etc_12.html?id=603
既に申し込みは締め切られていますが、生保協賛ですので問い合わせてみてはと存じます。
周りの方が熱くなりすぎると当人は辛くなります。周りに遠慮して辛くても言えないことも多々・・どうぞ顔色を見逃さずにお願いいたします。
周りの方がゆったりと接し安心感を与えて差し上げてください。愛が何よりの薬ですから(笑)。
また自由診療にもいろいろな制度が適用されますので(市町村により異なる)ご相談されるとよいと思います。
どうぞお元気になられますように。
投稿者:けんけん
免疫療法の先生が宮崎にいらっしゃったとの事。やはり患者さんにとって、お家から近い先生というのは大切な条件ですよね。本当に良かったです。その先生との出会いがお身内の方にとって素晴らしいものでありますように(祈)。
西洋医学の医者は、それ以外の治療法を軽視する傾向は確かにあったと思います。うちの夫も若い頃などは接骨院さんや鍼灸院さんの事を余り良く思っていなかったようです。でも、現に自分が整形外科で戴いたお薬でなく、接骨院の先生に手当てして戴いて治った事で、その考えは変わったようです。自分が経験しないとわからない事ってあるし、そういう事を柔軟に取り入れる心って大切かも知れない、って、この年になってやっとわかってきた気がします。
いつもながら、心配して祈る事しか出来なくて本当に申し訳ありません。1日も早くお元気になられますよう、お祈り致しております。
投稿者:harupapa
たくさんの情報、ありがとうございます!
参考になり、勇気もいただきました!
「余命三ヶ月」と言われても、一医者の診断ですからね。
「はい、そうですか」と、鵜呑みにはできません。
セカンドオピニオン、サードオピニオンまで聞いていくつもりです。
宮崎で免疫療法をやっている医者を見つけ、先生から電話をもらい、アドバイスも受けました。
自由診療ですから、保険の適用を受けませんが、いざとなったらこちらにお願いしようかと今は思っています。
それにしても、日本の医療制度には本当に疑問を抱きます。
昔、健康診断を受けたとき、とある医者から「私は鍼灸など全く認めていません。あれは医療でもなんでもない!」などと暴言を吐かれたことがあります。
腰痛や肩凝りに鍼灸がどれほど効果的か誰しもが認めるところなのに、あれこそ「免疫療法」の真髄だと言うのに、この医者は東洋医学に保険適用を認められ治療費が安くなったら困ると思ったのでしょう。
以前、ブログに書いた博多の整骨院も現行健康保険ぎりぎりのところで私たちに治療を施してくれていました。
もし、あれが500円じゃなく7000円だったら、そうそう頻繁にはいけなかったでしょう。
役人も明らかに効果のあるものには「代替医療」にももっと目を向けるべきです!

おっと、熱くなってしまいました。
とにかく、あきらめることなく、明るく元気に、ありとあらゆる手を打っていこうと思っています。
引き続き、情報宜しくお願い致します!
投稿者:けんけん
体が自分を治す力、本当に下らない話ですが、書かせてください。
今朝起きてみたら、ひどく喉が痛くて、なんとなくだるくて。でも今日は久しぶりに楽器のお稽古友達と午前中に合同稽古をして、イタリアンでランチを♪と楽しみにしていた日。何でもない日なら、絶対、暖かくして布団被ってスポーツドリンク飲んで汗かいて風邪退治な体調だけど…。
でも、楽しみにしていたし、絶対に行きたい!と思い、タクシーを拾って何とか先生のお宅へ。そこでみんなと会って、つらいとは言いにくいな…と思いながら、頑張って楽器を出したり調弦したりして、合間にお喋り…と盛り上がっているうちに、何故か体調がどんどん良くなり、お昼にはすっかり回復、イタリアンを全部平らげて、ランチ閉店までお喋りして笑いながら帰って来ました。体って、本当に不思議です。皆さんもおっしゃっていますが、「気持ち」「気力」って、休養より治す力を発揮する事もあるのですね。はるパパのお身内の方の現在の御体調が全くわからない私が、いい加減な事を言うのは許されないかも知れませんが、例えば何か、生きる楽しみのような事を尊重して差し上げたら、何か良い結果に繋がるのではないかと、今日の自分自身を見て思いました。本当に無責任な発言になっていたらごめんなさい。ご快癒を心よりお祈り致しております。
投稿者:ラスク
はるパパこんにちわ。身内の病気は本当に堪えますね。私も母を肝がんでなくしました。余命半年と宣告されましたが、なくなる直前まで元気になり宣告から1年後に亡くなりました。
ネットを使っての検索がその頃はうまくできず残念だったのですが、宮崎ではありませんが九州で漢方薬のセカンド・オピニオンをしているところがあります。
http://www.ookinaki.com/
はるパパと同じように免疫力を上げて自分で治す手助けをする、というコンセプトのようです。もしよろしければ、ご参考にどうぞ。
がんじろう君や身内の方がストレスを感じずに元気でいられるようにお祈りしています。

http://oursblanc.jugem.jp/
投稿者:まさ
いつもはるパパの心温まる日記を読ませてもらっています。
私の父は数年前に末期の肝細胞癌で亡くなりました。
当初は肝臓に握りこぶしくらいの悪性癌があり余命3ヶ月と言われ、年齢も高齢で体力がなかったのもあり、カテーテルを入れ、直接抗がん剤を肝臓に注入する形をとりましたが、それが逆効果で、眠っていた癌細胞が肝臓の大半に発生してしまい余命1ヶ月ないと。最後はモルヒネと透析をして生き延びてましたが、丸1ヶ月、父は仕事復帰したいが為に痛みを堪えて気力で頑張ってました。数値は亡くなってもおかしくない状態だったんです。生きると言う気持ちを本人がもつ。これが一番だと思います。人間の生命力って凄いんですよ!(動物も!)
そこへ色んな療法を使って1人でも多くの方が治ってくれるのを祈ります。はるパパの身近な方、そして猫チャンもよい方向に光が向くことを願います。
投稿者:art
セカンド・オピニオンはとられましたか?
余命3ヶ月と宣告され、それがとんでもない誤診であった親しい隣人がいました。勿論今も元気です。暫くの間ご家族もご本人も大変なお苦しみでした。
身内は末期癌余命1ヶ月宣告で、その通りの過程を経て、見送りました。(余りに急な事だったので3年ほど精神的なコントロールが取り辛らかったです。)
身内の方の確かな病状を正確に把握して、闘病生活クオリティを落とさず、可能な限りの戦いを挑んでください。
生還を切にお祈りいたします!
投稿者:けんけん
病気についてのお話をもう一つさせてくたさいm(_ _)m。例えばPCや携帯電話だって病気…ではないですが、おかしな症状を起こす事があるようですね。ハッキングされたりウィルスに感染したり、モデムをコピーされて、自分になりすましたPCが世に複数存在する、なんて事もあるようです。携帯電話にも「クローン携帯」なんてものまで確認された事があるらしく…。うちのPCや携帯も、マウスを動かした方向と全く違う方向にカーソルが動いたり、自分の携帯メールから出した覚えのないメールが自分に来たり、おかしな事がたくさんあります。世の中、何が起こり、どんな事に巻き込まれるかわからない世の中です。
でも逆に、どんな素晴らしい出逢いがあり、暖かい幸運が訪れる事もあると思います。それが人間の美しさであり、恐ろしさだと思います。はるパパのお身内に素晴らしい出逢いがあり、素敵な出来事がありますように。お祈り致しております。
投稿者:けんけん
お忙しい中、PART2を書いてくださって、本当にありがとうございます。
がん…。義母が16年前に胃ガンになりましたが、これは早期発見で完全切除手術をして治しましたので、はるパパのご身内には何のご参考にもならないと思います。ごめんなさい。宮崎県の病院の事も、ご縁がなく、本当に全くわからないです。ごめんなさい。いつもはるパパに力を戴いているのに、何のお役にも立てず本当に申し訳ありません m(_ _)m。
腰を治してくださった気功の先生。素晴らしいですね。うちのご近所にも同じような方針の接骨院の先生がいらっしゃって、家族でお世話になっています。夫の腰痛は職業病で、この先生に出会うまでは、定期的にはるパパの松竹座のような症状になり、皆様にごめんなさいして仕事をお休みしてしまった事もありますが、今はそんな事もなくなりました。診察は体の歪みを触って探して、そこにそれこそ「手当て」してくださったり、ほんの軽く伸ばしてくださったりだけです。息子もテニスで急に腰に激痛を訴え、歩くのもお友達に支えられ、迎えに行った車に座る事もできなかったのに、治療して戴いて家に帰りついた頃には「腰?初めから大して痛くないよ」(笑・おばかです)。
この先生の口癖が「体は強く揉んだり叩いたら絶対ダメなんや」はるパパのご経験を聞いてますますその言葉に信頼を深めました。

本当に何のお役にも立てず申し訳ありませんが、お身内の方が良い病院に出会われ、1日も早く全快される事、心からお祈り致しております。
投稿者:ざます
はるパパご要請の件では、お力になれそうになく
すみません…と思いつつコメントしてさらにすみません(><;)

ふと思ったんですが、がんちゃんが元気になったのは、
はるパパはじめ、大好きな人がそばにいてくれる
からじゃないかなぁ〜と。
自分で治そうとする力プラス、周りにいる人たちの
『治ってほしい、元気になってほしい』という想いが、
後押ししてるんだと私は思います。
私も、微力ながらお身内さま・がんちゃんの回復を
遠くから願っております〜!
1|2

カレンダー

2021年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ