はるパパブログ

ここでは、はるパパからの稽古情報、劇場情報、お知らせ、その他リアルタイムでお伝えするブログです!

 

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:るみ
今年の意見書のテーマを動物虐待にしました。
このお話を少しでも広めて動物を助けてあげたい。
投稿者:mityako
前楽(2月1日)チケット希望&かんじろう基金メンバーに参加希望します。

前 東美佐子
住所 静岡市葵区横内町29-603
電話番号 054-248-9880
     090-2934-9421
メールアドレス misako4431@ezweb.ne.jp

私も2匹の猫さんと生活しています。
はるパパの育猫日記や介護の様子、とても感動しています。
そしてエリザベートの様々な場面で活躍するはるパパ、応援してます。
後、2ヶ月体調の管理大変ですが、頑張って下さい☆


http://green.ap.teacup.com/335500/
投稿者:mityako
お名前 東美佐子
ご住所 静岡市葵区横内町29-603
電話番号 054-248-9880
     090-2934-9421
メールアドレス misako4431@ezweb.ne.jp

前楽(2月1日)チケット希望&かんじろう基金メンバーに参加希望します。

私も2匹の猫さんと生活しています。
はるパパの育猫日記や介護の様子、とても感動しています。
そしてエリザベートの様々な場面で活躍するはるパパ、応援してます。
後、2ヶ月体調の管理大変ですが、頑張って下さい☆
投稿者:はなえ
はるパパ、こんばんは。
いつも楽しくブログ拝見しています。
今日も学会講師には、私もブログの文章だけで笑いました。
いつもは公演、でも今日は講演もききたかったです。

がんじろう基金、登録済みですが、
私は実は猫ちゃんではなくて
小鳥ちゃん愛好家です。
でも動物に寄せる愛情は同じ。

いつもはるパパの舞台と、ブログが栄養剤です。
これからもお時間の合間をぬって、
ブログ更新よろしくお願いします。
投稿者:harupapa
ゆうびなさん、
熱くなってくださって、ありがとうございます!
こういうことに、みんなが熱くならなくてはいかんと思います!!
「宮崎をどげんかせんといかん!」
知事もこの先、談合問題ばかりでなく、こういうことにも関心を持たれるはずです。
幸い、こういうバカな箱はなくなったようですが、また、いつ、どこで、どんなバカが出てくるやも知れません。
こういうことは絶対に釘を刺しておくべきだと考えます。
みんなで熱くなりましょうね!!
投稿者:ゆうびな
冷静さをなくし正義と真実の人さんのコメントを見落としていました。
そうですか、今はもうないんですね?
よかったです。

お騒がせしてすみません。。。

投稿者:ゆうびな
はじめて書き込みいたします。
あまりの驚きの内容に愕然としています。
動物ボックス・・・信じられません。
そんな発想をよくできるものだと残念でなりません。しかも活躍を期待している東国原知事の県だけにとてもショックでした。

犬や猫は愛の塊だと思います。
私たちを和ませ、癒し、優しい気持ちに変えてくれる不思議で大切で貴重な存在です。
それを、なんでそんなことができるのでしょうか。保健所のドキュメンタリーは目を覆いたくなり、できれば見たくないという衝動に駆られますが、見てあげることがこの子たちの唯一の報いとなるのかなと苦しい思いで見ています。

今、宮崎県庁東国原知事宛に即刻やめていただくようメールをしてきました。

たくさんの声でお願いしたら、そのような
悲惨でむごいことはやめてくれると思います。そう信じたいです。

どうか賛同される方は声を届けていただけませんか?
どうぞ、よろしくお願い致します。

投稿者:ぴか
がんじろう基金に参加表明いたしました。
昨日メールを送ったので、お願いします。

以前我が家の捨て猫トリオの事で
はるパパにはお世話になりました。
あれ以降、3匹は元気の大きく
なっています。
猫が苦手だった私も、猫おぼれまでは
いっていませんが、かなり慣れて来て
抱っこしたりよしよししたり出来る
ようになってきました。
少しでも応援できたら・・・と
思っています。
投稿者:みら・ぱるこ
普通に振る舞うって、思っているより大変なことですよね。それが自然にできるのが、生き物本来の姿なんだろうなあ。と、動物を見ていて思います。
けど、本能的以上の関わりができるのが人間の力。その力を最大限利用しなくちゃね!!
投稿者:harupapa
動物ボックス・・・そうですか。
良かったです。
宮崎県民はやはり「正義と真実の人」だったのですね。安心しました。
それにしても、一体どこのバカがあんなこと考えたのでしょう。
「厭きたら命は捨ててもいい」って、お役所が決めたようなものですからね。
世間に時々起こる猟奇的殺人事件の犯人というのは動物の虐待からエスカレートしていく・・・このことは犯罪心理学の統計からも証明されています。あの少年Aがそうでした。
何年か前、福岡には猫の虐待をネットで流した大バカ野郎がいました。ついこないだ、私たちは動物虐待をしたとある犯人に厳罰を処す署名運動を行ないました。

わたしはそんなに大仰な運動を起こそうとしているわけではありません。お腹をすかして震えている仔猫に、自分のシャケおにぎりをあげるところから始めています。
猫が嫌いで、ペットボトルに水を入れて置いている人・・・分かります、いやなものはいやです。
私だってお刺身が嫌いです!
でも、ほんのちょっとだけ目をつぶってくれませんか?
わたしたちひとりひとりがそんな小さなことから始めたいです。
1|2

カレンダー

2019年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ