はるパパブログ

ここでは、はるパパからの稽古情報、劇場情報、お知らせ、その他リアルタイムでお伝えするブログです!

 

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:harupapa
みらぱるこさんへ。
返信を書いたのですが、「コメント本文が長すぎます」と、出ましたので、ブログへ回します。
投稿者:みら・ぱるこ
私が学生の時には、まず糸賀一雄さん、田村一二(いちじ)さんの名前を覚えさせられました。「この子らを世の光に」という思想で知的障害児・者教育に当たられた方です。「びわこ学園」で検索すると出てくるかしら?
知的障害に限らず、障害のある方達はそれはそれは見事に人間を見抜きます。動物的直感というやつでしょうか?これはきっと、自分を守るための手段なんだろうなあ。って思います。誰かの助けを受ける必要がある彼らです。直感的に相手を見抜けないと痛い目に遭うのは自分ですからね。だからこそ、こちらも「私はこういう者です」というのをわかってもらうために真剣に向き合うことが必要なんです。
・・・と、今だからカッコイイこと書けますが、とりあえずわかり合えるまで最短1ヶ月はかかりました。よそ行きな自分から地の自分になれればしめたものです!!
ボランティアをなさるなら、地元に根付いて長期的になさることをおすすめします。ぶっちゃけた話、一日だけの見学のお客様を迎えるのは、施設側としては迷惑な面もあるのです。利用者が落ち着かなくなるし、自立支援法が施行されてからは行事に時間を割くようなゆとりがないのです。はるパパの熱意は大変嬉しいのですが、『レベッカ』が終わってからもボランティアを継続できるかをよく検討なさってください。
とはいえ、はるパパのようなお仕事に継続的にというのは酷な話ですね。社会福祉協議会でボランティアを募集していることがありますので、尋ねてみるのも一つの手です。普通、福祉系サークルはボランティア保険の関係で社協に登録しますので。
以上、ご参考になれば幸いです。

偉そうに、長々とすみません。

カレンダー

2020年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ