はるパパブログ

ここでは、はるパパからの稽古情報、劇場情報、お知らせ、その他リアルタイムでお伝えするブログです!

 

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:harupapa
はまいくさんへ

千秋楽チケット、後半は出演者も手に入らないほど貴重でした。
まあ、千秋楽といっても、やってる側は何百回もあるうちの1回ですから、取り立てて気負うわけでもありません。
普段通り、一生懸命やるだけです。
この普段通りに、日々の努力の裏打ちがあるんです。
暑さに負けず、頑張ってきます!
投稿者:はまいく
東京公演お疲れ様でした。ずっとブログは拝見していましたが、今回初コメントさせて頂きます。
本当に幸せな事に千穐楽を拝見させて頂きました。
2006年のエリザベートから拝見してますが、今期の皆様はすごかったですね。
特にコーラス部分が厚みがあるのに、歌詞がクリアに聞こえて、こういう歌詞をこのパートの方は歌っていたのかと初めて知ったり。(「今さらかい」なんて優しいはるパパは突っ込みませんよね?)よく進行を間違えないものだと感心するくらい皆様登場回数が多いのに、その場面の人になりきる集中力は本当にすごいです。何百回公演を重ねても進化し続ける事は出来るですね。もちろんその為に皆様の影の努力があるのをヒシヒシと感じました。
暑い夏を越えて秋の大阪まで、グリュンネ伯爵がお元気に過ごせますよう心からお祈りしてます。
いってらっしゃ〜い
投稿者:harupapa
クニヘイさんへ

人を評するので大事なのは、どこがどうだという具体的な指摘じゃないと、言われた方は混乱してしまうのです。
でも、それがあるなら、自分は嬉しいですけどね。


4nekomamaさんへ

本当に私も観劇したいです。
4nekomamaさんもぜひ旅に出てください!

地方公演はとにかく暑さと食生活に注意しなくちゃと思います。
シャケちゃんがまた「シャケっっ子倶楽部」やってくれそうなので、とても頼もしいです!


女の古 387さんへ

色んな組み合わせがあると迷っちゃいますよね。
でも、相手変わるとこっちの芝居も変わります。
私もフランツやゾフィーが変わると、かなり違う芝居になっていました。

がんじろう基金、ご協力感謝致します!
大切に使わせていただきます。
うちの近所の方が里親になってくださったチャーリーとルーシーが窓際で仲良くお昼寝してました。
とても幸せそうです!
投稿者:クニヘイ
はるパパさん嫌なコメント書いて申し訳ございませんでした。新しい記事を読ませていただいて反省しております。皆さん努力されてるのですから。僕も器が大きい人間になって皆さんの舞台楽しく拝見させていただきます。評論家じゃないのですから(笑)。お身体に気をつけて博多座頑張って下さい。
投稿者:女の古 387
はるパパ、帝劇千秋楽おめでとうございます。

私にとっては初のエリザベートでした。
観劇に行く度にチケットが一枚又一枚と増えていってしまいました。

3人のトート、2人のエリザベート他にも幾つもの組合せが有り、結局チケットが増えていく原因となってしまいましたが、千秋楽のチケットだけは手に入れる事が出来ませんでした。残念です。

はるパパ5人の家臣が登場する場面になると、自然と顔がほころんでしまいます。
何時観ても楽しい場面で、ご苦労されているとは少しも感じられませんでした。

1度A列で観劇させて頂いた時は、アンサンブルさん含め出演者の方々が、細かい目の演技、指の先端迄演技をしているのを目の前で観てA列センター席に感謝をしました。

シャケッ子倶楽部は何時も美味しそうです、
レシピを知りたいのですが・・・

本日がんじろう基金に少しですが寄付をさせて頂きました、お役に立てれば幸いです。

投稿者:4nekomama
はるパパ、お疲れ様でした。
素晴らしいエリザベートに出会えて 幸せな私です。
六十路に入っても、まだエリザベート熱は上がりっぱなしです。
本当に はるパパにも観劇させてあげたいですよ。
最初から最後までときめいたり、ドキドキしたり、ロマンティックな気持ちになれたりと中身が、ぎっしりと詰まっているエリザベート。
アンサンブルの素敵さも教えて貰い、回を重ねる度に 新鮮な発見もありこのエリザベート 
私のライフワークとなりました。
心からありがとうございます。
博多、名古屋、大阪の公演中のご健康をお祈りしています。
(私も観劇の放浪の旅にでたーいです!)
投稿者:クニヘイ
おはようございます。すみません朝からちょっと辛口になりますがお許し下さい。実は今回のエリザベートであるアンサンブルの俳優さんにものすごいガッカリしました。前回城田優さんがご出演の時その俳優さんものすごい良かったんです。演技とか顔の表情とか。僕も褒めちぎりました。5月観劇の時その俳優さんを楽しみに拝見させていただきましたがどうしたん?と思うくらい存在感無しでした。ものすごいガッカリしました。8月名古屋その俳優さんに注目させていただきたいと思います。進化しててほしいと願ってます。こういう辛口意見手紙に書いていいのでしょうか?もちろん8月観て良かったら手紙書きません。ショック受けたらあかんし。迷ってます。でも役者さんは辛口意見も必要やと僕は思うんです。甘いご意見ご感想ばかりじゃ成長しないし緊張感がなくなると思うんです。こちらが耐えるか辛抱するしかないのでしょうか。ホンマ期待外れだったんです。ものすごい残念なエリザベート観劇でした。はるパパさんにしかこういう事書けませんでした。ごめんなさい。

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ