はるパパブログ

ここでは、はるパパからの稽古情報、劇場情報、お知らせ、その他リアルタイムでお伝えするブログです!

 

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:けんけん
はるパパ、何度もすみません。今日は午後休で帰ってきた夫に、はるパパのお母様の話をして色々聞いてみました。
誤飲性肺炎は、物を噛めるかというより、飲み込む時にきちんと気管を閉じられるかが問題なのだそうです。その点、病院のムース状(寒天が原料だそうです)のお食事は、喉の通りがスムーズになるよう滑り等を研究し尽くされた、理に叶った物にはなっているようです。
お医者様がはるパパのお母様の肺炎に拘られるのは、もしかしたらお母様に何度かそのようなご経験があったからかな…と申しておりました。

という訳で、ごめんなさい。本当にお医者様とよくご相談なさってくださいませ。何だか気軽な事を書いてしまい申し訳ありませんでした。はるパパとお母様が幸せなお時間を過ごされ、お母様が御全快されますよう、お祈り致しております。
投稿者:けんけん
はるパパ、お忙しい中、お返事ありがとうございます。

お母様が噛みたいと思っていらっしゃるのではないか、というはるパパのお考え、私も大賛成です。実は義母は殆どの歯が義歯なのですが、その10日間を過ぎて持ち直した頃に「キュウリをパリパリと食べたい」とおっしゃったのです。それまではみじん切りのようにしていたキュウリを、5mm位の厚さに切って、酢味噌がお好きなので、それを添えて出してみたら、それはそれは目覚ましいほどにパリパリパリパリ…。食が進まない時は酸っぱいものが美味しいかも知れません。甘めの梅干しと、庭の青じそを、細かく叩いて混ぜたペーストを付けてキュウリを召し上がるのもお好きです。

縦方向に5mm位の厚さに薄切りした、キュウリとかリンゴとか、一口で口に入る物ではなく、まず自分で噛みきる力がないと食べられない物なら、一口噛みきった後も丸飲みされる危険も…薄いのではないでしょうか。

ごめんなさい。全くの素人判断です。うちの義母とお母様は色々な状態がちがうので、義母の例が当てはまるかどうかわかりません。お医者様と充分ご相談なさってください。でも義母は本当に喜んでパリパリなさっていました。出来ましたらはるパパのお母様が…パリパリとお元気に食をお楽しみ戴けますように。心より願っております。余計なお世話でしたら本当にごめんなさいですが、どうしてもはるパパがお母様のお近くにいらっしゃるうちにお知らせしたくて書きました。くれぐれも…ご無理はなさらず…お母様とご一緒なさってくださいませ。
投稿者:harupapa
E.N.さんへ

脳梗塞というのはなかなか意思の疎通ができなく、そこがこの介護のきついところです。
根気良く話しかける、それしかありません。
がんばります。
ありがとうございます!


MERさんへ

「老い」・・・
病院やケアハウスに行きますと、いつも感じるのが「健康」の大切さです。
歩ける、喋れる、手を動かせる・・・
こんなごく当たり前のことの大切さ、痛感しています。
昨日のさくらんぼも最初の一口だけは嬉しそうにしていました。プリンも買っていったのですが、とりあえず、最初は嬉しいようです。
いろいろやってみます!
ありがとうございます!


けんけんさんへ

母は年の割には歯が丈夫で、ほとんどが自分の歯なのです。
しかし、食事はすべてムース状の流動食・・・
多分、「噛みたい」のだと思うのですよ。
しかし、医者は喉に詰まらすことを恐れている。
おっしゃるとおり、色んなバリエーションを考えてやってみますね。
ありがとうございます!


投稿者:けんけん
はるパパ、お母様はいかがでいらっしゃいますか。少しは食欲が戻られましたでしょうか。

義母を見て思いますが、お年寄りにとって食べる事は命です。今年4月初め、義母が腰の痛みで食欲がなくて弱りきっていた時、東京から義姉が駆け付けて来ました。とにかく目の前に食べ物をずらっと並べて「食べなさい食べなさい食べなさい」と…。時には無理強いする位の勢いで「あと一口もう一口」と…。
私はそれまで義母が「もう要らない」と言われたらすぐに下げていました。義母も私も戸惑いましたが、義母にとって遠くに住む愛する娘が自分のためにしてくれるのだからと頑張って…。その10日間を境に義母は見事復活しました。今でも「あの時あの子が来てくれなかったら、どうなっていただろうね」と二人で話しています。

長々と語ってしまってごめんなさい。勿論、人間の体調は一人一人微妙で繊細なもの。義母が全快したからと言って、お母様に食を無理強いして良いかわかりませんが…。それでもきっと、はるパパのさくらんぼ、お母様は大変お喜びでいらしたと思います。お年寄りは意外と飽き性…というか、味が変わるとまた食べられる傾向があるように思います。例えば色々な果物を少しずつ細かくされて、一口召し上がったら別の果物を。合間にキュウリの浅漬けみたいなものや鰻など…これは義母の好物でした…お母様のお好きなおかずを混ぜて差し上げたり…。要らないとおっしゃっても「あと一口だけ頑張ろう」というようおっしゃったり…。されてみてはいかがでしょう…。愛するはるパパの無理強いなら、お母様もきっと頑張ってくださる筈…と思います。

暑い時期、本当に大変だと思いますが、どうぞはるパパご自身のお体にも充分お気をつけになって、看病して差し上げてくださいませ。お母様の御全快をお祈り致しております。
投稿者:MER
ほんとうに、「老いる」ということは辛いですね。何なら食べてくれるだろう、と、あれこれ心こめて準備しても「いらない」と言われると泣きたくなります。

でも、2週間前の昼食に、私が用意したものを「美味しい」と言ってくれました、スプーンを持って行くとちゃんと口をあけてくれました・・。その夜に母は旅立ちましたけれど、最期に贈ってくれたうれしい思い出です。

はるパパ、お側に居てさしあげてください。一口でも、お口に運んでさしあげてください。この時間はきっと、宝物のような思い出になると存じます。お母様がどうかお苦しいことがなく、お心安らかでいらっしゃいますように、と一生懸命お祈りしております。
投稿者:E.N.
はるパパ、お母様大変でしょうが、頑張ってください!
私も母を介護していたので、そのしんどさは良く分かります。ある種闘いでした。
介護って、する側もされる側も辛いものです。
負けないで!

ドルマちゃん良かったですね!
私まで嬉しいです!

カレンダー

2021年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ