自閉症の息子(アイボ)とのあゆみ

自閉症の息子と共に歩みながら、沢山の仲間や支援者に支えられてきました。そしてきっと、これからも〜

 
自閉症の息子と出会い《ジヘイショウ》を知りました。様々な出会い、失敗、成功・・・過去を振り返りながら今を綴ります。そして今、私たちの暮らす社会との架け橋になろうと思います。 【登場人物】アイボ:自閉症(カナータイプ) コアカ:アイボの姉 アカギ:父 ハレハレ:母(管理人) 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ハレハレ
ふんわりさま
育ち・・・かなり影響があるようですね。
内観(昔を思い出し振り返る)などもありますね。
でも人生は自ら切り開くもの!
ふんわりさんの前にも後にも、道が出来るのであります。(*^^)v

http://star.ap.teacup.com/harehare/
投稿者:ハレハレ
政道さま
そんな値段になっているのですか?
私たちは回し読みしています。
育て方が間違わなければ・・・こんなことにはならなかったと思います。


http://star.ap.teacup.com/harehare/
投稿者:政道
ご無沙汰しています。
この本、興味を持ってちょっと調べてみたらamazonでは新品で25800円って・・・すごい値段になってました。
この少年は発達障害をもっていたのですか?
なんかすごく気になって、この本探して読んでみたいです。

http://white.ap.teacup.com/9004/
投稿者:ふんわり
私も昔、父親の期待という圧力をかけられて育ったので、この事件は人事ではないと思いながら聞いていました。私はエリート家庭に育ったわけではないけれど、親戚ないの(父方は昔の庄屋だっとか!)見栄の犠牲者ですから…大学で親元を離れてから、本来の自分らしさを発揮しました。

きっと、今だったら発達障害の名がつきますが、昔だって、紙一重で危ない人はいたんですよ。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ