●重要なお知らせ●  

いつも本日誌をご覧いただいてありがとうございます。

本日誌は移転します!

新URLは
http://f-hakaseslog.dreamlog.jp/
です。
しばらくは併用運用になります。


本日誌を掲載している「teacup」のサーバーが2022年7月いっぱいでサービスを終了するとのことです。
https://navy.ap.teacup.com/info/960.html

本日誌は継続しますので、現在移転先の別サーバーに移転構築作業中です。

日誌テキストデータはエクスポートしてファイル化、新ブログにインポートして移転出来ました。
写真は別サーバーを使用してますのでそのままOK。

問題は、リンク先(特に旧日誌へのリンク)を全て手作業で打ち直す必要があり、現在鋭意作業中です。
これはたいへん手間がかかるので、恐らく完全移転後も作業は続くと思います。
ご了承下さい。

あと。
現状ではコメントが移転先に反映されないので、現在対策を検討中。
本文にそのまま繋げるか、こまめにコピーするか?
どちらかになります。。

7月までには作業を終えて完全移転すると思います。

今後とも本日誌をご愛顧いただければ幸いです。
 はかせ




PS.
今頃になってグループ会社への強化された引っ越しプランが発表されてますが、遅いわ!
とうに見切りつけて別会社に移動中だわな。(^_^;)
0

「庵野秀明展」最終見学。  

そろそろ期間も終了と言うことでしたので、最終週の平日に観に行ってきました。
(つまり、行って来たのは先週です。。(^_^;))

●1度目>http://f-hakaseslog.dreamlog.jp/archives/14538170.html
●2度目>http://f-hakaseslog.dreamlog.jp/archives/14679772.html

かなりじっくりと観たので、5時間位かけました。(^_^;)


まず入り口前の庭園にあるベンチを撮影。
全部したくても、肝心なところにカップルが座っていたりして、撮れない。。(^_^;)
まぁ、しょうがない。。



「君が生まれた星だよ」はナディアかー。忘れてるなぁ。。

入場。荷物をコインロッカーに預けて。

まず「モスラ」のポスター。
東京タワーと電柱。
先週、名古屋のテレビ塔登ってきたところだから、なんかリアルに見える。
電柱は、下からアオリで撮ると、普通に電柱にしか見えない(笑)




轟天と宇宙轟天。
真横から見るとドリルが並んでてカッコイイ。

JX-1隼号。
あの謎の星から苦難の末に砂を持ち帰ったやつで(違う)
「ばんざーい!ばんざーい!」の方です。



ムーンライトSY-3。
このデザイン覚えておくと、あとでナディアのコーナーで笑える(と思う)

コンクルーダー、美しいなあ。
成田亨デザインは秀逸ですなあ。

でっかいピブリダーとエキゾスカウト。
マイティ号は、いつしか須賀川にあるでかいのが見たいなあー。

TB1号、マットジャイロ、宇宙ステーションV3。
全然違う作品のメカが同一画面に収まってるも面白い構図。



大きなウルトラホーク1号は、多分平成セブンの撮影に使ったやつだと思うけど、β号の分割線がハッキリしてるので、分離可能なのかも知れない。
後ろの壁には開田裕二氏作成の図面が。

科特隊基地の図解は、「特撮映像の素晴らしき世界ウルトラマン」に収録した図解を特撮博物館の為にリライトした物で、ウルトラホークの三面図は庵野さんが所有していた「ウルトラマンメカ怪獣大図解集」からの複製らしいです。

いい仕事されてます。

ラビットパンダ、台座に赤のテープがあるのはリペアではないか?とこと。
(コレクター氏からの貸与品っぽい)
タイヤ(樹脂部分)がヘタってるので、撮影現物っぽい。
ただラビットパンダはミニチュアより実車がいいな。(多分残ってない)

スカイハイヤー。
「ウルトラマン80」の川北特撮はホントに素晴らしい。
https://youtu.be/8vgFX5i6Jb8
躁演用の「吊り点」がポイント。

ちなみに展示してあるミニチュアをこのアングルで撮ろうと思うと思いっきりローアングラーになるんですな。。。
あまりやると、コスプレーヤーさんに嫌われるやつ(笑)
でも特撮オタクは必ずやっちゃうよなあ。。。


前回撮り損ねていたバッカス3世号のこのアングルを。
アオリのバックショット撮りたかったけど、ちょっと位置的にムリだった。。

帰ってきたウルトラマンスーツ。
実際に使われたもの。今回は、ちゃんとウルトラブレスレットのアップも撮影。

ミラーマンは多分リペア済み。かなりキレイ。
スペクトルマンはかなり傷んでる。
マスクの分割線もさることながら、覗き穴が、鼻や口にもある。



ジャンボーグエース、ジャンボーグ9。
東大寺国宝館・伎楽面とか民族学博物館・世界の部族の呪術面感ある(笑)
飛び人形。

東映さんのは撮影禁止で。
仮面ライダー(フィギュア?)とかデンジタイガーとかバトルフィーバーロボ。
写真撮りたかった。。。

宇宙戦艦ヤマトの原画。
ガミラス艦の本体と砲塔が別セルになってる。
冥王星基地の反射衛星砲、ズーム用の大型の原画。
そういや、ヤマトの最初に出たLPってドラマ篇だったなぁ。。


機動戦士ガンダムでは、1話のザクが斜面を滑り降りるところの原画。

庵野さんの本棚コーナー。
ここも撮影禁止。
たいていは再版してるが、前みんなで行った時に「うわ成田美名子の『あいつ』だけこそっと展示してる!あれ再版してない!」と話題に。※マニアックだ。
「エイリアン通り」「CIPHER」なんかは再版してるけど「あいつ」は絶版らしい。。。そーなのかー。
全部実家にあるぞー。
※と思ったらいまや全部ネットで読めるらしい。。まーそーだろな。


実は密かに思ってるんだが。。
「オタク」の語源って成田美名子作品からじゃね?と。
相手のことを「おたくさぁ」って呼んでるのは成田作品からだったような気がする。
気のせいかも知れんが。。


中学時代の油絵。
よく考えたら中学生で油絵描いてる友達なんていなかったな。。

高校地学部の部誌。
高校に地学部があるのも珍しいけど、地学の名を借りてヤマト関連の部誌にしてしまったらしい(笑)
オレも高校の映研を勝手に特撮研にしちゃったけどなあ。(^_^;)
http://f-hakaseslog.dreamlog.jp/archives/13727697.html



んで、よく見たら「H.ANNO」のサインが今と全く同じ。
この頃に拗らせたら一生だもんな(笑)
みんな、そーだわな。

ヤマトファン「ユニオン」会報「WARP」。
サブタイトルに「増大18ページ」「おりこみの特別付ろく付」「特集 森雪ちゃん!!」「特集 スターシャ!!」「H.ANNOくんの世界」……(^_^;)
中身が気になる。。

そーとー拗らせてるのが判る。。

高校時代「ナカムライダー」撮った頃のカメラ。
当時としては高級機で、コマ撮りが出来る。
※自分は映研時代こんないいカメラ使ったこと無かった。。



DAICON FILM関連では、新しく追加展示された「甍の波」。
※展示会作り込みの際、某K村氏が東京に忘れてきたらしい。。

メラ棟梁の制作した精巧なミニチュアで、かなり細かく屋根瓦が成形されています。
だから4Kデジタライズ化されてもアップに耐えるクオリティがあるのです。
本来の8ミリフィルムの映像精度ならここまでのものはオーバークオリティなんですが、みんな「好き」なもんで、力いっぱい凝ったのを作ってしまってて……まぁそれがあの画面から溢れ出るパワーなんですけどね。

「帰ウル」絵コンテに、制作当時のスチル。
使用したカメラはもちろん名機「FUJICA ZC-1000」。
展示されてるのは実際に使われたものではないらしい。。
http://f-hakaseslog.dreamlog.jp/archives/13727288.html

マットアロー1号とマットジャイロ。いずれも完全複製。(ボール紙製)
気が付いたら、マットジャイロの脚部が作られてないのねん。。
元の方にはあったのに。。




「じょうぶなタイヤ」やほのぼの短編アニメ。
当時、上映会なんかでよく観ました。
「ヘタな鉄砲も数撃ちゃ当たる」とか。

そして「DAICON3 OPA」「DAICON4 OPA」。
これキャプションの表記が一部間違ってる。。
X「日本SF大会第20回大会」→○「第20回日本SF大会」。
目録も間違ってるんだけど……まぁ今更いいか。。。

映像展示や原画をよく見てほしいのは、アップになった時もメカ部分の詳細が描きこんであること。
パワードスーツのカメラ部分、ウルトラホーク1号のコックピット、そして空飛ぶ剣のエアブレーキやフラップ、姿勢制御バーニアの炎。。

アップになった1コマにしか描かれてないけど、その1/28秒間でも脳には視覚信号として認知されるので「何か判らなかったけど細部までリアルに描いてある」のが認識される。

実に細かい点まできちんと描きこんでるし、それをちゃんと色トレし、彩色してる。。
つまり原画担当の庵野さんの力だけじゃなく、色トレ(手描きです)や彩色(何カ月か毎晩徹夜作業でした)が実に手の込んだ仕事をしている、ということです。
これを当時、全部、200人近いアマチュア(一部、プロでの仕事経験があるとは言え)集団で作ったんだから、すごいことなんです。。。

まぁみんな、「好き!」というパワーだけで作ってましたからね。。




爆発や造山運動での細かい破片の動き。
破片は三角形に。これが、視覚的に「破片に認識される」から。
その破片一個一個に色トレしてあり、カゲ指定があり、部分彩色されている。。。

……実は、当時初めて民生用ビデオデッキに「コマ送り再生機能」が付いた。。
だから映像作品やアニメの動きが1コマ1コマがどういう動きをしているかが分析可能になった、というのも大きいのです。。

DAICON FILM作品企画メモ・スケッチ。
マイティジャクやらサンダーバード、仮面ライダーなど。
MJはオリジナルとあまり変わらないけど、サンダーバードはかなり大胆に変更してる。
んー、面白いけど、理に適ってるかどうか分からないデザイン。

この辺りの展示は撮影不可。

当時のゼネプロ製品やらノウンスペースクラブ会報やら。
やたら懐かしい。多分、そのうちどれかは実家にも残ってる。(ここの展示も仲間内に声かけて残ってるのを並べたもの)

「超時空要塞マクロス」
あのダイコンの女の子が描かれてる味方メカ。(デフェンダーだっけか?)の原画など。
あれは映った瞬間爆笑もので、すぐ仲間内で話題になった。

「メガゾーン23」など。
ガーランドのシーンなど。この「など」が(笑)
いや、話題になってたのが「ここの展示してるセルって『ポップチェイサー』じゃねーの?」と。
むむぅ。「ポップチェイサー」をよく覚えてないから、言われても判らなかった。。(^_^;)
主催者の顔ぶれからして、そういうことをこそっとしてても不思議ではない。。。
http://blog.livedoor.jp/thx_2005/archives/51872174.html
https://www.nicovideo.jp/watch/sm24724108

「王立宇宙軍」
ロケット打ち上げ時の細かい氷片の落下パターン。もちろん全て手描き。
今なら簡単にCGで出来そうだけど。。
※「アポロ13」はCGでした。



「風の谷のナウシカ」巨神兵。
ここの原画は圧巻ですね。

「トップをねらえ!」
元々予定していた監督ができなくなったので一旦制作が止まっていたのを、庵野さんが止めておくのは勿体無いからと本人が監督を買って出たとのこと。
元が誰だったのか気になるところではあるけど。。。



「ふしぎの海のナディア」
ちょうどこれを書いてる時にグランディア役の滝沢さんの訃報が入りました。。。残念です。
「よい子のみんな!ナディアの性格はきらわれるから絶対にマネしないでね-----じゃ☆」ってヲイッ!
※ちなみにこれは「のーてんき」が元ネタ(というか、それもパロディだけど)

ここから先、これまであまりゆっくり観てなかったので今回はゆっくりと。




「新世紀エヴァンゲリオン」
TOP SECRETであった企画書にはシリアルナンバーが入ってるな。
ウチに回ってきたコピーは何番だろ?(笑)
どこ行ったか判らんけど。。。

企画メモには色んな名称案が手書きで書きこんである。
「アルシオン」「バーミリオン」。。

プログレッシブナイフが、ほぼオルファカッター(笑)

1話冒頭に出てくるUNのVTOL重戦闘機が「旧ソ連機を参考にして下さい。米国製にあらず」と設定メモにあるのが面白いですね。

OP絵コンテ。音楽が擬音で書かれてます。

第三新東京市。設定画には「TOKYO-3」と書かれていて、これが「さよならジュピター」の宇宙船名から取られたことがよく判りますね。


「ラブ&ポップ」「式日」
実はどっちも観てない。(笑)
けど、さすがに庵野さんらしい映像だなあ。。
今度、観てみよう。
「ラブ&ポップ」の台本の表紙にエヴァの落書きが(笑)

「ローレライ」の原子爆弾のデザイン画。


「キューティハニー」のデザイン画。
ある意味、衣装デザインとも言えるので、庵野さんとしては珍しいかも。
ハニーのコスプレする人には貴重な資料。

メモには「Iシステムは、着替えやメイクが便利くらいにしか考えてない」というのがいかにも如月ハニーらしい。

実際、女の子が変身システム(空中元素固定装置)使えても、それで戦うとか人々を救うとか考えずに「好きなファッションに着替えられる!ラッキー!」だと思う。。。(^_^;)



「シン・ゴジラ」
設定画ではなんかゲロ吐いてます(^_^;)
これがエラから血を噴き出すのになったんすね。
手書きメモに「新幹線一斉発車」とありますから、これが「無人新幹線爆弾」のことですね。
このメモには「脱皮する」とありますから、形態変化するのでなくそういうアイデアもあったようです。

B2爆撃機がMOP2を落とすところの絵コンテがありますが、これは「シン・ウルトラマン」に流用されている部分なので敢えて展示してるようです。

「新劇場版エヴァンゲリオン」
輪送台の設定画。「先頭に機関車?」とか「連結器があって曲がる」「エヴァの蛇腹で曲がれるようによろしく」というのが面白いですね。
ポジトロンライフルの設定メモに「急造品、未完なイメージがあるとうれしいです。よろしくです」とあります。なるほど。

シンゼットンっぽい使徒(笑)




今回凄く納得したのは「仮設5号機」設定準備稿。
手書きメモに「本体はユーロ(EU)製(ユーロスターやユーロファイター)」「手足はロシア製(ソユーズ)」とデザインラインのイメージを表現してます。
画面で観てて、いかにもちぐはぐでバランス悪そうなのは、そーゆーことなのかーと納得。
肩の上に「トローリ線」があってそこからの電力供給。

まぁ、今は敵味方だからこういうのは無いんだろうけど。
※>http://f-hakaseslog.dreamlog.jp/archives/13727771.html



アスカ搭乗の「改2号機」設定メモ。
「サイボーグ化」「ライダーマン化」と書かれている。
どんだけ仮面ライダー好きやねん!と突っ込みたくなる(笑)
けど、制作仲間内ではこれで判り易く伝わるからなんだろうな。

ケンスケの家周辺のミニチュアセット。
今までのミニチュア特撮のプロップを散々観てきたから、当然これも色んなアングルから撮りたくなる。。。。そう、撮りたくなるんだ。
この衝動こそが、庵野さんの原動力のような気がしてくる。
ミニチュアセットを、喜んで色んな視点から見てみて、カメラアングルにしたくなるっていう。。
それには頭の中だけでは限界があるから、現場(あるいはミニチュアセット)の中にカメラを入れて撮ってみたくなる。。。

だから基本的には庵野さんって特撮が撮りたい人、なんだよなーっと思う。
アニメは表現方法に過ぎない。。

このミニチュアセットをとりあえず作ってそれからそこに怪獣やメカを配置して撮影アングルを決める、ってのは東宝怪獣映画の作り方。
平成シリーズなんて東宝第9ステージっていう広いスタジオにものすごく広いミニチュアセットを作り込んで、そこで撮ってました。

一方、大映「ガメラ」なんかは予算の都合もあるので、最初から絵コンテをキッチリ決めて、不必要な(画面に映らない)モノは最初から作らない。
手前にミニチュアを映りこませて、その後ろは映らないからセット何も要らない、という作り方。
オープンステージの太陽光で撮るので意外と自然に映る。

これからの話、もしミニチュアセット組む予算が問題ならば、CGで作ったVRセットの中にVRで入り込んでロケハンすれば、かなりその手法に近づけるのでは?と思った。。
http://f-hakaseslog.dreamlog.jp/archives/13727706.html

最新VRでは世界遺産などロケ不可能な場所でも、小型ドローンなどでCGデータ化(iPhoneで立体データも撮れる)してしまえば、VRでのロケハンは可能。
グリーンバックならそこで背景合成も可能。

例えばもう長崎・軍艦島なんてCGによってVR化されているので、中での戦闘シーンはVRロケ出来ます。
https://youtu.be/9liA3iJ49Xc


と言ってるうちに、またもやカメラがアウト。
今度はメモリはたっぷりあったんだがバッテリー切れ。
※前回もここでメモリ切れた。。。

「シン・仮面ライダー」
展示物かなり増えてます。(笑)
期間中に次々と情報開示があったので、どんどん増えてました。
出渕裕さんデザインの怪人(ハチオーグ)デザイン画など。




「シン・ウルトラマン」
展示物増えてます。(笑)
これも期間中に劇場公開されたこともあって、ネタバレOKになったので。

シンでのガボラは前田真宏さんデザインなんだけど、確か前にも「ウルトラマンパワード」で「パワードガボラ」デザインしてたんでは?(^_^;)




とうところで、ラストの3体並びを拝んで退場。
またまた、たっぷり買い物して散財。。。(^_^;)
※商材もやたら増えてました。



いやあ、5時間もかけて観て回ったのでハラ減った〜、ということで、せっかくなのでコラボやってるあべのHOOPのButterカフェで夕ご飯。。


大阪会場はこれで終わりましたが、次は庵野さんの故郷・山口県で開催されるようです。

ご近所、時間のある方はまたご覧ください。


●今回の写真●
http://photozou.jp/photo/list/134246/9502981

PS.
今度はこんなのがあるみたいです。
「シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース」初の体験型イベント「シン・ジャパン・ヒーローズ・アミューズメントワールド」
https://event.bandainamco-am.co.jp/cx/SJH_Amusement_World/

色々あるんですな。。



0

名古屋散策記  

今回のリトグリ名古屋公演遠征も、前後に余裕のある日程にしました。

予定立てようとしていたところ、いつものカプセルホテルよりはるかに安いビジネスホテルを見つけました。

どうやら昨年のコロナ禍の最中にオープンした(予定段階ではコロナ前でインバウンド需要を見越していた模様)らしい新築ホテルなんですが、客が少ないせいか、一泊2800円(!)という格安セール中でして。。。
なら、多少長居してもいいかーと、3泊を予定。

往路は近鉄アーバンライナーで。
ちゃんと格安回数券+ネット予約にて。

車内のネット使ったり、駅弁喰ったりしてるうちにすぐに名古屋着。

うーん。前回に、かなり色々観光したので、もうすでにあまり行くとこないなあーと。。。(^_^;)
ミュージックツーリズムも限界かぁ。。。

天気も良かったので、一応まだ行ってなかった場所として気になっていた名古屋駅前の「ミッドランドスクエア・スカイプロムナード」へ。

名古屋一高いビルで、44階・地上220m。

ここ、大阪あべのハルカス屋上展望台(60階・300m)に似た感じの、超高層ビル最上階のオープンエア展望台なんだけど……知名度が低いせいか、ガラガラで全然客がおらん。。(^_^;)



ほぼ貸切状態で、気分良い。。
風が吹き抜けて心地良い。

どうやら夜景を見に来るカップル客が多いらしく、観光客はあまり来ない様子。

南側観てると、足元の近鉄名古屋駅から、さっき乗ってきたアーバンライナーが折り返して大阪に戻ってゆくところが見えた。

JR側では新幹線も見える。
ほぼレイアウトカフェ的な。。(^_^;)


眺望は抜群です。
名古屋の街並みが足元に広がります。

南の方に目を凝らすと、国際会議場も見えます。
昨年訪れた名古屋科学館の「銀球」も見えてます。
街の真ん中に銀球が転がってるみたいで面白いですねー。


東の方を見ると久屋大通、栄、テレビ塔……テレビ塔って晩にライトアップするためかグレーに塗られてるので、都市迷彩になっちゃっててビル群に埋もれてますねー。(^_^;)

大曽根方面には名古屋ドームも見えてます。

そして北東方向には、名古屋城が見えます。
はるか下に、かなり小さく見えますねー。

それでもシャチホコがキラキラ光ってます。さすがです。

北側見ると、2018年に行った「トヨタ産業技術記念館」も見えますね。
ギザギザ屋根。。



あれ?手前に大きな建物が……あ、あれ当時建築中だった「イオンモール Nagoya Noritake Garden」ですね。

そして西側。
目の前にJRのセントラルタワーズがデン!と並んでます。
高いビルですねー。
なかなか迫力です。


これ見ると「小さき勇者たち〜ガメラ〜」を思い出してしまう特撮脳。(^_^;)
https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/0b/a4/234fe7ace7cfedc0ad4e7b3944ed8400.jpg

こうやって知ってる場所が上から眺められるのが展望階の楽しいところです。

回廊部分から下のフロア部分に降りて、ベンチでしばし休憩。
足元に広がる名古屋の街を見下ろしながら。。


あ!よく見たら小牧空港(県営名古屋空港)が見えてる!
意外と近かったんだなー。
次はあそこ行ってみようかなー。

と、いうことで眺望を堪能して、宿へ移動。
チェックインOKの時間になりました。

このホテル

新築でかなりキレイでした。

広くて清潔で気持ち良いので、しばらくベッドでごろごろしてました。。(^_^;)
というか、先ほどのスカイプロムナードがかなり気持ち良く、て満足感あったんで、もう後はどっちでもいい感じで。。(^_^;)

夕方になったので、そろそろ晩御飯でも食べようかと、栄に向かいました。。

久屋大通公園に行きましたが、ここ再整備されていて、とってもキレイですね。
全然知りませんでした。。
天王寺公園「てんしば」みたい。

どこか地元TV局が天気予報コーナー撮ってました。。。



昔はそうでもなかった気がしますが、今や市民の憩いの場となってます。
かなり居心地が良い公園なので、翌日また行くことに決定。



オアシス21とかを散策して……ギャラリーカフェ「マンガ展」ではマンガ「宇宙兄弟」の複製原画展やってたので少し観て。

晩御飯(味噌カツ丼定食)食べて8時までに宿に戻ります。
何しろ、8時からリトグリがLIVE配信するとのことで。。(^_^;)

翌日が新譜リリース日であり、かれんの誕生日であり、名古屋公演初日である、というタイミングなので。。

ホテルの部屋でPCをネットに繋いでずっと観てました。

ということで、配信観終わった後、0時を回ったので「#かれんちゃん誕生祭2022」の書き込みをして、無事トレンド入りしたのを確認して就寝。。。


------------

さて翌日。
かれんの誕生日にして、新譜リリース日にして、名古屋公演初日。

とりあえず昨日行った久屋大通公園〜名古屋テレビ塔に行ってみようと、ホテルから徒歩で向かいました。

随分暑かったんですが、久屋大通公園は緑も多く、広々としているので風も通ります。



公園の歩道では、向こうから何やらロボットが来ました。
警備ロボットの実証実験中らしいです。
なんか可愛らしいですね。

とりあえずテレビ塔に登ろうと……あ、今は名前が替わって「MIRAI TOWER」になってるんですね。

途中階にはカフェやホテルが入ってます。


エレベータで上がる時にふと見ると、改修前の鉄材がむき出しに使われているところがあって、歴史を感じます。

すうーっと地上90mまで上昇。
おおー、いい眺め。
昨日に引き続き、お天気も良く、絶景です。

というか、ほんまに「何とかと煙は高いところが好き」というやつで。。(^_^;)
アホみたいに2日連続で展望台です。(笑)



昨日よりはやや低い(半分くらいの高さ)なんですが、足元の街がより判り易く見えますね。
北側の名古屋城も、近いしよく見えます。

例によってこちらも平日昼間と言うことで、ガラガラです。

西側には昨日登った「ミッドランドスクエア」ビルや名古屋駅前の超高層ビル群もよく見えます。
JRセントラルタワーズにスパイラルタワーも。

南西には例の「銀球」もサンシャインサカエの観覧車も見えますね。
※ホントいうとあそこでSKE48の新劇場公演も見たかったんですが、タイミングが合わなかったのと、チケット購入方法に難あり(というより、遠方からたまにしか来れない人向けになってない)ということがあり断念しました。残念です。


はるかに「ナガシマスパーランド」のジェットコースターも見えますね。
すごい。

久屋大通を真南に見下ろすと、名古屋国際会議場はちょうどビルの陰になってるようですが、もう少し左には「日本ガイシホール」の白い屋根も見えてます。


足元の公園や「オアシス21」がまるで精緻なミニチュア・ジオラマみたいに見えます。
※だから高いところ好きなんだが。。。(^_^;)

タワー本体も目の前で見るといかにも「鋼鉄が組み合わさって出来ている」感があってカッコイイですね。
「♪空にそびえる鉄の城」です。



さらに一段階段を上がると、屋上展望台「スカイバルコニー」に出られます。

気持ち良い!
青い空の下、風が吹き渡っていて、清々しいです!

「恋人の聖地」なんだそうですが……まぁジジィには関係無い話で(笑)


あちこちに休憩用のベンチがあるので、しばらく座って休憩。
風に吹かれて、めっちゃ心地良い!
気に入りました。
また次も来よう。

もちろんまだ時間あるので、タワー内のカフェでお茶することに。
3Fのカフェまで降りて、久屋大通公園を眺めながら、ゆっくりとお茶。

で、そろそろ時間なので、国際会議場に。

----------

いやいや。
もうリトグリ初日公演が素晴らしく、金山でのガオラー飲み会でも大いに盛り上がって、深夜にタクシーで宿まで帰りました。。(^_^;)

翌朝。
ほぼ二日酔いでヘロヘロなんですが(笑)
昨夜の公演があまりに素晴らしく、今からどこかへ行く気力もあまりなく。。。

朝食後、まぁまだ行ってないし現場にも近いので「熱田神宮」でもお参りしようかと。。
ご存知の通り、ここは素戔嗚尊が退治した「八岐大蛇」の体から出て来た神剣「草薙剣」を祀られた神社。

地下鉄で降りて、ずんずん歩いて本殿へ。


お参りした後、御神籤ひくと「半吉」でした…
ここの絵馬ってジャニーズファンが多いね…(^_^;)
※「剣の宝庫・草薙館」というのがあるので、もともとSMAPファンから聖地視されていたようですが、その後ジャニーズファンからは聖地として崇められているようです。。

ということでまず「宝物殿」を見学。
あー、何か昔の史料が多く展示されてます。
織田信長が祭り毎に奉納してて、その返礼の挨拶状とかが展示されましたー。
マメだなーと思うのと同時に、「物持ちいいよなー」とか思います。(^_^;)

展示物には、去年「張州雑志展」で観た現物も。

共通入場券なんで「剣の宝庫・草薙館」に。
ここは最近できた展示館なんですが、神社に祀られている宝剣の多くを展示。
ん−、自分は日本刀は美しいとは思うけど、それほどの知見が無いので、何となくスルー。
いや、多分観る人が見たらすごい価値のあるもんなんだろなーというのは判るんですが、残念ながら不勉強ゆえ、よく判らない。。

出てきたらオシャレな野外カフェがあったので、ここで休憩してクリームソーダを頂く。。

でもここ……常に「八咫烏」数羽が客の食べ物を狙っており、非常に緊張感のあるカフェで(笑)ちっとも落ち着かない。。(^_^;)
常に客の食物を狙っていて、席の下に待機して隙を窺ってました。。

素敵なカフェなのに、惜しい。。
※カラスたちが客席のベンチの下に潜んで、客が食べ物から離れる瞬間を常に狙ってる、という。。(^_^;)

さすがにこれは緊張感溢れる事態で、せっかく落ち着ける素敵なカフェなのに勿体なかったです。。

対策をお考えいただくと有難いです。。。

いつ狙われるか判らないという攻防で(笑)とりあえず、さっと食べてすぐに離れる。。


で、そこからはまだ時間あるので、近所の「イオンモール熱田」へ移動。
かなり遠かった(30分近くかかりました)んですが、やはり大型商業施設に入るとほっとする。。
職業柄、というのもあるんですが、やはり大型商業施設ってそこを管理運営してる同業者への信頼が大きい。。

昼食食べて、徐に名古屋国際会議場へGO!
※ここから徒歩10分ほど。
リトグリ2日目公演へ!

★今回の写真

0

"Little Glee Monster Live Tour 2022 Journey"@名古屋国際会議場センチュリーホール 2days!  

先週は火曜日から名古屋入りし、水・木とリトグリ名古屋公演を堪能し、ガオラー仲間と飲み会をし、金曜に戻ってきました。。

例によって名古屋観光を少ししましたが、今回は何と言ってもリトグリ名古屋公演がめっちゃ良かった!

もう、めっちゃ楽しかった♪
サイコーでした!
https://twitter.com/LittleGleeMonst/status/1534559638154547200

特に初日。
2列目だと思って油断していったら1列目が空席。
え?え?えらいこっちゃー(>_<)と。

しかもかなり真ん中のブロックで、えげつなかったです。
あの至近距離で「魔法」かけられたらギャフンです。(笑)

いやもう、アサヒ真正面、あの至近距離からこっち観てグルグル!
あの魔法は効き目強すぎ!
ヤラレターっ!(>_<)

飲み会でも散々言ってたけど、ホント今回すごかった!
アサヒの「魔法」、かれんの万能感、そしてMAYUのメイン張った時の潜在能力の高さ!
えげつない。。。


6/7晩に、新曲リリース木ねん&かれん誕生会(かれんは6/8が誕生日)ということで、メンバーがライブ配信があったので、ホテルで観てました。。
https://youtu.be/kDr2FfFr-jE

前の幻の京都公演(笑)の時にグッズ(コーレスバルーンやらツアーTシャツやタオル)すでに買っていたので、当日は名古屋テレビ塔の屋外展望台(地上100m)なんかで心地よい風に吹かれながら景色を楽しんだりして、開場少し前にのんびりと現場着。

顔なじみに挨拶したり(「来るの遅いっ!」とか言われて(^_^;))手書き座席票とか(これ2日目には無かった)記入したりして、まったりと入場。

チケットは2列目ってことだったので、まぁどんな感じか着席してみたら……いや、めっちゃ近い★
どっひゃー★

んで、ソワソワしていたら……あれ?
いつまで経っても、最前列にお客さんが座らない。。。
え?
2列目のガオラー連中がざわつき出してスタッフに訊いたところ
「え?ああ、1列目は誰も座りませんよ」
えええーっ!

つーことは…2列目だけど実質1列目やん!
どっひゃー!!
最前列やん!

そういうのは事前に言ってくれよー。
心の準備がーっ(^o^;)

いつものキャレスの発表会くらいの位置から観ることに(笑)
しかも流れてるBGMが、インディーズ時代にリトグリがカバーしていた曲たちの原曲が延々と流れてて。。。

わーっと思ってるうちに開演っ!

-----

いやもう圧倒されて、楽しくてはしゃぎまくって、全然記憶が無い。(笑)


細かい感想はまたネタバレになるから後で書くと思いますが。。。
もうなにしろ、「目の前」でしたからね。。

前にも一度、大阪公演で最前列ドセンターというのが当たったんだけど、今回もえげつなかったです。。
★前回>http://f-hakaseslog.dreamlog.jp/archives/13727645.html

少し違うのは、前回は身構えていたので、ここはどうしようとかこうしようとか事前に考えていたこと。

前回は巻き込まれ感というか、一緒にステージ上にいて、一緒にステージを作ってるみたいな感じだった(前回は、座ったらヒザのすぐ前にステージ端があり、モニタースピカーがセットされてて、その僅か1m先にセンター位置がバビってて、そこで芹奈が歌ってた)んですが、今回はそれよりは少し離れてる(と言っても1席分だから2-3mくらい(^_^;))ので、少し客観的に観れたこと。(笑)

つまり完全に、「客」として楽しめた感がありました。
回りのガオラーの動きも視界に入ったので。(前は、メンバー以外は視界に入らなかった)

※↑上にリンクした、舞台から撮った動画観ても、最前列ってあれくらいに見えるのが良く判ります(^_^;)


今回、1列目が空席と知って、思わず確認したのが「カメラが入るのか?」てことでした。(笑)
1列目のところ、規制線を張っていて導線確保してたんで、まさかハンディのカメラ入るのか?と思った(あれが入ると前をウロチョロされて気が散る)のと、センター位置のGoプロを確認したんですが(笑)それが無かったので、無いなーと思いました。

場内アナウンスにも映像収録のことは触れてなかった(普通、収録ある場合は「写り込むのでご了承ください」が入る)けど、前回みたいに小型のFIXのみでスイッチング編集とかなら、まだあり得るけど。。。(^_^;)
※前回もアナウンス無かったけど。(^_^;)


ええーっと。
ネタバレしない程度に感想を。


旧曲の多くはバックビートのクラップ曲(要はシュープリームスみたいなモータウン系)が多いのがリトグリらしい。
逆に最近の曲はハウスっぽい曲が多く、クラップよりも重心の低いステップを踏みたくなる。。

「Your Name」のダンスは目の前で観ると凄まじい。
特にかれんの「動き」と「止め」のキチっとしたところ、三浦大知の振り付けで踊るのが嬉しくてしょうがない表情(特に「♪重ねたい思い」の3人が手が順にパッと伸びるところとか、かれんが後ろの二人の動きとタイミングを信頼してて、その完成された姿を思い描いて思わず笑みがこぼれてるところ)とか。
それをボクらガオラーの目の前で踊って見せることが嬉しくてしょうがない!って顔してる。(^_^;)
これこそが踊るリトグリ、略して「踊グリ」の真骨頂。
アサヒの歌い方も独特で、なんて表現力の幅が広いのか!と驚く。


某曲のコンボで、もうマスクの上から涙が垂れてぐしゃぐしゃになる。。。
と、ふと2-3m先の真正面(ステージ中央)のバンマス本間さんと目が合った。
こっちの涙ぐしゃぐしゃの顔見て、本間さん一瞬ニヤっと笑った。(^_^;)
……してやったり、という「心の中のガッツポーズ」が見えた(笑)
はいはい、もうやられましたよ!降参ですよ!
このコンボはアカンよ。。

楽器セットしてると思ったら「Come Alive」はかれん弾き語り+2人コーラスでという形で。
※これは配信でネタバレしてるので、敢えて書きます。
https://youtu.be/kDr2FfFr-jE?t=297

これ、確かに初日はかれんの独壇場で、かれんが全力で弾き語りしてて、それに2人が着いて行ってるみたいな感じだった。
この時のかれんは、まさにキャレス発表会で「Empire State of Mind」を弾き語りしてたのを思い起こさせた。
http://f-hakaseslog.dreamlog.jp/archives/13727050.html
http://f-hakaseslog.dreamlog.jp/archives/13726984.html
実は弾き語りに集中してて、お客さんの顔を観てなかったらしい。
なので2日目に「チャレンジ」した。

2日目は「古賀かれんの限りなきチャレンジ魂」を観た気がしました。。

演奏途中で止まった時、ん?何か機材トラブル?とか思って。
2回目も止まって、あれ?と思って。

「がんばれー」的な拍手もあったけど、自分は「いや、頑張るとかじゃなく、何かの機材トラブルかな」と思ってました。

すると急にアサヒがタタタッと袖に走って行ったので「ん?」と思ったら、何とアサヒは譜面を持って戻ってきた。

スタッフが譜面台を出し、その上にアサヒがバン!と譜面を広げた。
「これで大丈夫!大丈夫だよ、かれん!」とアサヒが言ってる気がした。

そこで初めて気が付いた。
「え?かれんて、暗譜で弾くつもりだったの?」と驚いた。

みんなガオラーは思ったと思うけど、この時のアサヒの咄嗟の行動には感動した。
ダメだと思った瞬間に身体が動いて仲間をフォローした。。。

そういや前にアサヒがダンスしようとして途中で挫けた時に、咄嗟にかれんが飛び出して続きのダンスを踊り切った時があったなーと思い出した。。

なぁ、観ろよ!これがオレたちの誇るリトグリメンバーの絆だぞ!

昔、養成スクール時代にも、すでにかれんは弾き語りやってた(当時からそのポテンシャルがあった)ので、今弾き語り出来ることにはそれほど驚かないんだけど。
でも今も「お客さんの表情が観たいから、暗譜でやりたい!」って。
※正確には「みんなの顔が観たいから音譜なしでやりたいと思って。。」とMCで。

いや、すごすぎるやろ。。(^_^;)
その動機もまたかれんらしいけど、昨日やってなかったことを今日、現場でチャレンジするって、凄すぎないか??

なあ、ガオラーのみんな!
我々は、こんな凄いアーチストを応援してるんだぞ!
誇りに思うべきだっ!p(≧◇≦)q

で、本人がリベンジしたいのは想像に難くないので、大阪公演頃までには、仕上げてくるやろなーと思う。
かれん頑張れ!


でもホンマ、「アスリート」の感覚に近いんだよね。
これ、ガオラー飲み会でも話題になってたけど、「負ける」「後退・撤退する」なんてハナから思ってなくて「どうやったら勝てるか?成功するか?」しか考えてない。
そこから逆算して方策を練ってる。
「やっぱり、トップアスリートの血を引いてるねー」と。(笑) 
ともかくポジティブに前向き。
素晴らしい!
大好きだぞっ!

で。
MAYU&アサヒが「何も観てないよな!」「うん、まだ曲始まってない……暗転から行きますかー」とのことで、ちゃんと暗転から再スタート。
ここでも、アサヒの芯の強さに助けられた。。

再開した「Come Alive」は、あまりにも素晴らしい。。。
ここは聴きどころなので、LIVE行く人は期待して欲しい!


「magic!」はいかにもリトグリらしい曲で、バックビートのクラップ曲。
「magic!」はシュープリームスの「恋はあせらず」みたいな曲という、「そのまんま」なオファーだったらしい。。(^_^;)

そしてもうこれ以上に無い盛り上がりでエンディング。。。
終ったあとはもう、脱力感。燃え尽きたー。
でも、また次も観たいーっ!(ここ需要)

いや、えげつなかった。。。
終ったあと、完全にノックアウトされた感じでギャフンですわー。。
※多くのガオラーさんの「余韻」写真に写り込んでまして、ほんまサーセン(^_^;)。ホンマにこの時「ギャフン」で、打ちのめされてましたー。



もちろん、終ってからはオッサンガオラー仲間と祝杯をあげてました。。

ほんまに。
サイコーのLIVEを楽しんで
喜びを分かち合える仲間と一緒に飲んで
サイコーに気分が良い!

嗚呼サイコーの人生!

リトグリありがとーっ!

PS.
終ってからの飲み会の名言。
今の両サイドは、日本代表の黄金時代の内田と長友両サイドバックと、吉田は吉田ポジションだ。
判り易い。。(笑)


0

★「シン・ウルトラマン」  

実は今日で二回目の観賞。
何と言っても、観終わってからいっぱい誰かと内容に関してお喋りしたいのに、ネットだとネタバレ禁止!なので一切発言できないというジレンマで。。。

わじわじしてる間に我慢できなくてももういっぺん観て来た次第。

ともかくオタクは全員観ろ!
何でもいいから観ろ!
理由は…観れば判る。

ネタてんこ盛り過ぎて、この作品をネタバレ禁止はエグ過ぎる!
しかもどう考えても、ネタバレせずに観る方が楽しいに決まってる!
オタクはみんな悶絶してるわなぁー。(^_^;)

頼むから観てくれ。



開始0秒からネタ満載で、「M八七」終わり(エンディング)までじっくり魅せる。。。
ほんまおもろいわ。

※結局、自分のmixi発言スレにしてる。(読んでる人はほぼ全員観てるので)
ユーザーはアラフィフ、アラ還ばっかりだからね。(笑)
しかも元々閉鎖的だったし。
情報統制はバッチリだー!
散々ネタバレトーク出来るぞ!



あ、「ウルトラマンなんて観たことない」って人ほど観てほしい。。。
オタクがなぜウルトラシリーズが好きか?判ってくれるはずだ。。

ウルトラマンまだ観たことない人に対してプレゼンするならちょうどいいかな?
シン・ゴジラがそうであるように。
これ観たら、なんでオレたちがウルトラマンが好きなのか?判ってもらえると思う。

もちろんエヴァファンは必見(これは当たり前)
怪獣映画ファンも必見(当たり前だ)

予想通り「シン・ゴジラ」っぽくてそれはそれ。
いやむしろ思ったよりウルトラマンで良かったのかな ?大丈夫かな?と思ってしまう。。。(^_^;)

でもほんと、「シン・ゴジラ」面白いけど、唯一気になったのは会議シーンが多くてバトルシーンが少なかったからで。
それを今作は、たっぷりやってくれるからホントに「怪獣映画観た〜っ」って満腹感あるよねー♪
※だからチビっこファンにはウケる要素いっぱい!これは保障できる!ファミリーには是非!

前日に「予習」として「シンゴジラ」観たのは正解だったかな。

ウルトラマンを怪獣映画ってだけでなく、SFとしても観れるし、スーパーヒーローものとしても楽しめる。
シン・ゴジラやエヴァのファンも楽しめそう。

だからちょうどいい感じでしたね。
これならウルトラマンに免疫無い人でも勧められる。。
ウルトラマン(ウルトラシリーズ)の「SFとしての面白さ」をちゃんと表現できてる。
これでウルトラマンシリーズのことを「たかが怪獣映画やん」と思ってる人を倒せる。(笑)


よく言われてるように、免疫無い人(笑)はまずワクチンとして(笑)「シン・ゴジラ」観ておいた方がいいかな、と。
これはオススメ。

んで「もっとウルトラマン観たくなった!」って人は、まぁ「ウルトラマンZ」(=コアファン向け)か「ウルトラマンX」(=一般的)を勧めておけば。。
または作品の間口が広い「ウルトラマンマックス」。
(当時の満島ひかりが可愛い)

そのうち「ウルトラマンメビウス」にも手を出してくれるし、そうなりゃもう。。。(シメシメ)

あ、もちろん原典である旧作「ウルトラマン」は必見。
※多分、今作からウルトラマンファンになった人は驚くと思う。。

メフィラスとザラブ星人が気に入った人は「ウルトラ怪獣散歩」がオススメ!(していいのか?)(笑)

もちろんネタ満載の脚本やデザイン、演出もだけど、何より演技陣が素晴らしいので、そこはじっくり観れる。。


あ、今日観た二回目の感想。

2回目の方がじっくりと楽しめるね♪
感動しました★
最後の「M八七」は噛み締めるように聴いた…
初見の時は驚きの連続であっという間だったから、展開が判ってる方が楽しめました♪

デザインワークス本(言わば今作の図録)買えました★
良かった〜!
※この本、封切り直後に爆発的に売れてすぐ品切れになり、増刷掛かってようやく最近劇場売店に並びました。初見の時は売り切れてました。。。

この映画、シニア割引き1200円は安い★(??)
自分は今作で初めて「シニア割引」使いました!
そのシニア作戦第一号が「シン・ウルトラマン」だったのは嬉しい限り!(>_<)
シニア割引ならもう何回か観たいと思うよね☆
ほんま有難い!


PS.
初見の時、観終わってすぐに一人で祝杯をあげてました★
素晴らしい映画に乾杯っ!

ビール飲みながらノートPC広げて感想打ってたらビール1本空く前にバッテリーが落ちた…(>_<)
こいつウルトラマン並みに長持ちしないな…(^_^;)
0

この一週間。  

この一週間。
色んな事がありました。

先週日曜。
久しぶりに実家に戻ったんだが、目的は自治会の会費を払うため。
払いに行ったら、班長さんが中学の頃の同級生で。
「あ、中学一緒だったよねー」って話で「懐かしいなー」と。
以下(FB「友達」のみ閲覧可)>https://www.facebook.com/f.hakase/posts/1412584799183139

そして翌5/9(月)。
この日は再び「庵野秀明展」@あべのハルカスへ。
この日は休館日だったんだけど特別観覧の日でした。
目録付き、ってことで当時の仲間10人くらいが集まって入場。

同じ大学SF研の仲間が「DAICON4」のTシャツ着てて「当時の!」と言ってて「うわぁ、まだ入るんやー」と驚いてたという。(笑)
みんなでワイワイ言いながらゆっくり回って、目録やトートバッグを貰いました。。
楽しかった〜♪

展示観ながら当時の裏話をワイワイ言いながら回りました!
最初のコーナーのプロップ観ながら
「モノがキレイ過ぎるのはリペアしてそうだけど、どこまでがリペアなのか?当時のままなのか?完全復元品なのか?そこはキャプションに書いて欲しかったなあー」
とかマニアックな話題で。(笑)

「このラビットパンダとジャンカーZは当時モノに間違いないと思う。樹脂製のタイヤ部分がまず最初にヘタるから。この傷み具合やとホンモノやね」
「ああー、確かにミニカーとか超合金とかタイヤが痛むもんねえ。あ、これ爆着の跡があるから撮影に使ったやつやね」
「なんか有名なコレクターの方から貸してもらってるらしいよ」
「このスペクトルマン飛び人形、なんか木造の観音菩薩像感あるなあ」
「出来悪いなあー」
「どうせ飛び人形なんて一瞬しか映らへんし、適当なんだろうなあ」
「ジャンボーグAの面はリペアっぽいけどジャンボーグ9は当時っぽいな」
「このガンダムの原画サインって、安彦さんの?」
「キャプションに書いてないなあー」
「ナカムライダーのスチルって合成用素材として35ミリで紙焼きしたやつかな?」
「色落ちの具合からして多分当時の合成用素材やろねー」
「紙焼きして合成したやつをコマ撮りするからね」
「……しかし、八つ裂き光輪好きやなぁ、庵野さん。。。」
まぁアクション大きくてカッコイイからなあ。。

版権がややこしいからどうだとか、前日にK村氏が「見どころはここっ!」って言ってたのを観たりとか。
庵野さんが描いた阪大SF研ののカレンダーって、誰が判るねん!という。。(^_^;)
十三のマンションを追い出された(笑)庵野さんが、しばらく当時阪大SF研の人んちに転がり込んでいたので(そこでマクロスの原画描いてたらしい(笑))お礼として阪大SF研が学祭で売り出すカレンダーの原画を描いた、という経緯で。
誰が残してたか知らんが、よく残ってたなあーと。

DC4OPAの樹木のシーン、森ノ宮のスタジオ近くで、庵野さんが立木の枝を引っ張って弾いてるので何してるんかな?と思ったら「コレや!」と叫んでた。。。
のがそのシーンの動きに活かされた、とか(これは一緒に回ってた仲間から聞いた)(笑)

庵野さんが嬉しそうな顔で「帰ってきたウルトラマン」のメカを前にして写ってる写真見て、仲間連中は
「あー、これ森ノ宮の『縫製会館』の屋上だよねー」
「うん、毎晩あそこで寝てたー」
と。(笑)
当時室内のイスは原画スタッフとかが先に寝ていたので、我々深夜まで彩色していた「一兵卒」は、クタクタになって屋上に上がってその辺のコンパネを敷いて寝てました。(笑)
みんな若いし、真夏だったので、それでも全然大丈夫で、翌朝元気に制作作業してました。。。

前の時はお客さんが多くて全然観れなかったエヴァンゲリオン関連もゆっくり観れました。









そういうと今日はラストの3体の展示、後ろからも撮影OKだった。。
前はそうだっけ?とみんな言いながらウハウハしながらシン仮面ライダーとシンゴジラのバックショットを撮影してました。
特にシンゴジラのバックショットは迫力ありました!

終わってからの宴会で、みんなで言ってたのが「△マークさんはアカンのよな」という話。
庵野さんが噛んでる「シン仮面ライダー」だけはOKだけど、あとは全部NGだったので。
色々版権関係がややこしいのよなー。(^_^;)

ゼネプロ関連の展示は撮影NGだったので、それで誰の何が展示されてかどうか?の確認が取れなかった、という話で。
「これ〇〇さんが送ったやつらしいから、〇〇さんの汗が付いてるよねえ」(笑)とか、かなり身内の話題で。

帰ってから開いてみた「目録」だけど、これがとてつもない「重量物」で(笑)
トートバッグ付きだったんだけど、そりゃ専用バッグが無いと持って帰れないような代物でした。(東京展ではまだ無かったらしい)
いや、展示内容の「平面」に関しては完全に網羅されてるので、これで充分かな、と。
立体物や撮影禁止だった分(映像展示や印刷物)は現物観た方がいいと思いますが。

当日宴会終わりで帰宅。
翌日はともかく写真の処理を優先。
なんとかアップロードだけは済ませました。
なんで急いだかっていうと、その翌日5/11(水)は、あのリトグリのLIVEツアー京都公演があったので。

★写真LIST
http://photozou.jp/photo/list/134246/9492211
夜中になってようやく前日録画してたリトグリの出演のTBS「CDTVライブ!ライブ!」を観賞。

一言で言えば
かっこええーっ!(>o<)
こういうユニットを求めてたんや!
安室奈美恵が揃ってるユニットってことでOKですか?
SPEEDが成しえなかった境地に今、あのリトグリが行き着こうとしている!
あれだけの歌を歌いながら、きちんと踊れるユニット!
今更「リトグリが踊る!」とか言われてるけど。いやデビュー前からそうだから!(>_<)
でもホント。リトグリを好きになったのは、ただコーラスグループってだけでなく、ちゃんと踊れる!要素があったから。

でもホントこれ。
ガオラーはみんなLIVEでガンガン踊ってるメンバーをよく知ってるからさほど驚かないけど、知らない人が見たら衝撃なんでは?(^_^;)

そおなんです!
リトグリは「踊る」んです!
しかもあれだけ「歌える」んです。
だからMONSTERの名前は伊達ではないんです!
BRIGHTがダンス封印してデビューしたのに対して、最初から踊ることをきっちりしてて、インディーズ時代から、LIVEではちゃんと踊っていたから。
http://f-hakaseslog.dreamlog.jp/archives/2014-04.html

いや、あの。
3人でツアー回ると言う決断はさすがに驚いたけど、「行けるんじゃないか?」という期待がある。
ピンチは最大のチャンス、という言葉を信じたい。
https://natalie.mu/music/news/469642
今はFWの全てを欠いた状態で、DFと両サイドだけでの「キルプレー」状態。。。
これでも戦い続けることを選択したんだから、応援するしかない。。。

でも、この素晴らしい内容。
それでも挑戦する!というメンバーの気概は充分に伝わって来てますし、ちゃんとしたLIVEの質を保証してくれているのは伝わってくるので、ガオラーとしてはLIVEを楽しみにしているだけ♪

そのツアーの関西初公演が5/11(水)@京都ロームシアター
「踊るリトグリ」を生で観られる!と、かなり期待して京都入りしました!

三条から歩いている途中で、名古屋のオリオンさんと合流。
そう、横浜アリーナ公演で隣の席で意気投合したガオラー仲間です!
お久しぶり!
とワイワイ言いながら会場へ。

まず階段の物販列に並んで。
あ、おーいっ!(^O^)/
物販終ったガオラー仲間がテラス側にいたので大きく手を振って。
物販は取り敢えずツアーTシャツ、タオル、コーレスバルーンなどを購入。
満足。。
バルーンの空気も入れてもらいました。

テラスにいた仲間と合流。
久しぶりに会ったガオラー仲間とワイワイと気分も高まり、17:00だし、整列も始まる頃だしそろそろツアーTシャツ着換えるか?と順番にトイレで着換えて現場に戻る。。。と。
何やらアナウンスが。
そろそろ物販終了と入場整列のアナウンスかと思いきや。。。

「メンバーのMAYUが、発熱があり医療機関にてPCR検査を受けた結果、本日、新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。
健康状態の経過観察を行うとともに、医療機関指導の下、治療に専念してまいります。
それに伴い、
2022/5/11(水)ロームシアター京都 メインホール
の開催を延期させていただきます。」
https://www.littlegleemonster.com/info/archive/?540892
https://mdpr.jp/news/detail/3148647
あー。。。。
そっか。
それはしゃあない。。。(^_^;)
いやもう一瞬脱力しましましたが、これはもう不可抗力の事態で、どうもこうも。。。

もう目の前の仲間連中にすぐ言いました。
さぁ今から飲むぞーっ! P(^O^)
いや、ヤケというよりはもう延期決まった以上はどうしようもないし、物販やら仲間との再会という大きな目標も果たせているので(笑)
※なんせLIVEの楽しみは、LIVE自身が4割でガオラー飲み会が6割なんで(笑)

つーことで素早くポジティブに切り替えて(笑)オッサンガオラー仲間はみんなでワイワイ言いながら、三条に向って、前向いて歩き出しました。。
だって、そりゃ、迷ったりクヨクヨしたり凹んだりって時間の無駄やん!
人生は一度きり!
そんなに長くないんだから、すぐ切り替えて楽しまなくちゃ時間の無駄づかい!

いやもう。だって。
今どき、コロナなんて誰でも罹る。(ボクも罹った)
誰が悪いとも思わない。しょーがねえなー。と
ああ、踊るリトグリを生で観たかったなーと。
それはあるけど。
いやほんと、誰が悪いわけでもない。。

んで。
現場で感じたんだけど
うん。
現場スタッフはすごくきっちりやってくれたと思う。。

ちょうど物販終わりで、これから開場するための整列するタイミングでの発表でした。
遅いとも思わないし、入場する者全員が現場にいるタイミングだったので、最善だったと思います。
みんな買い物は済ませていました。
だからこういうタイミングで発表してくれた運営には敬意を感じます。

誰も悪くない。。。
うん。
誰も悪くない!
判断と発表は最善だったと思います。
ありがとう!

それよりMAYUの病状が心配だよねーとか、他の二人やバンドメンバーも「濃厚接触者」なんだし大丈夫かなーとか。
あー、これで九州2公演はダメだなーとか言いながら飲み屋街に向い
「あ、ちょうどええ時間や」「いっぱい飲めるでー」と(笑)

ただちに発表有りました
https://www.littlegleemonster.com/info/archive/?540904
https://www.littlegleemonster.com/info/archive/?540932

結局、久しぶりの顔ぶれで二次会まで飲んで気分良く帰宅しました〜。

うるせーわ!ばかやろー!
ガオラーはこんな程度の試練には負けへんわ!
俺たちガオラーは、みんなでこれを乗り越えて往くんだーっ!

みんなで言ってたんだけど。
「京都ロームシアター」って次の予定を抑えるの難しいよねーってことで。
あ、ならツアーのラストが後ろに伸びるってことで。
多分、半年以上は先になるんじゃね?っと。
京都再演が決まったら、より完成されたLIVEが観れるよね!
らっきーっ!(>o<)
と。
ひょっとしたら「4人編成」になってるかも知れない。あり得るんですよねー。
それならメッチャラッキーっ!(>_<)

で。
二日酔いの一日を経て。(笑)

日付け変わって、5/13はアサヒの誕生日かー。
陰性とはいえ、濃厚接触者なんだし自宅にて自主隔離かな?
まぁ、これまでみんな頑張ってきたんだから、ちょっとくらい休んでもいいと思うよ。。
ガオラーはみんな、メンバーのこと大好きだよ!

とか色々みんなで呟いて「TLが黄ばんでる」と、いつしか「#あさちゃん誕生祭2022」が、世界トレンド一位って。。(^_^;)
https://twitter.com/favbothit/status/1524781507436589057
翌日にはインスタLIVEもやってくれたので楽しかったです♪
https://www.instagram.com/p/Cdfsqhhha5n/
アサヒが楽しそうに笑ってる映像みてたら、なんぼでも酒が飲めるわー。


PS.
「シン・ウルトラマン」封切られました。

ネタバレ一切しないで観た方がいいとのこと。

もう辛抱できずに月曜の劇場予約入れました。。。

んで、封切り日はまだ観れなくて悔しいから(笑)、録画してたこれ観てました。

「ウルトラマン」の脚本家・上原正三氏原作の上原氏と故・金城哲夫氏の物語。

昼間「ちむどんどん」今週終わりまで観て、晩はこれ。
なんかずっと沖縄方言のドラマ観てる、という…(^_^;)

あきさみよー。

お気に入りのジョッキでビール飲みながら観ていたら、あ!インタビュー受けてるウルトラマンの満田かずほ監督が、同じジョッキで飲んでる!
「ジャミラドライ」ってジョッキです。
ウルトラマンショップで売ってます。
https://www.m78-online.net/products/detail.php?product_id=6038


で。
もう我慢ならなくて。。
「シン・ウルトラマン」
月曜日の劇場予約完了っ!(>_<)


0

「庵野秀明展」@あべのハルカス  

ということで。
無事、コロナから生還して無敵となった(笑)ワケですが。

5/1(日)ようやく、あべのハルカスで開催中の「庵野秀明展」に行くことが出来ました。

この日は、DCF(とうか当時の近大SF研)連中が集まるというのでご一緒させていただいた所存。
DCF関係者ということで、K村氏のご厚意で招待者扱い。。

エントランスに行くとジジィの集団が。
よく顔見ると、おおっお久しぶり!と。

もうなんか、戦跡に集まった退役軍人会みたいな感じで(笑)

全員集まったの確認してぞろぞろと入場。
音声ガイドを手にして、いざ展示会へ。


一応写真撮影はOKなんですが、部分的にNGの場所がありまして、そこはNGのサインがあります。
※あるいは気付かずに撮影してたら係員が飛んできて注意してくれます(笑)

開催前の内覧会で入った友達からは「どこが撮影OKでどこが撮影NGか判りにくい」って聞いていたけど、確かにそうで。。。

基本的に映像展示と印刷物はNG。
造形やコンテ・資料に関してはDAICON FILM・GAINAX・カラーはもちろんOKで、あと円谷・東宝・PプロもOKだけど東映がアカンみたいで、同じように並んでるけどウルトラマンはOKで仮面ライダーはNGでした。
ややこしい。。。(^_^;)
※ただし「シン仮面ライダー」は庵野さんだからOKでした。。。

最初の展示物「庵野家のミシン」。(笑)


最初のコーナーは「庵野秀明を形作ったもの」。

「帰ってきたウルトラマン」飛び人形のお出迎え。電柱。「モスラ」東京タワー(復元)。

これは自分自身を形作ったのと同じなので、やたら心躍る。
円谷・東宝・Pプロなどの特撮作品の撮影プロップ・ミニチュアがわんさか並んでるさまはサイコーです。



我々特撮ヲタには取っては「国宝級」ばっかりで、堪らんもんがあります。。

「海底軍艦」轟天号と「惑星大戦争」宇宙轟天。
※これは前にもっと大きなの観たことある。

今回、特撮造形・監督の原口氏がプロップの修復監修をやったそうで、当時のプロップを精密に復元・修復されてました。
「マイティジャック」のでっかいピブリダーとか感涙ものです。

マグマ大使のロケット体形。そして「ウルトラマン」科特隊ジェットビートル。
※ビートルは円谷関係の展示ではよく出てくる。いつの撮影に使われたものか判らんけど。




自分のリアルタイムでのウルトラマンは「帰ってきた〜」だったので、MATメカは堪りません。。

あの絶妙なリアル感がホントに好きです。
アローはまだしも、このジャイロのリアリティ(オスプレイMV-22と同じティルトローター・可変式のダクテッドファン機で、複数で作戦行動する)はシビれます!
対怪獣攻撃チームとしてのリアリティが凄いです!


海外の特撮関係はほとんど無かったんだけど、唯一「サンダーバード55/GOGO」に使ったTB1号が来てました。
樋口さんの講演会でTBの監督が「あ〜プロップ、昨日、日本に送りましたよ」って言ってたやつだな。。>https://youtu.be/KMSxR8w5aOE?t=3554
※昔、自分たちのイベントで展示してたのは銀座・天賞堂のでしたけど。

当時のものの復元なんだけど、胴体のUの文字のところの二重線が太いのがこのプロップの特徴。
当時のバンクシーンのプロップはこの線が細いので、新作ではそこで見分けられる。。

ウルトラホークの後ろになんか貼ってあるなーと思ったら怪獣絵師・開田裕治氏による図面が引き伸ばして貼ってました。
芸が細かい。。。
でかいウルトラホーク1号は平成セブンの、かな?

MATジャイロとかスカイハイヤーとかバッカス3世号とかがずらっと並んでるのは悶絶しそうになります。。。
※エヴァのコンテとかは前にも観たからどーでもいいんだが(暴論)


「ウルトラマンT(タロウ)」ZATコンドル、ラビットパンダ。
すぐ横に「ウルトラマン80」のスカイハイヤーが並んでるのが笑える。
いや、世界観かなり違うから。。。(^_^;)


「スターウルフ」バッカス3世号。



随分年季の入った「帰ウル」スーツだなと思ったら、撮影後半で散々な目に遭った実物らしい。(笑)
アトラク用の年季の入り方とはまた違う感じで。
※円谷系イベントでの展示だと新品同様の復元スーツが展示されるのが、ここの展示主旨と違うところ。

ガラスケースの向こうに立ってる姿は国宝の仏像感いっぱい。(笑)

各スーツの面。国宝・伎楽面みたいな並び方で。。
セブン・ミラーマンはともかく、スペクトルマンとかジャンボーグA・ジャンボーグ9が並んでるのはマニアック。
Pプロのはマスクの分割ライン位置が随分違うなあー。

ジャンカーZって意外と出来が悪い。(笑)
というか、あれはオープニングで走ってる実車が可愛いんだけどね。

でーんと飾ってるS村さんジェットジャガー飛び人形までで撮影可能エリア終了。

この通路の反対側には当時庵野さんが読んでた(つまり、ボクら世代が読んでた)マンガやら怪獣図鑑やらが展示してますが、これは撮影NG。
巨匠のマンガ関係などは再版されてるからそれほど貴重ではないけど。。

ここの印刷物関連ではこそっと「空中都市008」の絵本があったんだけど、あれはものすごく貴重だと思うぞ。
……価値の分かる人は少ないと思うけど(笑)
映像展示のマルチ画面でもこそっと008の映像があって、おおっと思ったけどすぐ判る人は少なそうだなあ。。

ナディアの関係があるからNHKは版権OKだったのかな。
終ってからの宴会でも「008って映像残ってないんだよねえ」って話題が。。
※小松左京原作のSF人形劇。1969年NHK制作。音楽は冨田勲。ビデオで制作されたため、マスターテープは保存されておらず、映像作品としては全く失われた。フィルム制作だったお正月SPだけが現存している。

庵野さんの中学・高校生時代の同人誌やスケッチブックなどの展示。

マルチ画面(宇宙戦艦ヤマトなど)のあと、順番的にはずれてるけどダイコンフィルム版「帰ってきたウルトラマン」。
恐らく特撮というくくりのため。



この辺りからは一緒に作ってました。。
※DAICON FILMのメンバーだったので。

「帰ってきたウルトラマン」(DCF版)
映像展示として大きなスクリーンでダイジェスト版が映されてます。
よく観てたら「あれっ?」(^_^;)

現在上映してるやつは、8ミリフィルムの原盤から8K映像にデジタライズしたやつだそうで、映像文化財修復の専門機関でノイズを全て取り除いて「修復」したものだそうです。

だから、もともとの当時見慣れていた8ミリ版よりもはるかに高解像、高精度になっていました。。

8ミリの解像度ならそこまでいらんのに(笑)ミニチュアとかみんな凝ったの作ってたから8Kでもミニチュアの細部がちゃんと映ってる(笑)

しかし……自分たちの作った「帰ってきたウルトラマン」が、でかいスクリーンで上映されてて、それを仲間内じゃなくたくさんの一般のお客さんが見入ってるのは不思議な感覚でした…

絵コンテの展示。
よく見たら東映動画のコンテ用紙。(笑)
これは梅新の「ペロ」に売ってたやつだなー。

MATの制服。撮影当時のもの。
これ、庵野さんが発掘してきたらしいけど、あれ完成して到着した日に「お前体格近いから着てみろ」と言われてボクが最初に袖通したやつじゃないかなあー。(笑)
ガラスケースに展示されてましたが。。。

よく見ると肩に「DC3」と「DDO」の赤いワッペンが貼ってある(笑)。
「DC3」はDAICON3。
「DDO」はDAICON DEVELOPMENT ORGANISATIONのことで、「ダイコン星系第4植民惑星開発機構」のこと。
MATとは無関係のハズ。。。

そして撮影時に使ったマットアロー1号プロップの現物(小さい方)。
これ、さすがによく壊れてます。(というか、よく残ってたなあ)
ボール紙製なんで、水分含んでブヤブヤになってたはずだけど。

続いて復元されたMATジャイロとMATアロー1号。(DCF版)


これは当時と同じ作り方で、当時作った造形師・三枝徹氏が完全復元したもの。
※公開前日の内覧会では本人が横に並んで記念撮影してたそうです。

そして庵野さんが芸大1回生の時に課題で制作したアニメ「じょうぶなタイヤ」。
多分、課題はCM用のショートフィルムとかじゃなかったかな?
だから「じょうぶなタイヤ」という商品のCMになってる、という。。

当時DAICON FILMの上映会なんかでオマケで上映してました。
DC3OPAの商品版にもオマケで収録されてたかな?
※DC4OPAのオマケは「怪傑のーてんき」だったかな?忘れた。。(^_^;) 多分実家にβ版のがあるはずだが。。

そして、DAICON3オープニングアニメ。


この辺(DAICON FILM・ゼネプロ関連)の展示、開催前に制作のK村氏が昔の仲間連中に声掛けて「家に何か残ってたら送ってくれ。展示するから」と連絡回していたもの。

つい最近も、仲間内の家の天井裏から(笑)大判のパワードスーツの原画が発見されたので、そのうちの巡回展では展示されるかも知れない。。

DC3OPAのセル。よく見て欲しい。
タップ穴(撮影時にセルを固定するための穴)が2つしかない。
これは、プロ仕様のアニメ用セルを使っていない自家製であるため。

余談だけど、当時「DC3OPAのセルの実物!」として高値で売られていたのはタップ穴がちゃんと3つあるニセモノだったという笑い話が。。
実物はあんなにちゃんとしてない、と仲間内で笑ってた。。

パワードスーツ(装甲強化服)はハインライン著「宇宙の戦士」に登場するもので、オリジナルデザインは「スタジオぬえ」。
だからOPAの絵柄を商品化する際には「スタジオぬえ」の版権承諾が必要となる。

そしてDAICON4オープニングアニメ。



もうこれは自分にとっての「青春」そのもの。

解説にあるように、200人を超えるスタッフを動員し、人海戦術で何カ月もかかって制作されたもの。
(自分もそうでしたが(笑))関西の各大学のSF研の学生メンバーが赤紙招集され(笑)、スタジオ(森ノ宮のにあるビルのフロアを借りていた)に缶詰になって数か月の徹夜(24時間体勢)を繰り返して制作されました。

DAICONC4のセル展示みてて仲間内がぼそっと「あれ、オレ塗ったやつかなー」(^_^;)とか。。。

造山運動シーンのセル。
これ笑った。

自分がDC4進行班映像制作部隊で外ロケしてスタジオに帰って(晩は徹夜で彩色作業に戻る)きたら、同じ大学のSF研同級生のY田クン(特殊合成スチル制作班)が「今日は一日中『造山運動』のセル塗りばっかりで飽きたー。ぶっ壊れるビルの破片が灰色ばっかりで、造山運動は土色ばっかりで、塗ってても面白くないっ!」と言ってた(笑)

おい!キミの塗ってたセルは今、ガラスケースに入って展示されてるぞ!(笑)
何万人ものお客さんが関心して眺めてるぞ!
※原画はTシャツ商品にもなってました(笑)

Y田クンの娘さんは確かオタクとして順調に成長し(笑)、萌え系デザイナーとして仕事してるはずだ。。
キミのパパは凄いオタクだったんだぞ!
誇れよ娘っ!

※ちなみに、「瓦解するビル」や「造山運動」は塗るのが面白くないので(笑)、前の晩に「剣に乗って宙を舞うバニーガール」の華やかなセルは、ほとんど自分が塗ってました。(毎晩徹夜作業してるものの特権)…だって、色数少ないし、塗り易かったもん(笑) その後、塗り直されたらしいですが、少なくとも発表当日のセルは自分が塗ったものでした。。

展示では、この後の庵野さんの後跡を辿るんですが、自分たちはDCFの作品制作に関わってました。。

音声ガイドの「DAICON FILMのメンバーが…」とか説明を聞いてると、何だか恥ずかしい(笑)

……えーと、実はこの辺から自分は離れて行ってるので、少し適当に見て回ってます。(笑)


「王立宇宙軍」関連。
アイデアメモなど。
M濱(大学SF研の後輩)が上京した頃だなー。
自分はすでに卒業して就職してたので、この時期はまるで噛んでない。。

ちなみに「オネアミスの翼」は上が勝手に付けたタイトルで、本編にはどこにも表示されていない。
あくまで「王立宇宙軍」。


「トップをねらえ!」関連。
宇宙戦艦エクセリオンのラフ、機動兵器バスターマシンのバーニアパターン設定画。

「トップにオリジナル無し!」が制作の合言葉だったと、当時M濱が言ってたなあ。(笑)
つまり、全てがオマージュ・パロディである(必ず原典がある)との意味。



「ふしぎの海のナディア」関連。
OP絵コンテ、潜水艦ノーチラス号設定画、万能宇宙艦N-ノーチラス号設定画など。

写真にはないが、シリーズ全てのシナリオが展示してあるけど「H.ANNO」のサインが一部分には入ってない(笑)
なぜか?は、判る人には判る。


そして、「新世紀エヴァンゲリオン」。

OPの絵コンテ。
エヴァの初期設定ラフ。紆余曲折を経てあのデザインになったらしい。
面白いのは一番最初のイメージスケッチに書いてるメモ。
「鬼のイメージ。人型である。目は2つ以上」「ろっ骨と腹のへこんだ感じよろしく」「体のキン肉や骨格を象徴するような外格とライン。」「チョイネコ背で手足が長い。」……
なるほどなー。

色んな検討スケッチの中にはもっとロボットっぽいのもある。バスターマシンとかオーラバトラーみたいな感じ。
これなら、作品の全体イメージも変っていただろうなあー。

有名な各話サブタイトル。
これ、同期のK村氏が当時GAINAXにあったDTP機で作ってたそうです。
毎回、庵野さんからリテイク喰らって(笑)何度も修正しながら作ったそうで。。。(^_^;)

内覧会の日、昔の仲間連中はみんなお喋りばっかりに夢中で、この展示、素通りしていったので「もっと、ちゃんと観てくれー」と(笑)

「日本沈没」のプロップ、「巨神兵東京に現る」の巨神兵の頭。

この辺りに展示してたんだけど「美少女戦士セーラームーンS」のセーラーウラヌス・ネプチューンの変身シーンって庵野さんだったんだー。

そして「シン・ゴジラ」。




初期のメモにも「増殖形態」の記述がありますね。。
ラストに、尻尾から生えかかってたあの人型のやつですねー。

遺伝子構造を解析した折り紙も展示されてます。

「ヤシオリ作戦」のメモ。これも面白いですね。
「第〇波→放射しつづける(G)」とか。
新幹線爆弾はこの時のメモにはすでにありますねー。

シン・ゴジラって、ひょっとしたらその時代に最も強い生物に擬態するのかも知れないですね。
恐竜が一番強かった時代の姿で現れたのに、現代ではヒトが一番強い。だからヒトの姿に擬態する。。。

そして「シン・エヴァンゲリオン劇場版」。


えーと、私シンエヴァ観てません。(笑)
……なんて薄情な。。(^_^;)
いや、劇場で2時間半と言うのを聞いて尻込みしているうちに上映終了してたので(笑)

作画アングル検討用の模型など。
NHKの番組でも巨大なミニチュアセットを作ってそこにカメラ入れて作画アングルを検討してましたが……いや、要は庵野さんて「特撮が撮りたい」だけなんでわ?(^_^;)

あれ観てても「あー、庵野さんこれ作りたかったんやな」と思うんですが。。。

「ケンスケの家・検討用ミニチュア」は建機のアームが林立しててカッコ良かったです(そこか?)

そしてラストの「庵野さんのこれから作るもの」。
正確にはこれから公開されるもの、ですが。

「シン・ウルトラマン」「シン仮面ライダー」。

公開前と言うことでネタばれになってしまうので、予告編が流れていたりポスターだったりと、展示物は少な目。

ウルトラマンは成田亨氏の「真実と正義と美の化身」、若干の小道具類。

なんかキャラのぬいぐるみみたいなのも展示してましたが今見ても何か判らない。(笑)

ただ「シン・ウルトラマン」はもうすぐ公開なので、開催期間中に展示物が増えるのかも?
現に主題歌「M八七」を歌った米津玄師氏の描いたウルトラマンが追加展示されてました。。
※このコーナー、空きスペースが多くスカスカでしたからねー。

……いや、仲間内の宴会で話していたのは庵野さんの受賞した「紫綬褒章」も追加で展示されるんじゃないか?と。
庵野さんが「見てくれ!えっほん!」とやってる写真付きで。。


一応「シン」シリーズはこれで終わりと聞いてますが、「シン・マイティジャック」とかやって欲しいなあ。。現代の最新特撮技術を駆使したマイティなメカ描写、イケメン俳優(ライダーや戦隊で鍛えた連中)によるハードなアクション、サスペンスフルなスパイストーリー。世界経済の崩壊と支配をたくらむ秘密組織「unkown-Q」と、それを阻むMJ。超兵器対超兵器!……とか、なんか胸がわくわくするけどなあ。。


シン仮面ライダー、最初のメモがホントに子供の頃誰しもが書いた「ボクがかんがえた仮面ライダー」の落書きみたいで。(^_^;)

それがホンモノになっちゃうんだから、そりゃ嬉しいよね。

ヘルメット部分の細かいライン修正。
これ面白いなと思ったのは、庵野さんはマスクの口、キバの部分に細かく修正を入れていたこと。
言われてみれば、シンのマスクってキバの部分が野性味ある。
横から観たらよく判ります。

そお言えば、仮面ライダーって初回本放映観た時、結構不気味だったよなあーと。
昆虫モチーフってことで、顔は怖かった印象がある。。
月曜に小学校でみんなと話してて「なんか気味悪いヒーローものが始まったぞ」という話題で。

そしてラスト。


「感謝、そして報恩」というコーナー。
ATACの活動など。

アニメや特撮の文化を後世に継承する。。。
自分たちが受け取った「大事な宝物」を、次の世代へとバトンを渡してゆきたい、という想い。。

ある意味、これはDAICON3-OPA-のテーマそのものですねー。
科特隊から受け取ったコップの水を大事に大事に運び、あらゆる障害を乗り越えて「しなびたもの」に水をやる、と途端に元気になり、未来へ!大宇宙へ!と羽ばたく。

まさにその「コップの水」が、この展示会なのかも知れませんね。

物販ではかなり大量の商品がありましたが、思わず散財。。(^_^;)
まぁ売り上げはATACに入ると思うから、「後世への文化継承」に使われるなら、それはそれでいいや。

シンウルトラマンやシン仮面ライダーだのの商品なんて、今後も続々と出てくるだろうから一切無視。(笑)

DAICON4関連のグッズなんて二度と出ないかも知れないし(関係者だし)たくさん買いました。
このトートバッグ、昔ゼネプロ製の良く似たんも使ってたなあ。(笑)
40年ほど前か。。。

昔の仲間の意見「オレらは関係者割引制度は無いのかーっ!」
まぁチケット貰ってる以上、多めに買い物しました。。(^_^;)

終ったあとは、仲間内で宴会!
←これ、仲間の一人が配ってました(笑)

いやこれ、(c)貰って物販で売ったら儲かるかも知れんで。(笑)


結局2時間見て回っても足りない内容でしたー。(^_^;)
なので再入場するつもりです。。

……連休中はかなり混んでそうなので、連休明けの平日が空いてそうです。
まぁ、6月まで期間があるので、それほど急ぎませんが。。。

エヴァのあたりはよく判らんので(笑)すっ飛ばして観てましたが、多分好きな人には堪らん展示だと思います。。多分。

自分たちの関わった作品がガラスケースに入って展示されてるのはこそばゆい感じでした(笑)


PS.
ウルトラマン特集ということで「pen」誌買いました。
まだ読んでない(笑)これから読むんですが、かなりのページを割いてますね。


0

オミクロン発症。  

今は元気です。
ご心配おかけしました。。。

そおなんです。
コロナ発症してました。。。

ようやく自主隔離期間も明けたので少しづつやり残していたことを片付けてます。
昨日は自転車置き場の定期契約の更新。
リトグリLIVEツアーチケットの発券。
※京都は「栄光のバルコニー席」(3階のかれん側らしい)、名古屋初日は1階2列目!嬉しい★

と。

話を最初に戻しますと。。

- Prologue -

4/13。
週末に10年に一回あるかないか?っていう大学時代の仲間との一大同窓会があるので、先に散髪しました。
それ以前は、まるで人と接触ナシの生活ですので。。。
独居だし、事務所でも独り。
独食、黙食。今は現場仕事も無いので、全く人と接触機会無し、でした。

翌14日木曜日。
朝から少し咳が出てましたが、まぁよくあることだと思って早目に帰宅し、咳止めの薬飲んで早目に寝ました。。。

- DAY 1 -

そして同窓会当日の15日金曜日。
朝はやや倦怠感と頭痛があるものの、なんとか大丈夫かなーと思っていました。
昼過ぎにそろそろ天王寺(某展示会の内覧会で同窓会)に行く準備でもするかーと思い、一応念のために体温計りました。

38.1℃! 
一発アウトでした。。(^_^;)


こりゃ、入場時の体温測定で「ピピピピピ!」ですわ。
関係者各位にキャンセル連絡。
2日後に接種予定だったワクチン3回目の予約もキャンセル。

大阪の相談センターに電話すると、
「発熱外来のあるところを受診してください、そこでのPCRは保険適用なので無料で出来ますから」
「一般のPCRセンターだと保険適用外で、保健所に連絡も行きませんから二度手間になるので」と

まず上本町でPCR検査を早くからやっていたクリニックに電話すると「今、昼休みだから4時にかけて下さい」。。。

仕方なく一旦横になって4時に起き、電話し
「最短でいつから受診出来ますか?」
「あ、今から来ていただいても大丈夫です」

身支度して徒歩5分のクリニックへ。
そこで対応してくれた看護士さんによると。。。
「まずPCR検査してから受診というコースで3000円になります」
「え?いや相談センターの方によると発症してるのを受診してからの検査だから無料だと聞きましたが」
どうもここはずっとその方法でやってきたらしい。
※多分PCR保険適用以前からやっていたから。
「んじゃ、いいです。他を当たります」と一旦家に戻って作戦練り直し。

検索するとそのクリニックのすぐ斜め向かいにあるクリニックが「発熱外来」受け付けているとのこと。
このクリニックは電話対応も丁寧だし、説明も細かい。
無事、翌朝一番の予約が取れたので受診してきました。

- DAY 2 -

4/16土曜日。
朝、やはり発熱してる。。
「発熱外来」ということで廊下みたいなところにアクリルで仕切った席で。
電話でも話したけれど、問診票を記入。
「咳が出てます」「体温は38℃以上あります」。。

先生とお話したところ「これはもう、すぐにPCRですね」ということで、小さな瓶に唾液を入れてお渡しし、待つこと15分。

「陽性です」
あー、そっか。やっぱり。

「解熱剤や咳止めはお渡しします。また後ほど保健所からメールが来るのでそれに対応してください」
先生はにっこり笑われた。
「まぁ家で薬飲んでじっと寝ててください、いうことですわ」

既往症も無く、すでに2回ワクチン接種もしてるし、おそらくオミクロン以降の派生株だと思われるので重症化することはまずないとは思いますが。。。
まぁ数日は家で安静に、ということですねー。
※前日までに冷凍食品やらお粥のパックやらを買ったので、しばらくは持つでしょう。。。

「それから。。3回目の接種をお考えなら3か月以降にしてくださいね」だそーだ。
2回接種後に感染して完治してから3回目接種したら最強らしい。。。

ちなみにここのクリニックではお薬も初診料も含めて2500円でした。(笑)

あー、でも宴会行きたかった。。。
あんなの10年に一度くらいの同窓会だったのに、よりによって。。。
でも、行って後から皆に迷惑かけないでよかった。。。

- DAY 3 -

さて翌日、SMSで保健所からメール来ました。
厚生労働省のMyHER-SYSという陽性者管理システムに登録してくれ、とのこと。

これガラホだとメール画面とWebが同時に開けないから入力に手間取ったのでメールをPCに転送して入力した(不便なシステムだ(笑))

顔色・倦怠感・息苦しさ・咳などの現況を「はい」「いいえ」「不明」で答えるシステム。

やはり体温とともに酸素飽和度の記入欄がある。。。
連絡欄に「測定器が無い」と書いたけど、連絡来るかな??(^_^;)
その段階ではクスリが効いてるのでもう体温も下がってました。
咳はありました。。。

食事して薬飲んでまた寝るだけの生活。。

- DAY 4 -

翌日朝、再びSMSで連絡来たので、午前中に2回目のMyHER-SYSをPCより記入。
解熱剤と咳止めが効いてます。

その後またSMSにて「発症から10日後、2022/4/25までが療養予定(外出自粛)期間です」とのこと。
「ただし期間中無症状で経過の方は7日目までとなります」とこのと。
パルスオキシメーターは無償貸与してくれるとのこと。
レターパックで送ってくれるそうな。
早速申し込んでみました。

再三COCOAの登録を促されたが、COCOAが自分の携帯端末(ガラホ)に未対応なため、インストールできなかった。

ただ食事して薬飲んでまた寝るだけの生活。。
でも意外と苦にならない。。なんでや??
たまたま仕事も特に迷惑かけることもなく、プライベートの予定の問題だけだからかな?

- DAY 5 -

パルスオキシメーター到着。
差出人は「大阪市保健所・パルスオキシメーター班」。
専属の部署があるんですねー。
【非対面限定】のレターパックで。
でもデカくてポストに入らず、玄関前まで届けてもらう(お役所らしい)(笑)

さっそく嬉しがって計ってみたら99-98だった。
今のところ、全然大丈夫やん。
客観的な数字みたら、安心した。。
※ちょっと胸の奥でたまに咳込むから気にしてたんだが。。

ずっと寝てるのも何なんで、昼間は起きていて録画していたビデオなんかを観る。

「病院の日常では、毎日の唯一の娯楽コンテンツが『朝ドラ』である」というのは、今回実感した。(笑)
ずっと家で伏せってるとこれが一番の「毎日の」楽しみなんだよなー。んでまた、毎日15分というのもちょうど良い長さだし。

ちょうど「ちむどんどん」が始まって一週目だったので毎回楽しく観る♪

もう発症5日目?早いなあー。
って、意外と外出せずに寝てるだけの生活でも苦にならないなぁ(笑)

病院だのホテルだのでの隔離なら滅入るかもしれないけど、自宅にじっとしてるだけだから、普段とあまり変らない(爆)
TVもPCもあるし。

昨日が母親の命日だったんで、墓参り行きたかったんだが、さすがに行けませんでした。
誰か代わりに行ってくれ(笑)

- DAY 6 -

少し鼻水がでるようになった。
が、大体がアレルギー鼻炎持ちなので、どっちの症状か判らん。
熱はとっくに下がってるし、咳だけ少し残ってる程度。

解熱剤は投薬停止。

その代わりに抗アレルギー薬を投与。
これ、「抗アレルギー薬」ってのは同時に「睡眠導入剤」でもある。。
なので飲むとすぐ眠くなり、ぐっすりと眠れる。。

この2-3日は、起きて食事して薬飲むとすぐ眠くなるので爆睡する、という繰り返しで一瞬で過ぎた。。(^_^;)

何日目で何曜日か?全然判らない。

酸素飽和度は98-99です。
全然、大丈夫っぽいです。

プライベートな予定のキャンセル連絡。


- DAY 11 -

朝、保健所からのSMSが来なかったので、どうやらこれで「自主隔離期間」終了ということらしい。。

ごくまれに咳が出るので、薬の残ってる限りは咳止めのみ投薬継続。

雨だったので、雨でも出来ることから片付けることに。

この10日間で家を出たのはゴミ出しの2回のみ。
発症したころはまだ暖房も付けていたが、今はもう初夏になってしまった。。

- Epilogue -

今日は雨も上がったのでまず気掛かりだった墓参り。
命日には行けなかったので、これでほっとしました。
そして店着したままほったらかしてあったリトグリの新譜を受け取り。
これ、特典(ランチバッグ)付きなんでパッケージでかかったからすぐには受け取れなかったので。

あとは昼から食料の買い出しだなー

冷蔵庫空っぽだ…(^_^;)

さて。
「Journey」ようやく店着していたCD(特典ランチバッグ付き)を回収してきました(^_^;)
デカブツなので天候や積載量の問題がありまして。。

んで、じっくりと観賞。

いいね。
「Journey」と名付けたのもよく判る。
色んな彩があって、色んな世界が覗ける。。
それを旅行に例えたのって、よく出来てる。。

堪能しました。

んで、思ったのは。
そう、こんなのが聴きたかったんだよなーっと。

いや、どういう意味かと言うと
実はSPEEDが10年くらい続けて(再結成とかじゃなく)色んな歌が歌えるようになったら、こんな世界が広がるような歌を歌ってほしかった。。

単に大人になったっていうんじゃなく、表現力も多彩で、アーチストとして色んな世界が描けるようになっててほしかった。。

それを今、リトグリがやってのけてるなあーと。

かつてのSPEEDファンで、今「最古参ガオラー」として思うところです。。

いや。素晴らしいアルバムをありがとう★

いよいよツアーも始まるし、楽しみです♪
さて、遊ぶぞぉーっ!(>_<)
0

桜。暦は還る。  

天気が良かったのでご近所の公園で桜を愛でました。
週末にお花見の予定もあるけど、天候がどうなるか判らないので、一足先に。





特にうちから徒歩10分、上本町の国際交流センター裏にある「上汐公園」。
ここは児童公園でもあり、区内有数の桜の名所です。

麗らかな日差しの下で、多くの子供たちが歓声を挙げて元気いっぱいに遊びまわっており、その上に満開の桜が「命と健康の美しさ」を祝っています。
※お母さん方は下にビニールシート敷いてお花見してます。(^_^;)





平和は有難い。。。大事に守りたいですね。


もうすぐ誕生日だなあ。。。
0

精密誘導弾着弾!  

昨日は
日本橋マドリガルカフェにて開催の「自主制作特撮カフェ……たまに女装」(勝手に命名(笑))に行って来ました。
https://twitter.com/yururun3011/status/1507198623452659721

いやまあ、制作に携わったメンバーが久しぶりに顔を合わせた、ということで。。。

うん。実際には色々問題点もあり、結局次への打ち合わせ会になりましたが。。。
今後、どうしていくか?を話し合う会合でした。。
続けて行けば需要は必ずあるので、今後も期待したいし、微力ながらお手伝いもしたいです。。。

んで、帰ろうとしたら入れ違いに「仲村コニー」ちゃんがやって来まして、夕方からLIVEカフェをするとのこと。

んじゃ、寄って行こうか、ということで。
前回に少しお話してて、90年代の歌が好きだと言ってたので、また聴けるかなーと思いまして。。
★前回>http://f-hakaseslog.dreamlog.jp/archives/13727763.html

しばらくは雑談会。

これも客4人だったので、コニーちゃん入れて同じ話題で全員でお喋りするような感じで。

コニーちゃんお手製のケーキなども食べながら。

※ドリンクにビールが加わりました。これは嬉しい♪


LIVEになったんですが。
オリジナル曲(いい歌でした★)を挟んで、2曲がカバーだったんだけど。。

SPEEDの「my graduation」と、AKB48の「桜の花びらたち」!

これはアガった!

ほぼピンポイント爆撃。。

いや、なんか久しぶりに聴いたので感慨深かったです。

で、終ったあとの物販で2ショチェキ撮ってもらって、SPEED談義。
今年の10月の「沖縄アクターズスクール大復活祭・本土復帰50周年記念」
https://www.instagram.com/p/CavkAbivr2I/
の話など。。
※SPEEDの島袋寛子が出演します。

あ、コニーちゃんも寛子推しだったそうで。。

SKE48(>劇場総支配人は斉藤真木子>http://f-hakaseslog.dreamlog.jp/archives/13727456.html)の新公演が、全曲小室哲哉プロデュースで、全曲書きおろし!という話題も、彼女も知ってました。
この新公演、牧野アンナ先生が全曲振り付け!なんですよー。
https://twitter.com/lovejunx210/status/1506981268944171008

なかなか凄いことですねー。

というような一日でした♪

PS.
4/16〜あべのハルカスで開催予定の「庵野秀明展」
https://www.annohideakiten.jp/

これに合わせて、当時の仲間連中が続々と集結して宴会&同窓会の予定。。
期間中に3回も予定があるんだが。。(^_^;)

主宰者曰く「もう次にいつ会えるか判らんから。会えるときに会っとくというのが大事だなと思ってます」。
そーなんだよー。
最近、とうとう我々の世代が次々とこの世から去っていくので、それは切実に思う。
会える時に会うことの大切さ。
実感するもんなあー。。
http://f-hakaseslog.dreamlog.jp/archives/13727689.html
http://f-hakaseslog.dreamlog.jp/archives/13727628.html


PS.
manakaの「突発性難聴」による休養と、3人によるツアーの決行を発表したリトグリですが。
https://www.littlegleemonster.com/info/archive/?539015
https://mdpr.jp/photo/detail/11099923

直前に出演した「ミュージックフェア」での3人でのパフォーマンスを観ました。
凄まじいな…
よく3人で成立させたな…と感じました。

今はFWの全てを欠いた状態で、DFと両サイドだけでの「キルプレー」状態。。。
これでも戦い続けることを選択したんだから、応援するしかない。。。

いや、よくやったと思う…
と同時に、あ、これ行けるんじゃね?という思い。

彼女らの発言を見る以上、「降伏」や「撤退」は選択肢に無く、「どうすれば成功するか?」「どうすれば勝てるのか?」を考えているとしか思えない。
戦い続けることで自分たちの存在を示す!という彼女たちの決断には敬意を表する。

結局、「3人でどう成立させるか?」を考えてのLIVE構成になると思うし、そこに全力をつぎ込んでくれるのは、痛いほど判る。。

だから我々ガオラーは、それを楽しめばいいし、大いに楽しみたい。

たとえメンバーが減っても、リトグリとしてのLIVEの品質は保証してくれると、漠然と思ってる(リトグリのメンバーとスタッフへの)かと。。。


そして先日の「復興支援音楽祭 歌の絆プロジェクト2022」。
https://www.khb-tv.co.jp/s001/010/hukko2022/index.html
も、3人でのパフォーマンスとなりました。

これは凄かった。
感動しました。

卒業ソングってことで「青春フォトグラフ」。
よく考えたら6人編成だった頃の歌やん!
それを……まだ余裕ありそうに歌ってるのって、凄くないか?(^_^;)

「行、く、よ〜」とか(笑)フェイクまであるし余裕あるんとちゃう?
と、思わせておいて、「3月9日」……そしてそこから全力歌唱の「I Believe」★
凄かった…
感動した…(T_T)

いや実際、5人→4人の時はかなり心配したんだが。。。
4人→3人は、あまり心配してないんだよねー。(^_^;)

彼女たちは絶対に負けない!のを知ってるから!
つまり
「このままでは失敗する」とか「ダメだ」とか考えないで
「どうすれば成功するのか?」を逆算して考えてるからなんだと思う。。

この姿勢こそ、我々ファンが大好きで、大いに支持したいところなんだ!

メンバーの気概は充分に伝わって来てますし、ちゃんとしたLIVEの質を保証してくれているのは伝わってくるので、ガオラーとしては楽しみにしているだけです♪

しかし、この段階でこんな凄いの見せられたら、ツアー開催時には完璧に仕上げてくるの目に見えてるよなあ。。。(^_^;)

恐るべし。。。
0

キャレスV&Dスクール・Purerhythm 2022 SPRING@心斎橋Club JANUS  

はい★
今日は「キャレスV&Dスクール・Purerhythm 2022 SPRING」@心斎橋Club JANUS に行って来ました★

サイコーっ!(^O^)/
めっちゃ楽しかった〜っ!


一応イス席だったこともあり、少しだけメモしてますんで、まとまり次第アップする予定です★
……あんまり期待しないでください。。あくまで一部分だけ、です。(^_^;)

いやでも。

ホントに楽しかったぞ!

<後日追加分>

確かあの現場、狭くて天井低かったよなあーとか思いつつ。
オールスタンディングなら、しんどいし見えないしなーとか思いつつ、心斎橋へ。

あ、どもども。
いつもの顔ぶれが列の前の方に。

すぐ後からスクールヲタ仲間も来たので色々雑談。
※例のブツが戻ってきました。(笑)帰宅してから試しましたが、やっぱり読めなくなってる板がありますねー。。残念。。

開場前に整列順でESを上がり、ホール前から並びなおして、非常階段に。

入場しますと、あ、イスがある!
落ち着いて観られる。よかったー。

とりあえず2列目に座れたのでOK。
※1列目に「関係者席」が一席あったんで何かなー?と思ってたら曜子先生が座られた(^_^;) 隣にいかなくてよかった(何で)

ドリンクもらってメモの用意をしていると開演!

以降、断続的なメモ。(あくまでメモ出来た部分のみです)

●コシヒカリ
Boysのチビ4人グループ。
キメがちゃんと止まっている。いいね。

●小学生女の子グループ「ボーデン」(?)
※ネーミングがよく判らないけど、また公式が上げてくれるでしょう(他力本願)
明石もこちゃん、小林美空ちゃん巧い。
重心から下の動きがしっかりしていてBeat感がある。
この世代、実は良い子がいっぱいいる!
個性的で、楽しみな世代。
それぞれがかなり将来性があって、今後が楽しみでしょうがない!
がんばれ!応援してるぞっ!

●BOYS6人「モーニ」(?)
HAEDSナンバーなど。
意外とヴォーカルがしっかりしてる。
竹口玲唯クン巧い。
ワンオクの子供の頃みたい。

●チャアミ。キターっ!
林田茶愛美ちゃん。
https://www.instagram.com/p/CPNw7waFVgR/
楽しい♪
カワイイ、MCとのギャップが(笑)
観てて思うのは、この子の中には常に音楽が流れていて、それを表現してるんだなあーと思った。
この子の中にはどんな音楽が流れてるんだろうと思う。
3人で歌うやつ(デスチャ)の、ラストのフェイクとか、ホンマにえげつなかった。
洋楽での表現力(感情表現)は、他のお姉さんたちより遥かに巧い。。
「恐ろしい子。。。」@月影先生
※順調に育てば(周りの理解、本人の自覚、日々の積み重ねと、来たるべきチャンスがあれば)、半世紀後にはこの子は世界的なシンガーになってるだろうけど、残念ながら自分はそこまでは生きてられないだろーな。(^_^;) 見届けたいところだけど。。。

●GETのOP(緑酒/東京事変)がまた観れて嬉しい!
https://www.instagram.com/p/CZb_HaEqfuF/
あれはすごい。圧巻ですからねー。
酒樽は無かったが(笑)
んで、終わってからもずっと瀧本結月ちゃんの歌声が頭の中で流れてる。。。
素晴らしかった!
でもなぜか途中で「West Side Story」の「Tonight」になってしまう。なんでやー(笑)

●ホノリやミオちゃんやらがずっと出てくる。(笑)
川上穂莉ちゃん、穐田澪ちゃんらが例によってずっと出ずっぱりで踊ってる。。(^_^;)
背も高くなって大人っぽくなったなあー(親戚のおっちゃん目線)

●稲積杏ちゃんが凄く良い!
すらっとキレイなボディに愛くるしい笑顔。
それでいてダンサブル(今回は特に評価したい……という「上から目線」でなく「ヤラレタ!」という下から目線(笑))

●獣行く細道/椎名林檎
赤い傘のやつ。
艶やかで素晴らしい!
木戸妃奈乃ちゃん、いいね。
実は今回はヒナノちゃんは、全体を通してかなり活躍していて目を惹きました。

●青春ドラマシリーズ
U先生振り付け分。
BOYS中心のナンバー、いいね。

●大阪シリーズ(新宝島・吉本新喜劇)
衣装も凄いけど、MIXも振り付けも面白い。
吉本Re:MIXオモロイ。
※あれ?今調べたら新喜劇のOPってキダタローとちゃうんや。「Somebody Stole My Gal」というデキシージャズらしい。知らんかった!
また観れて嬉しかった!
ほんまに、よぉ出来てるわー、これ。

●告知
2023/1/22に第24回GETを門真ルミエールホールで開催決定!
※てっきりGET23のDVD発売かと思った(笑)

昼の部を終わってハラ減ったなーということで近くの店で定食を。

●飲み会っ!
お昼ご飯食べながらアルコール投入して。
「何の告知かと思ったら、来年のGETの話かよ!」
「えらい先の話やなあー」
「それまでに、バカな誰かが原発爆発させて世界が終わってなければいいねー」
「世界が終わっちゃう前にもう一度キミのGETが観たい。。。」
なんかこれ以降、頭の中でCUTExBEAT(2代目)の「世界が終わっちゃう前に(以下略)」がずっと頭の中で流れてるんですが。。。。(^_^;)
https://www.youtube.com/watch?v=IK1sg-zOn8c&t=114s


またその後の飲み会(お昼食べに行った店が晩も飲み屋だったので、終演後に「ただいまー」と3人で飲みに行った>https://www.instagram.com/maruki0401/。 なぜかガンプラが並んでるお店)での話。

ボクが小学生の子供たちのこと(ここに書いてない部分も)を言ってると、よく顔と名前覚えてますねーと言われたので。
いや、だいたい小学5-6年〜中学1-2年の間に急激に伸びるので、その少し前の世代の子を注目してると、その急に伸びるのが目の当たりにできるから面白い……というスクールヲタ独特のマニアックな楽しみ方♪などを。。。(^_^;)


で、会場に戻って整列。また階段に並び直して。。
なんやかんやで開場。

2列目のセンター席を確保。
そして開演!

●竹口聖桜ちゃん(小6)
成長株ですね。
高音出てます。
ただ、若干ピッチが不安定なのは今後の課題?
日本語の歌の方がいいかも?
声変わり(女子でもなります)前っぽいので、今後の生育に期待したいです。
洋楽でBGDがホノリとヒナノでした。良い世代ですね。

●浜田真珠ちゃん
大人っぽくなったなー。
「Starting Now」。これ、めっちゃ良かった!
圧巻!
この歌、GETではスクワイヤで歌ってたと思うんだけど、真珠ピンの方が内容が伝わって来て感動した。。

●やんぐちゃん
あれ?メンバー変更した??
なんか随分と良くなってました。
とりあえず。。。
それぞれの個性が発揮されていて、役割分担も出来ていて非常にバランスのいいグループになってます。
歌の巧いコ、ダンスの巧いコ、ビジュアル担当のコ、そしてそれをそれぞれが複合して担当してる感じで。
お互いを補完し合っていることもあって、全体としてはバランスの取れた良いグル−プになりましたね。
こんなグループだっけか??(^_^;)

V&Dグループとしては、往年のSPEEDの最盛期と同じ世代なワケですが、SPEEDよりもレベルは高いです。
※自分は当時、実際にSPEEDのLIVEに何度も行ってましたから、言えます。
観てて思ったのは「あと20年早かったら天下を獲れたのになあー」と(^_^;)
非常にいい逸材だと思うんですが、時代的にどうなのかは難しいところ。
※いや、K-POPへの対抗馬としては有望なんですけどねー。。そこは頑張って欲しい。。
というか。。。グループ名はそのまんまかいっ!(笑)
※なんか最初聞いた時は随分テキトーだなと思ったんだが。今も変えないのは、それなりにメンバーの思い入れもあるのかな?(^_^;)
※CUTExBAETの名は継がないのか。。。

●キジトラ
2人でした。(入試らしい)
新曲披露「We Can」
2人なのにすんのかーい。
まぁでもやっぱりイイネ。
内容はめっちゃ良かったです。

●ワタナベBOYS
まだグループ名がないとのこと。
いや、はやく命名しろって。。(^_^;)
内容は良いんだから。
このグループも、全体にバランスの取れた感じになってて、いい仕上がりになってますね。
やんぐちゃんと同じく、非常にバランスの取れたグループになってました。
てか。
凄いステージなんだが。。MCが。。(^_^;)
ともかくMCがんばれ。。。。
……まぁグダグダはグダグダで、それなりに面白かったけど(笑)
#そんなの選べないよ

※いつもよく言われるのは、キャレス出身者はMC弱い、と。これまでキャレスはMCが強烈に巧い者にのみ委ねらて来たと言うことがあって、平均的にはMCがヘタです。(^_^;)
いや、グダグダが良いとか言われるんだけど、ほんまにMC巧いグループはそれだけでLIVEが成立するくらい巧いから。。少なくとも「大阪出身」というだけでハードル上がるので(^_^;)、そこは頑張って欲しいとこころ。

●ミサト
東島京クン。
うっとりと聴いた。素晴らしい。
いつも思うんだけど、ミサトの英詞曲って、ちゃんと心が伝わって来る。。
細かいニュアンスはともかく、全体としての「心」が伝わって来るので、英詞であることは、それほど気にならない。。。
これって実は凄いことだと思うんだが。。(^_^;)

●キャルメン(?)
凛平の弾き語り、めっちゃいいね。
めっちゃええ歌や。
感動した。
凛平+達平。
清水翔太+ワンオク。
「サプラーイズ!」は笑った(いきなりかーい)けど、ええ歌でした。。
てか、そのサプライズ知らんかったんやけど、キャレス出身者でそんなことがあったんやね。。

●JKの歌
あれ、何の歌なん?(^_^;)
オモロイけど、何なん?という疑問符のまま。。。
※調べたら「DISH//」の「JK//」という歌らしい(まんまやん)。
しかもバックダンスをノリノリで踊ってたのホノリとヒナノってJCだし(笑)
まぁおもろかったからええけど。(そこか)



ということで。(笑)
いやいや、素晴らしいLIVEでした。。。


え?これを知らんかったっていうスクールヲタがいるんですか?(誰とは言わんが)
それは、人生損してますよー。

もぉ、あのGETのダイジェストを観れたんで、結構満足してます。
※実際には、個人的にあの一連の殺陣を期待してたので、それは無かったんですが。。


いやいや。もぉサイコーでしたよ!
ホントに。。。
楽しかったぁ〜♪
サイコーのステージを、ありがとう!


PS.
本文の方にも書きましたが、来年のGET24がもう決まったそうです。(^_^;)
・2023/1/22(日)「キャレスV&Dスクール GET A DREAM 24」@門真ルミエールホール
23年の22日にGET24なんだそーで。(ややこしい)
ホームグランドである伝統のルミエールホール開催と言うことです。。
まさに「HOME」@清水翔太ですからねー。


PS.
実はもう一つ。
今、スクールヲタ(の一部(笑))でホットな話題がっ!
なんと、あの老舗(というか元祖)である「沖縄アクターズスクール」が一日限りの復活LIVEを行う!ということ。。
●沖縄アクターズスクール大復活祭
-本土復帰50周年記念-
開催決定!

・2022年10月2日(日)
@沖縄コンベンションセンター展示棟

https://www.instagram.com/p/CavkAbivr2I/

【出演者】MAX、島袋寛子、知念里奈、DA PUMP、三浦大知、B.B.WAVESほか…

出演する顔ぶれがえげつなくて、これは絶対行きたい!
※久しぶりに沖縄の友達とも飲み会が出来るっ!
5

ロシアがウクライナに軍事侵攻。。。  

3月に入りましたが。
えらいことになりましたね。。

あのオリンピック最終日にカーリング女子が決勝戦で涙の銀メダルとなったそのわずか数日後に、ロシアがウクライナに軍事侵攻しました。

アメリカ側から警告もありましたが、現代においてそんな非理性的なことをする国家なんてまさかないだろうと思っていましたが、ロシアは歴史的な蛮行に及びました。

一方的な軍事侵攻、罪のない民間人への爆撃、惨殺。
あり得ない、非人道的な暴力行為です。

●ロイター

●ANN



●BBC
https://www.bbc.com/ws/av-embeds/cps/japanese/video-60571946/p0brt244/ja

しかし、実際侵攻が始まると、首都キエフを露軍が制圧するのも時間の問題かと思われましたが、意外にウクライナ国民の抵抗が強く、侵攻から7日経った現時点でも首都や第二の都市ハリコフは陥落せず、露軍の侵攻を押しとどめています。

要因は色々ありますが、ウクライナの人々が決してあきらめずに強悪な露軍と戦う決意があること。
NATOを始め、ロシア・ベラルーシ以外の世界中がウクライナの正当性とロシアの非道性を認めていること。

そのために経済制裁はもちろん、軍事的にも(NATO軍は手出しできないにせよ)協力していることが大きいようです。



例えばこれは「flightradar24」(24時間、全世界の航空機の挙動が判るWeb>https://www.flightradar24.com/48.13,28.03/5)で見ると、開戦前からウクライナ東部上空には米軍の無人偵察機グローバルホークRQ-4Bが常時旋回して情報収集してました。

2/22にも黒海上空を米空軍RC-135Vリベットジョイント(信号情報収集機)が旋回して情報収集してました。

開戦後も、黒海およびウクライナ上空には米空軍の無人偵察機グローバルホークが作戦行動して露軍の情報を収集し、その情報はウクライナ軍にもたらされたと思われます。

https://youtu.be/0zPlkYTiczQ
さらに「悪の総帥・プーチン」が核抑止力に言及した翌日には、ポーランド上空で旋回して待機するNATO軍の無人攻撃機MQ-1Cグレイイーグルの航跡が見られました。
いかにも無人機的な動きをしてますね。
偵察機では無く、対地精密誘導ミサイルを持った攻撃機です。
もちろん無人機なので、核汚染されていても攻撃可能。モスクワも到達可能。
クレムリンの中にいるプーチンのケツの穴に精密誘導ミサイルを撃ち込めます。
常時、空中給油機から給油も受けています。

KC-135Tストラトタンカーは2機体制でずっとぐるぐるルーマニア上空で待機していて無人偵察機グローバルホークRQ-4Bや電子偵察機RC-135Vリベットジョイントの燃料補給をしています。

また、NATO加盟国からの武器提供も多く、携帯式対戦車ミサイル「ジャベリン」を始め多くの武器がウクライナに提供されています。


さて。

今のところ、再度の停戦会談がセッティングされているようですが、まだプーチンの狂った野望は取り下げられておらず、戦況は膠着しています。



その間にも民間人の被害者も増え、さらにはプーチンの命により命を落とす露軍の若者も増えてくると思われます。
https://www.home-tv.co.jp/news/content/?news_id=000246405

------------

親しい友人であるロシアの人々へ。

このままでは、
未来永劫に、人類の歴の続く限りにおいて、
ナチス・ドイツのように、
ロシア人は他国を侵略した民族として、
歴史に残ることでしょう。

それでも、構わないのですか?

今すぐ、プーチン政権の過ちを正して下さい。

何のために戦っているのですか?
あなたの家族は、なぜ戦地で死ななければいけないのですか?



К русским людям, которые являются близкими друзьями.

Если это продолжится,
В будущем, пока продолжается история человечества
Как нацистская Германия
Русские - это люди, которые вторглись в другие страны
Это войдет в историю.

Все еще в порядке?

Исправьте ошибки администрации Путина сейчас.

За что вы боретесь?
Почему твоя семья должна погибнуть на поле боя?




-----

そして。

開戦と同時に日本で湧きあがった論議があります。
「今こそ憲法9条の人たちの出番では」
https://agora-web.jp/archives/2055267.html
https://twitter.com/KadotaRyusho/status/1496683406339366913
https://twitter.com/naomi25301835/status/1496760764882841602

それに応えた形で共産党の志位委員長がtweetしました。
https://sn-jp.com/archives/71380

どうも共産党の主張では「9条があるので日本はロシアのように侵攻することはない」とのことですが。。
いや、今論議されてるのは「ウクライナのようにならないのか?」って話で、それは議論の主旨が違うのでは?
問題をすり替えてませんか??(^_^;)

そもそも、プーチンのような専制君主なら、憲法なんて平気で書き換えるんで(笑)、その理論は成立しないのでは?(^_^;)
https://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/433554.html

これに関しては、多くの政治家も言及されてます。
「論ずべきは、憲法9条があれば日本はウクライナのように他国から攻められることはないのかということ。残念ながら答えはノーだ。わが国を守るのは自衛力と同盟、そして同志国の存在。志位委員長のロジックでは他国のための憲法9条になってしまう」
https://sn-jp.com/archives/71410

そういうことですね。

これに対して多くの左派野党支持者の方々も言及されてますが、「9条があれば日本は守れるとは誰も言ってない」のだそうですが。
https://togetter.com/li/1850752

逆に言うならこれは「憲法9条があっても敵国に侵攻される」ことを認めてるわけで。。
じゃあ、何のための「平和憲法」なん??(^_^;)
言い換えれば、どこの国のための平和憲法なんすか??
私たち日本国民のためじゃないんですか??
答えてくださいよー。。。

社民党さんのご意見(2006)
https://www.s-mataichi.com/message/20060200.html
「つまり憲法9条によって、日本が挑発しない限り、他国から攻撃される要件はないのです」
ウクライナも別に挑発してなかったような。。
「自ら滅亡することを承知の上で攻撃するほど朝鮮も愚かではありません」
誰もがロシアももっと理性的であると思ってました。。

https://twitter.com/8o5fp/status/909313527789129728

しかし現実は違った。
力のある国が軍事力を誇示して、罪もない隣国の民間人を殺戮した。。

現実は。。頭のいい方々が考えるほど理性的ではない、ということです。
https://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1574.html

まぁ社民党さんはロシア支持だったようですが。
https://you1news.com/archives/49654.html
そういう政党だそうです。。。
鬼畜の仲間なのですね。。残念です。
仕方ない。日本は民主主義なので、政治的に何を言うのも自由です。。。
たとえロシア支持を表明しても罰せられない。


こういう意見も自由です(笑)
https://www.chunichi.co.jp/article/426861
https://news.yahoo.co.jp/articles/3830d2b4700ee79905812c9e9472f4b40b3c1c31
立憲民主党さんも鬼畜のお仲間なんすかね(笑)

それをどう感じるか?
考えるか?

とりあえず日本は民主主義なので、次の選挙までに覚えておきましょう。
自由と民主主義万歳!
専制主義には断固反対する!

今回の件でも、結局徹底抗戦したからこそウクライナに世界が同調した。
専制君主の暴挙を許していたら、世界はそうではなかった。。。
たとえ血を流してでも自由と民主主義を守ろうとした。
そこは、皆さん見ていて欲しい。。

18歳以上の有権者は、これを機に自分たちのことは自分たちでしっかりと考えましょう。


PS.
ウクライナの人がインタビュー受けていましたが、街では人々が侵攻に備えて交通標識を剥がすんだそうです。
侵攻してきた敵を攪乱させるためらしいです。
それ聞いて日本人が驚いていたら、そのウクライナ人は「これまでの戦争でも、いつもそうしてるから」だそうです。。
いかに東欧はこれまで戦争が日常的にあったのか?という。
それに対して、いかに日本人が平和ボケしてるのか?という。。。(^_^;)

PS.
https://twitter.com/tima_dragon/status/1497375681420099585

PS.
自分はロシアに行くことも無いし、狙われる家族も無いのでハッキリ言いますが(笑)今プーチン政権のやってることは侵略であり、平和に暮らしていたウクライナの人々に対する残虐な殺戮です。
ロシアの人々には全く敵意はないですが、この歴史的行為を何としても止めて欲しいし、それが出来るのはロシアの皆さんです。
https://gigazine.net/news/20220303-russian-businessman-bounty-putin/
0

最高のパフォーマンスを  

北京冬季五輪も始まって、連日の熱戦に楽しませてもらってます♪
何年も努力されたアスリートたちの祭典。
最高のパフォーマンスは素晴らしいですね。応援したいです。


ただ、新型コロナ・オミクロン株の蔓延で予定されていた多くのイベントも中止になり、また巣ごもりの時期となっています。。。

そして
先日から気に懸けているニュースは


小松基地から離陸したF-15戦闘機が、離陸直後にレーダーから機影が消失。
オレンジ色の火柱が目撃された。。
操縦士2人は消息不明。。

NEWS
https://youtu.be/E8dNYN9gVDw

依然として捜索は続く
https://www.hokkoku.co.jp/articles/-/652139
https://news.yahoo.co.jp/articles/66be51db06b6fcde585572381a95044e8f5a1865

非常に心配です。。

墜ちたのってアグレッサー機なんだ。。。
日本最強のTOPGUN「飛行教導隊」。
操縦技術は日本最高の集団なので、機体自身に問題があったのかなー。。

この「飛行教導隊」、離陸後のバンクがキツかったな。。。
超低空で離陸してそのまま急バンクして訓練海域に向かう。
見てたら雑木林のすぐ上で急旋回してた。。

一昨年見学した「小松基地」
https://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1739.html
その時の写真
http://photozou.jp/photo/list/134246/9278383

明らかに他のF-15Jと違っていた。
見た目で、「通常の3倍」低い離陸高度を取り強烈にバンクして旋回していた。

ホントにギャラリーの目の前を掠めるような機動飛行だった。
超望遠のデカいレンズを振り回していたオッサン航空ファンが「望遠で追ってたら『背中の紋々』が目の前に来た!」と興奮してた…

目の前でバンクするので機体背面の派手な塗装がバーンと見える様は、物凄い迫力で、ほとんど「ヤの人」のような威圧感があった(笑)

あまり写真がキレイに撮れてないのは、あまりに低空でバンクするので雑木林が邪魔でちゃんと見えないから…
つまり「相手のレーダーに映らない」低高度での機動戦闘飛行してるということ…

「アグレッサー機の超絶機動飛行」
https://youtu.be/S2Wf_NICmnc
https://youtu.be/qVJTjDJFe0c
https://youtu.be/gGqUSHeFY7Y

かなりの速度が出ているので失速は考えにくい。
空間識失調か?
でもイーグルドライバー、しかも飛行教導群パイロットだぞ。。。

墜落した機体を操縦していたのは田中公司一等空佐。
あのブルーインパルス隊長も務めた…

日本国民は、このような日本最高のTOPGUNを失ったこと、日本国民を最前線で守る多くの防人を育てた、このような優秀な人材を失ったことを嘆くべき…

こうしている今も彼の育てた防人たちが、ハエのように領空に勝手に侵入する国籍不明機を追い払っていることに、想いを馳せるべき!

田中一佐について
https://www.asahi.com/articles/ASQ215CQTQ21UTIL03F.html
https://news.yahoo.co.jp/articles/655570eaed8c02ee9e32bcee08a4863c06400661
https://www.hokkoku.co.jp/articles/-/649261
https://news.yahoo.co.jp/articles/7c982ff0f856b87bbefc8b9bbbbfef1ffc4d53f3
https://news.yahoo.co.jp/articles/2cd2fe374977bfdf68cc8a666edf9d839428574c


今回、こういう形ではありましたがアグレッサー部隊が注目されるようになった、というのも複雑な心境ですね。



実は今発売中の雑誌「航空ファン」と「Jウィング」のどちらもがこのアグレッサー部隊の特集(創設40周年だったので)を組んでおり、書店の店頭に並んでいるところです。。
※ファングッズは一昨年、小松基地で購入したもの。

一刻も早く見つかって欲しいし、出来れば元気でいて欲しいところです。

★追記
2/13、行方不明となっていた操縦士の方お一人のご遺体の一部を確認した、とのことです。
※どちらの方かは未公表。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022021300221&g=soc
https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000244678.html
お悔やみ申し上げます。
残念です。

★更に追記
2/14までにお二人ともご遺体が確認されたようです。。
https://mainichi.jp/articles/20220214/k00/00m/040/070000c


今後、沈んでいる機体をサルベージして事故原因の調査をするそうです。

今回、引き上げられている部品の壊れ方からも、エンジンの爆発ではないかと言われています。

F15DJ(特に飛行教導隊機体)はかなり痛みも激しく、それをマンパワーで使いこなしているのが現状です。
https://www.iza.ne.jp/article/20190927-WB6JRU6XMNIKRF6J7GFXTRNEUM/

国民の平和を守る、命を守る肝心な部分が予算削減によって削られていては、本末転倒です。
https://www.asahi.com/articles/ASPCV5WR4PCVUTFK014.html
https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20190603-00128584



さて

巣ごもりなんで色々テレビも観てます。

★NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」
前週もまとめて観て、「回転焼き」がなぜトレンドなのかようやく理解(笑)

しかし、セルフパロディーというかセルフリスペクトをあそこまでやるとは―
この週の演出で、岡山安子篇をなぞってくれて…
今後るいは安子のことを判って貰えたら嬉しい。
河原のデートさらに自転車までやるとは…
商店街もまんま岡山安子篇そのまま、という…(^_^;)

そして今週までの録画分観賞。
いやあ、ひなた篇めっちゃオモロイ!
サイコー!
うちの職場にいる「るいと同い年」の女性が、るい青春篇を「当時の風俗がいっぱい出て来てめっちゃ懐かしい!」と言ってたが、案の定、ひなたガキんちょ篇はもろボクらの子供時代の話なんで、いちいちめっちゃ懐かしい!
※ひなたは3つ年下になる。

しかも「じゃりン子ひなた」が出て来てから作品のイメージもぱっと明るくなって演出テンポもがらっと変った。
「アフロの田中」て。(笑)
深津絵里がキャスティングされてるの、るい青春篇では何でか疑問だったけど、ひなた篇に入ってやっと理解した。
深津さんは「お母ちゃん」として適役なんだ。。。
※実は、安子篇の終わりがあまりも救いようがなく、安子篇を全否定した形で始まったるい篇だったので、最初はあまり乗り気じゃなかったんだけど。。

週の後半では眉間の傷やら、英会話やらがまたまた絡んでくるという素晴らしい展開に。。。
映画村で出会ったガイジンの少年も、またどこかで伏線回収されるんやろなあー。。

「一等何や?」「ねっかい旅行」「あたみ旅行や」「あ、惜しい」
「100回引ける!」「10回や」「あ、惜しいっ!」
……だから成長したら川栄になるのかー。(笑)

ちなみに成長したひなた。>https://youtu.be/0RdfEAPAY8k
チャンバラ巧いです(笑)

で、その「現ひなた」(=新津ちせ・11歳)って、新海誠監督の娘にして、あのFoorinの一番ちっちゃい子だったのかー。
紅白出場歌手、レコード大賞受賞シンガー!

3月のライオン、アナと雪の女王2。。。
経歴が凄すぎてWiki読んでてくらくらする。。。(^_^;)
セーラームーンミュージカルでちびうさやってたりもする。。

すげーっ。。
すごいポテンシャル。。

来週には川栄にバトンタッチされ(じゃりン子篇ももうちょっと観たいけど)いよいよお話は80年代に突入。
これからも楽しみです♪
https://youtu.be/mPSeHNaoNr0?list=PLcynJ47QaWNu6YCfrOwDFT8Da4Gl-Nr85

そういうと「妊婦さんは福引に当たる」のはジンクスとして本当。
自分はずっと長い間抽選会場の管理業務に携わっていましたが妊婦さんがハズレたのを見たことが無い(笑) 
必ずかなりの大当たりを引きます。ホントに不思議です
http://f-hakase.cool.coocan.jp/profile/hakase/fiv-1000.jpg


そしてもう二つ。

どちらのアニメももともとNHKで放送されていたもので、久しぶりに再放送されているので見直してます。
これまで途中とかしか観てなかったので。
改めて最初から観ると、めっちゃめちゃ面白いですね。

★「プラネテス」
http://www6.nhk.or.jp/anime/topics/detail.html?i=10394

話題になってました(^_^;)
https://www.j-cast.com/2022/01/26429734.html

「みーんな空想、フィクション、現実ではございません」 I Copy!
うん。
この話があってもう一度「3話まで」見直した。
確かにここまでの話ではタナベがあまりにも「一般人」の感覚でイライラする(笑)
でも、それと対峙する形で宇宙飛行士の矜持なり使命感なりが語られている。

3話までなら「宇宙があまりに日常になった世界」を描いている。。
主人公タナベがなんでEVA要員に就職できたかも謎だ。(あまりに適性が無い)
でも、それが一般企業であるテクノーラ社(描かれないが、ロシア系企業?)の体質かも知れない。。

つまりタナベみたいな人でも宇宙で働く時代になってしまった、という作劇。
現在のLCCのCAなんかも割とハードルが低いと思うので、あんなド素人がいきなりEVAの現場に配属されることも、あの頃にはあり得るかも知れない。。
※元はCAはサービス員であると同時に「命懸けの保安要員」だったワケで。

野田司令が気になった「プロとしての」細かい技術的なことは判らないけど、「作劇のプロ」として、こういう視点からまず入って「宇宙とは、そんなものではない」という視点に持ってゆく導入部になってる。。

野田司令は、「宇宙のプロ」ではあるが「作劇のプロ」ではない。。

とりあえず野田司令は7話まで我慢して観る、と仰っている。(ムーンチャイルドの「見て!私の海っ!」の回かな)
その後、木星計画の話などが出て来て「わがままでないと宇宙は拓けない」という話が出てくる。
家族も人も愛せなくて、宇宙や高性能エンジンだけ愛する者が宇宙を拓いて行く。。。
壮絶な話が展開されてゆく。。

まぁそりゃフォンブラウンの話が出てくるからねー。(^_^;)
「月に行きたい」からナチスをスポンサーにして大量殺戮兵器に加担し、平気でアメリカに亡命してICBMを開発し、ソ連に勝ちたい大統領を政治利用してサターンロケットを作った。
むちゃくちゃでえげつないけど、それが宇宙を拓いた。。。

もちろんソ連側にもコロリョフがいた。
彼もまた自分で月ロケットを作りたいが故に政治を利用した。
開発中に事故が起こって多くの犠牲者が出たが、お構いなしに前に進んだ。。。
そういう連中こそが「宇宙を拓く」。
https://star.ap.teacup.com/applet/hakaseslog/200606/archive

単なる大金持ちが宇宙旅行する現代こそ、大切な物語だと思う。
NHKには感謝したい。。

いや、全然違う話なんだけど。
他から観たら凄い話でも、自分に近いなら「えー。そこはちゃうやろー」「そー来たかー、いや実際はちゃうけどなー」的なことはよくある。。
NHK「プロジェクトX」でも自分の詳しい分野の話だと「えー、それはちゃうやろー」というのがあったけど、知らない世界の話だと凄く感動した。

ドラマだと「こうえつ」なんか自分の世界を描いた話だったけど「えー、そこまではせんやろー」という部分と「いや、自分もこれは実際やってたよー」という部分が共存する。
それがフィクションとしての面白さだと思って観てましたが。。
校閲の世界なんて、空前にして絶後。今後ドラマになるなんて絶対ない、と思ってましたから、ドラマ化されて嬉しかったです。


まぁ野田司令の言葉は、作中のハチマキの「宇宙開発ってのは、そんなんじゃねえ!」という叫びに近いと思う。。
そこは共感するんですよねえ。
お前ら判ってねえ!現場はそうじゃねえんだっ!という。。。

★「電脳コイル」
https://www.bsfuji.tv/d-coil/pub/

「電脳メガネ」=(メガネ型AR/VR端末)が今のスマホ程度に普及し、3DVRの電脳世界が普通にARとして目の前に「存在」している近未来。
それを大した説明も無く、大袈裟に描くのでなく、普通の小学生の遊びの世界観で表現している作品。
ガキたちが「電脳探偵団ごっこ」やってる姿は「カムカム」での「じゃりン子ひなた」たちが昭和の時代にチャンバラごっこしてる姿とさほど変わらない感じに描かれている。。。のが素晴らしい。


PS.
芹奈の長期休養などが発表されていたリトグリですが、今日になって新アルバムやツアー催行が発表されました!
https://www.musicman.co.jp/artist/455022
https://www.barks.jp/news/?id=1000214845

嬉しい!
早くツアー行きたい!
最高のパフォーマンスが観たい!聴きたい!
みんなの笑顔が観たい!

そして、仲間と一緒に飲みたいっ!(^O^)/
0

★「サンダーバード55/GOGO」@サンダーバード日本公開55周年記念日本語劇場版  

はい★

今日は「サンダーバード55/GOGO」を観てきましたっ!!@大阪ステーションシネマ(5)スクリーン(笑)
http://tb55movie.com/



これはSF人形劇の超名作「サンダーバード」を55年ぶりに完全新作として制作されたもの!

当時のラジオドラマ盤の音源が発見され、それに基づいて新たに完全新作を制作するプロジェクトがクラウドファンディングでスタートされ、完全新作3エピソードを制作。

それを今回、前作からの日本公開55周年を記念して再編集。
劇場公開されたもの。



自分は物心付いた時にこのサンダーバードの初放映をNHKのTVで観て猛烈な衝撃を受けて、そのままオタクになってしまった人なので(笑)もうこれは、どうしても観たいものでした。
https://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1481.html
https://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1510.html
https://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1059.html
https://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1060.html

いやあーもう。。。

ほんとにサンダーバードの新作でした!
素晴らしい★
ペネロープさいこー!(>_<)


当時の音源を元に作ったらしくて、脚本や演出テンポもそのままでした!
しかも初めて観るエピソード!

大スクリーンで、ドキドキワクワクしながらホンモノのサンダーバード国際救助隊の活躍を観られる日が来るとは。。。

生きてて良かった★

サンダーバード1号(昨今話題の『極超音速弾道ロケット』)がサイロからロケットエンジンを噴射して発進するのを大スクリーンで観るのは身体が震えました。。
凄かった。。

ちなみに画面サイズは4:3のスタンダードで、これは当時のテレビサイズに合わせてあるんですが、劇場だと普通のサイズより上方向が高く感じて、バリーグレイの壮大なマーチとともにサンダーバード1号を見上げる形のカメラアングルで、ドカンと打ち上げられるのは迫力満点でした。

また大スクリーンで観ると、いかにサンダーバードメカが巨大かというのが良く判って圧倒されました。
1号のサイロってこんなにデカイのかーとか、2号ってこんなに巨大な輸送機なのかーと、実際の大きさ(?)を実感しました。
こんなのが極超音速で成層圏のはるか上空を飛行してやってくるのか!と。

エピソードとしては最初の部分がサンダーバードエピソードゼロとべき言うもので、ペネロープが初めてトレーシー島に来てサンダーバードメカを目の当たりにし、ロンドンエージェントとして活躍することを約束する話。
「サンダーバード登場」。

これはサンダーバード知らない人にはちょうどいいエピソード。
これまで、どういう経緯なのかは本編では明確になっていなかったので、それに対する公式回答とも言える。

エピソード間には樋口監督監修の紹介映像がブリッジ的に入り、続けて2本目のエピソード。
樋口監督(「シン・ゴジラ」「シン・ウルトラマン」「日本沈没」「進撃の巨人」)は、「謎の円盤UFO」の演出をそのままパク…リスペクトして使ってました。
いやまあ、「謎の円盤UFO」って日本放映時はサンダーバードの発進BGMそのまま使ってましたからね。。。(^_^;)
※あれは配給会社の東北新社がサンダーバードとの関連性をハッキリしたいためにワザと付けたとかいう噂が。。


2話目のエピソードはいかにもペネロープ回という話で、フッドも絡んでくるし、プラント爆発シーンや2号の活躍シーンもあり、大満足の逸品。
「雪男の恐怖」。

これはホントにどうなるかワクワクしながら見せてくれました。
素晴らしい!
これが21世紀になって新たに観られるとは!
ありがとう!

新ゲストメカとして「スキーコプター」というのが登場。
これは、いかにもな感じで。。。
MV-22オスプレイみたいなティルトローター機なんですが、プロペラが大きくてオスプレイライク(当時ならダクテッドファンにしそう)。
真ん中の与圧キャビン部分がコンテナ式(恐らく荷物運搬時には荷物コンテナに換装される)に分離して着脱(緊急脱出)可能になってるんですが、この前後の部分をくっつけたら「キャプテンスカーレット」の「スペクトラム・ヘリ」のようなデザイン。
「スペース1999」のイーグル機のコンセプトにも近く、一応デレクメディングスデザインワークスってことでしょうか。


樋口監督のメカ紹介ブリッジがあって、3話目のエピソード。
これもいかにもな、レディペネロープのお話し。
「大豪邸、襲撃」。

英国貴族の話にリチャード1世(17世紀の英国王)のことが絡んでくるという、いかにも英国らしい話。
これなんか、日本人には戦国期の話とかに置き換えて理解できるけど、アメリカ人とかには面白さは判らないだろうなあー。
こういう部分がサンダーバードが英国と日本で大ヒットしたがアメリカでは全く受けなかったところ。

ここにはゲストメカとして「ヘリジェット」が登場。
当時の本編にもよく登場するヘリジェットから大型の垂直エンジン(ハスラーの模型より流用されていた)を省いたようなデザイン。
「静音モード」があり、ブルーサンダーのように音が消せる。

日本語吹替えに関しては、全編に渡って大活躍のペネロープの満島ひかりがあまりにも素晴らしい★
サイコーの2代目襲名でした!
ジェフの声がいかにも大塚さんなのは少しあれでしたが…(^_^;)

セリフに関して言えば、ペネロープの呼び名と「FAB-1」の呼び名。
旧作では一貫して「ペネロープ」「ロールスロイス」でしたので、今回の元の音源でああ呼ばれていたとしたら、それは新事実になります。
※それを日本語版に反映するかどうかは難しいところですが。。

スーパーマリオネーション(人形)部分は、ほぼ新撮。

メカ部分は1-2号の翼端灯のついてる部分が新撮。
だけどほぼ見分けがつかない…それくらい完璧!
どうも1号のマーキングと、パネルライン(というか模型のスジ彫りの部分)に少し違いがあるような気がしますが、逆にそうでないと見分けがつかないので、その方が有難い。

あと細かいところでは、パイロ部分(噴射炎)で幾分か炎の色や量に若干違いがあるけど、それは言われなければ判らないくらい。(多分、当時との素材などの工法や扱い方の法律の違いなどでこの再現性が限界だったと思われる)

エンディングは日本語歌詞バージョンで。
これは再放送時からOPに使われだしたもの。(NHK初放映時には無かった)

エンディングのスタッフロール観ながら、半世紀も前に作られた名作の同じエンディングに自分たちの名前を乗せることが出来たスタッフは、本当に嬉しかっただろうし、生涯の誇りでしょうね。

うらやましい。。。

ちなみに、右の写真は入場時に貰った劇場特典! →
小松崎茂画伯のボックスアート・ポスカ!(3枚組)
嬉しい!(>_<)


いやあー。
素晴らしい体験でした。
ホントに生きていて良かった。

劇場は平日でしたがそこそこの入りでした。
私ら50-60代のジジイばっかりでしたが、みんな少年のように目を輝かせてスクリーンを見つめておりました。。。

思えば、自分はサンダーバードを劇場で観るのは初めて。
「サンダーバードARE GO」(1966)も「サンダーバード6号」(1968)の2作のシネスコ作品は、劇場では観られませんでした。
だから今回が初。(スタンダード版でしたが)


それと、例の劇場限定Blu-rayは売り切れてました…残念!(>_<)
欲しかったよおー。。

-----------

前日晩には予習として旧作の1-2話を鑑賞。



しびれるぅ〜!(>_<)

サンダーバードのメカって、この使い古した重機感がすごくあって格好いいんだよな!
すごく「現場のプロ」っぽい信頼感。
「大した仕事じゃねえ!任せとけ!」って感じ!
ここがシビレれる!(>_<)

PS.
書き忘れてた(笑)
終わってから同じスタッフによる「ネヴィラ75」という新作が併映されます。
これネットで流れていたのは観たことあったんですが吹替え版は初めて見ました。
どうやらこのコロナ禍の中で自宅のマンションの一室で作れるもの、ということでヒマつぶし(?)に作ったようですが、冒頭にロボットがコメントで「あなたの知っている世界や物理法則と違うものが描かれるかもしれないが、それはあなたの世界での話だ」(笑)というのがシャレています。
さすが、完全新作サンダーバード作ったスタッフだけのことはある。。。
>https://tokushu.eiga-log.com/new/118506.html
>https://natalie.mu/eiga/news/460863
>https://youtu.be/Xo7iExCtLJk
1話だけなので、突然プツンと話が終わります(笑)
※どうやらCSで2月から放映されるようです。

PS.
何度かの追加(笑)
帰宅してからも興奮が押さえきれない(笑)

この「サンダーバード」。
すごくタイムリーだなと、現代的だなと思う。。。
決してノスタルジーでない、という。。


まず一点。
まさに昨日起こったトンガ王国での、海底火山の大噴火。
>https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_61e36ea8e4b0d8b6656c193d

日本にも津波被害が発生した(正確に言うと、定義的には「津波」ではなく「潮位の上昇」)この噴火。
もちろん日本の被害に関しても、これは噴火による衝撃波が大気中を伝わって起きた潮位上昇らしくて、まだ科学的に証明されてない現象。(現時点ではあくまで仮説。衛星写真の解析や日本全体の気圧上下動のビッグデータマップから推察できる)
現代の人類の科学力では解明されてない現象、予期できなかった現象が発生し、被害が出た、ということ。。
そしてトンガ王国も、爆発による通信障害の影響で直ちに被害状況が判らない、という現状。
近隣国が哨戒機を飛ばして観測することになったけど、これも二次災害の危険があり、極めて危険。しかも国際法上、勝手に外国の軍用機が領空に入ることは出来ない。。。
まさしく、こんな時こそNPOである国際救助隊みたいな組織が高度な技術力を持って先遣隊が現場に急行して現状を把握、連絡して、より重装備な部隊を直ちに送り込み、救助活動を展開する必要がある。
72時間以内に。
今現在、これが出来る組織は残念ながら世界のどこにも存在しない。。。

もし自分が億万長者なら……おカネ配りや下らない宇宙旅行なんかにカネを費やすのではなく、こういう社会貢献にこそおカネを使いたいものです。。。


もう一点は。
サンダーバードが超高度な技術力を持っているせいで、絶対秘密を貫いている点。
作品中でも語られていますが、現在の(これは作品が制作された60年代でも、現代でも、作中の近未来でも同じ)世界情勢では、高度な技術は軍事転用されれば一気に世界の軍事バランスを崩す存在になってしまう、ということ。。

書いた通り、サンダーバード1号は設定では「極超音速有人弾道ロケット」です。
原理的には、昨今話題の「極超音速ミサイル」そのものの技術です。
通常のロケットとして打ち上げられ、大気圏外まで飛び出して弾道飛行を行い、大気圏上層に戻ってくると可変翼を広げ、目的地に向って大気上層を何度もジャンプし、減速と軌道変更を行って、救助を待つ地に最短で到達する機体です。。
最大速度マッハ20、地球上のどこでも60分以内に到達できます。
もちろん50年前には原理は判っていたので、それを「人命救助」に用いたのがこのサンダーバード1号です。
※例えば、1号のデザイン。ノーズコーンの部分が逆アールになってるんですよねえ。これが「極超音速」感を出していて、大好きです。対衝撃波デザイン。

今現在、軍事的にこの技術が問題になってます。
旧東側陣営では確立され、実戦配備されているんですが、旧西側陣営ではまだ実用化されてない。。
これって、発射されれば現時点でのMD(イージス艦、PAC3)では迎撃不可能で、かなり軍事バランスを欠いてます。。。

……なので、作品中で何としても技術情報を守ろうとする国際救助隊と、それを出し抜いて情報を取ろうとするフッドとの攻防が描かれるわけですが。。
フッドは、その超高度な技術情報をもし盗み出せば、世界中のどの国の軍事機関とも有益な取引が出来る。。というワケです。。
ここの構図は今も変ってませんし(むしろよりリアルになってる)未来においても多分変らないでしょう。。


そしてもう一点。
今日、日本の皇室で「歌会始め」がありました。
歴史の残る限り14世紀から続いている宮中儀式です。
ここで、内親王愛子様が歌われた(実際にはリモートだったそうですが)歌がこちら。
「英国の学び舎に立つ時迎へ開かれそむる世界への窓」
>https://mainichi.jp/articles/20220118/k00/00m/040/086000c

これは愛子様が高校2年の夏休みにイギリスの私立学校でおよそ3週間の寮生活を始める時、「今、ここから世界が開かれようとしている」と心弾ませた気持ちを表現されています。

そうなんですよね。
この感覚。

まさに日本と英国が共有する王室感覚!
歴史の浅いアメ公にゃ判るまい。。。
>https://star.ap.teacup.com/applet/hakaseslog/200408/archive

なかなか他の国にもこの感覚が共有できるかは微妙で、英国をはじめ、王室を擁く国々には共感されるんだろうけど。。。

だからペネロープの活躍に関しても、日本人は共感できるんだよなーっ。
まぁ、表現は違うが(笑)評論家の竹田氏がテレビで活躍してるみたいなもんで。(笑)

うん。
ということで。
サンダーバードって、現代でもすごくリアルな話なんですよねー。

PS.
今日(1/24)、劇場に行ったら「劇場限定Blu-ray」再入荷してました★
ようやく買えた♪ →
ラッキーっ(>_<)
※購入には映画半券が必要です。


PS.
そう言えば、「サンダーバード55/GOGO」上映前に入る宣伝で「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」と「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち」が入りました。。。(^_^;)
今って西暦何年だ??(笑)
ちなみに今日はこれ観てました>https://youtu.be/KMSxR8w5aOE
2

キャレスV&Dスクール「GET A DREAM23 〜TV SHOW〜」@上本町・国際交流センター  

ということで!
今日はキャレスV&Dスクール発表会「キャレス創業25周年コンサート GET A DREAM23 〜TV SHOW〜」
@上本町・国際交流センター に行って来ました!

今日はサイコーに楽しかった♪
サイコーっ!(>_<)

もうほんまに、めっちゃサイコーっ!


キミら、サイコーやで!

終ってから上本町の飲み屋で飲み会っ!
サイコーに楽しかった♪

そこから徒歩10分で帰宅(笑)

がんばった生徒のコたち、それを支えて下さったご家族やスタッフの方々、ホントにありがとうございましたっ!

サイコーのLIVEをありがとう!
まだ観足りない!
4公演くらいやってくれ!(>_<)


<詳細、書けるかも??(笑)>

※ここだけ先に書く!

一番感動したのは、チビのコたち(小学生低学年以下)が、存外にダンススキルが向上していたこと!
どの曲だったか、前列のチビたちのロックダンスが、えげつなく巧くて、のけぞりそうになった。。。
あれは凄いよ!
キミら、誇っても良いよ!
あんなん出来るの、日本で唯一だよ!
これからも頑張れ!ずっと応援してるぞ!

いやぁでもほんまに、チビたちが最大限頑張ってる姿をこんなに間近に応援できるのはサイコーに嬉しい!
楽しい!(>_<)

PS.(1/11)
もう少し(気長に)お待ちください。
メモの判読に手こずっています(笑)

PS.
こちらが先にアップされましたので、こちらもどうぞ!
>https://ameblo.jp/pokophoto/entry-12720564620.html

<ここより後日追加分>

まぁ、現場は徒歩10分なので(笑)ゆるゆると現場着。
ん?外で待ってるの?
どうやらいつも中で待つスペースが工事中で入れないらしく、直接ホールのホワイエに入れるらしい。。
運営側も大変だなー(^_^;)

よく判らんが、何となく整理番号順になって入場。
Be●NGさん、えらい。

とりあえず2列目に入れたので、そこに。
※実は生徒のご家族の方々は「観易い席」を取ったようで、最前列〜数列目は空いてたりするんで、楽に前の方に行ける。。

※これより、あくまで主観的な「感想」です。感想には個人差があります。決して「評価」ではありません。
※何も書いていなくても「凄くてメモが残ってない」「メモ出来なかった(暗かった等)」「メモしてたけど、後日判読出来なかった(感動が大きくて)」などの理由があるので、決して落ち込まないで下さい!ホントに。コメントが少ない部分は、単純に自分の不手際の部分なので。ホントにゴメンなさい!

MC
注意事項をダンスで。
RYOとUのダンスがカッコよすぎて内容が頭に入らない(笑)
随分と古いカムコーダーをTV-Camの小道具として使用。
※昔、よく使ってました。(笑)懐かしい!

「第一部」
M1.緑酒/東京事変
和装、絢爛豪華。
ド派手なオープニングでいきなり圧倒。
和物と言えばやっぱり椎名林檎・東京事変なんだろーなー。

M2.津軽海峡・冬景色/石川さゆり
高木のぞみちゃんソロヴォーカル。トップバッター大変そう。
晩の部が良かったですね。

M3.獣行く細道/椎名林檎・宮本浩次
艶やかな赤。結構難しい歌。
和装が似合ってます。

M4.長く短い祭/椎名林檎
ヴォーカル杉浦しずきちゃん、よく声が透ってますね。
ダンサーの子たちがずっと出ずっぱりです。
大人っぽいです。

M5.美人/ちゃんみな
竹口聖桜ちゃん、成長著しいですね★
今回、大活躍でした。

M6.密ですビート
スーツ姿のBOYがコミカルな通勤客を。
面白いね。

M7.新宝島/サカナクション
衣装が!(笑)
くいだおれ人形に豹柄!
ついには全員くいだおれ人形に!
振付も楽しい♪
特に小さい子の弾け感がイイ!

M8.吉本新喜劇SPダンス
ダンス吉本!
音楽キダ・タローReMIX!(笑)
吉本のギャグも挟まれていて、こんなん勝手に使うたら普通は怒られるやろ(笑)
しれっとやってしまうところがキャレスらしい(笑)
これめっちゃオモロイ。

※思い出した。(笑)自分もまさにここ(国際交流センターのホール)で同じこと演出したことある(笑) 93年に開催した「第32回日本SF大会」のOPの舞台演出させていただいたことがあるんだけど、まさに音楽はキダ・タローReMIXを勝手に使った(笑)一緒やん(^_^;) まぁオモロイからええか。>https://star.ap.teacup.com/hakaseslog/906.html

M9.イケナイ太陽/ORANGE RANGE
小芝居があって(笑)学園ドラマ(撮影)風に。
この小芝居の時の一人一人が意外とキャラをしっかり作っていて面白かった。。
※こういうの見ると、また芝居コースでちゃんとした芝居公演やってほしい!「少女過激団」「天使にラブソングやで」みたいなやつ。しっかりした演技レッスンは歌ってもダンスにしても表現力が付くので、舞台人としてとても為になる。。……というヲタクの横暴な願望。。(^_^;)

ここでの群舞はまさにキャレスならでは。
フォーメーションが楽しい。

M10.Snatchaway/SKI-HI
めっちゃ楽しい♪
ダンスがかっこいい!
こういうフォーメーション好き。
個人個人のダンススキルがそれぞれ高いので、全体のフォーメーションもクオリティが高い。
サイコー!

M11.巡る巡る/神はサイコロを振らない
タテの動きがいいダンスですねー。

ここの辺り、M9はWAKANA先生(女子側)とU先生(男子側)の合作の振付で、M10-11はU先生単独。
WAKAちゃんの振付はフォーメーションが楽しくて、大人数の舞台を広く使っている感じ。対してUクンの部分はタテの動きがダイナミックに入っていてBeat感というか弾け感がある。
振付の違いが見えて面白かった!

M12.CurtainCall/清水翔太
大先輩である清水翔太の歌。
東島京(ミサト)クンと池田凛平(リンペイ)クン!
この2人、いいよねーっ!
サイコーっ!すごく良かった!

M13.UCHIRA/Rei(c)h
女子。
楽しい♪こんなん大好き(笑)

M14.Good Days/Girls2
メモには「楽しい!大好き」しか書いてない(笑)
この辺りでは、前田愛実ちゃん、稲積杏ちゃん、入谷芙羽ちゃんらが良かったです。

えーっと一人一人書いていては足りないんですが。
例えば川上穂莉ちゃんや樋口楽々ちゃん、赤松美空ちゃん、谷口かのんちゃん、穐田澪ちゃん辺りは、もうほぼ出ずっぱり感があって、ずーっとフロントでガンガン踊ってる感じ。
ダンス巧い子好きだから、こういう子には目が行く。。
……てか、一体一人何曲ぐらい覚えたの?(^_^;)
大変やん。。。

その晩、寝る時に目ぇつむったらホノリが踊ってる姿が出てくるくらいです(笑)

基本、自分ダンス好きだから「フロントダンス」(バックダンスではない)が凄かったらそっちに目が行ってしまう。。(^_^;) 
ちょっと勿体ないけど、歌うまいコはまたヴォーカルライブでしっかり聴きたいから。。。

M15.裸足のシンデレラ/703号室
鬼辻若奈ちゃんソロヴォーカル。
いいよね!この子!

M16.群青/YOASOBI
群青、いい歌ですねー。
ここら一連のWAKANA先生シリーズの「群舞する青春」(略して「群青」(笑))は、やっぱり楽しい♪
ずっと観ていたい!

これに応えるダンスメンバーもすごいよね☆
この学園ミュージカルって、ここだけ独立しても充分見応えあるんでー。
……いや、ほんま大好き★

もうほんと。
これ振り付けめっちゃ良い!ってなったのはたいていWAKAちゃん先生なんすよー。。。
あのフォーメーションは素晴らしい!それをしっかりこなすダンスメンバーも素晴らしい★
サイコーっ!

WAKAちゃん先生のフォーメーション系コレオグラフって、あのAKBを振り付けた「牧野アンナ」先生(元SUPERMONKEYS・沖縄アクターズスクールのチーフインストラクターでした)を越えてるかも知れない。。
※沖縄アクターズ時代は、よく生で現場で観てました(笑)
http://f-hakase.cool.coocan.jp/bb/index.htm#99spr

恐らくダンスメンバー個々人への信頼関係が生んだ賜物だと思うんだけど。。。
大好きだから、もっと頑張ってもっと上を目指してほしい!(>_<)
応援してるぞ!

M17.ごめんね朝寝坊/Folder
男の子(竹口玲唯クン)が日曜の朝ママさんに起こされるところから始まる。。。
子供たちによるフォルダの曲。懐かしい。
ダンスが元気いっぱいで良い!
で、実はダンスすごく巧い!

M18.W-B-X 〜W Boiled Extreme〜/上木彩矢 w TAKUYA
お母ちゃんの「アンタの好きな仮面ライダー始まるでー」ということで「仮面ライダーW」うん。ボクもこの仮面ライダー大好き!(笑)

この主題歌もすごくカッコ良くて好きなんだが、パンフにVo.とかDa.じゃなく「ダブル役」と書かれてあって驚いたらホントにコスプレだった。。
いわゆる2.5次元というやつ。
で、またこの2人が(片方は菅田将暉役)めっちゃ似てる!
※そういうとキャレス出身で仮面ライダーになっちゃた子いたよなあ。あ、仮面ライダーカリスかー。

M19.礼/HAEDS
HEADSの歌。そう、ワンオクが子供の頃に歌ってた歌。大好き。キャレスからデビューしてすぐの頃。
若い子たちがちゃんと歌い継いでくれていて嬉しい。
かなり良かったです。

M20.ゴー!ゴー!キッチン戦隊クックルン
NHK教育番組の主題歌。
かわいい!けど、短いっ!
もっと観たい!

M21.ハローハロー/てれび戦士(
天てれのED歌。ワキナナ(脇菜々香)の後継者たち(笑)>https://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1448.html
この曲!
チビちゃんたちがバリバリに踊るんだけど、あまりに巧いんでビビった!
ずいぶんとレベルが上がっていた!
特に前列で踊るロックダンスが、えげつなかった!
ここで注目したのは明石もこちゃん!
すごかった。。。
この曲の出演者には特に大きな拍手を送りたい。

M22.The Best Of Both Worlds/Hanna Montana
ディズニーチャンネル……ということで音源を勝手に(以下略)
あそこは怒ったらホンマに怖いでー(笑)
そこでソロヴォーカルは林田茶愛美(ちゃあみ)ちゃん。
すごすぎる。。。
末恐ろしい。

M23.Shake it Up/Selena Gomez
この2人のヴォーカルがすごい!
まさに成長株!
雑賀結月ちゃんって前はダンスバリバリに踊る子のイメージだったけど、今回は歌も歌えるイメージ。

M24.Breakout/Margaret Durante
着実に育ってるメンバー。
かっこいい。

M25.ウィーロック
素晴らしい。
すごかった。。
んで、ヲタ席がザワついたのはチャアミが担がれた時(笑)
あー、やったー。
伝統芸に入ったー(笑)
次は逆さ吊りにされるんだろうかー(^_^;)
本人が嫌がってなかったら良いんだけど。。。
ちなみに振付は伝統を受け継ぐ、あの先生(笑)

「第二部」
休憩の後、ワタナベエンターテインメントの渡辺高等学院大阪校および渡辺大阪芸術学院の生徒たちとのコラボSHOW。
ゴスペルチームを作ってコンテストに出る!というどこかで聞いたことのあるお話(笑)をミュージカル仕立てで。

うん。さすがにワタナベの生徒の子たちは基礎がしっかりしてるせいか、安定して巧いですね。
これからもお互い協力して刺激し合って、よりお互い高めていけたらいいですね★
※実はワタナベ生徒の中に一人抜群にダンス巧い子がいて、個人的にはずっとその子のダンス観てましたー。ゴスペル部分の冒頭に下手側の端でソロダンスする子、ね。

そして
M26.U/millenium parade&Belle
ゲストとしてキャレス卒業生であるモデル「海音」ちゃんが、劇場アニメ「竜とそばかすの姫」のベルに扮して登場、モデルウォーキング。
海音ちゃん、めっちゃ似合ってる。可愛い!
そして、おかえり〜!
https://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1833.html
https://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1798.html

スタイル抜群……というより細すぎないかー。(^_^;)
ちゃんとご飯食べてるかーっと、思わず心配してしまう。。
まぁモデルの世界って、そうじゃなきゃあかんのやろうなぁーとは思うけど。。

この演目に関して言えば、実はヴォーカルもかなり良かった。

M27.YOKAZE/変態紳士クラブ
BOYS。
やっぱりVo.の山川達平クン、めっちゃ巧いなあ。
この3人(RYO&Uも含めて)巧いのは巧いんだけど、達平クンが頭一つ突き出してる感じ。
しかもダンスも巧いし、すごいなあー。

M28.テンハネ1000%/BALLISTIK from EXILE TRIBE
BOYS曲。
キレ味あって迫力ありますねー。

M29.ヨワネハキ/MAISONdes
可愛い!……としかメモ残ってない(^_^;)
これDa.もかなり良くて好きでした。

M30.Starting Now〜新しい私へ〜
浜田真珠(マリン)ちゃんがセンターソロヴォーカル。
これ凄かった。
すごくええ歌やぁー(とメモ)
この歌、ゴスペルクラスということなんだけど、内容的にはキャレスのテーマソングになり得るくらいの内容。

ゲストトークコーナー
海音ちゃんを迎えてのトークコーナー。
MCは松元瑠流(ルル)さん。
CUTExBEAT時代が楽しかったとか。
初選抜の時に短い期間で10何曲も振付覚えた、とか。
https://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1323.html
https://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1383.html
そお、あの頃はツキイチLIVEがあったので、ファン的にも楽しかったです♪
またやってほしいところ。。。(ヲタの横暴な願望)

M31.喧嘩上等/氣志団
ここより「2.5次元コーナー」(笑)
いやまぁコスプレに関して言えば、個人的にプロ集団とも交流あるので(^_^;)
https://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1637.html
https://star.ap.teacup.com/hakaseslog/1551.html
https://star.ap.teacup.com/applet/hakaseslog/200902/archive?b=01
何とも言いませんが。
アクションは複雑で凄かったです。
歌の内容も良かったです。

※そういやキャレス卒業生・松下優也って2.5次元系の芝居やってたよね?>https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000022498.html

M32.紅蓮華/LiSA
これ!
浜田真珠ちゃんが「鬼滅の刃」禰豆子役なんですが、その鬼気迫る大胆なアクションがえげつなく(笑)そっちに目が釘付けになってしまって、Vo.が全然入って来ない(笑)
いや、これヴォーカルメンバー(樋高楽々ちゃん、鬼辻若奈ちゃん、奥村藍菜ちゃん)も本領発揮!という全力解放したパフォーマンスなんですが、眼前で繰り広げられる猛烈な殺陣がえげつな過ぎて。。。(^_^;)

M33.Renegades/ONE OK ROCK
続いての「るろ剣」ですが。
歌はワンオクということでキャレスの大先輩。
ヴォーカルの池田凛平クンはさすがに凄いんですが、コスプレの剣心役がRYO先生で相手役は中谷昂星(すばる)クン。
この殺陣がまた素晴らしい気合の入った殺陣で、めっちゃかっこいい!
※まぁRYOとスバルなんて、物心ついたころからずっとキャレスで一緒に過ごしてきただろうから、息もピッタリなんだろうなー。

今回のこの一連、2.5次元系の殺陣が結構あって、あれはまた別世界なんで大変だっただろうなーと。
2.5次元系の人たちでも、刀持っての殺陣はケガも普通にするんで、かなり気ぃ遣ってやる演目で、わざわざ京都で殺陣を専門に教えてる先生に習ったりしてました。。
だからこれらをかなり本格的に演じてくれたのは嬉しいと共に、めっちゃ大変やったやろうなあーというのは判ります。

ダンス巧いと殺陣も巧くなるんかな?
まぁ振付と同じと考えれば、それもアリかー。
※「ダンス万能説」(笑)

この辺からもう圧倒されてて、メモがあんまり残ってない。。(^_^;)
※実はきちんとメモってるっていうのは冷静さを保って観ているからで(笑)圧倒されたり感動しすぎたりしたところはほぼメモが残ってないのです。。。ご勘弁を。。

M34.Side To Side/Ariana Grande
ここから洋楽コーナー。
2000年代と言うことで、かなり懐かしい。
ピンク色のPOPな衣装。
アリアナ・グランデを浜田真珠ちゃん。
メモには「まりんすごいっ!」しか書いてない。(^_^;)
絶句してる。。
これDa.もすごかったんですけど。。

M35.Look What You Made Me Do/Taylor Swift
バスタブを置いてヴォーカルは樋高楽々ちゃん。
巧い。。

M36.Toxic/Britney Spears
青いミニスカートのCA風衣装が実にSEXY!
たまに、恥ずかしいのかスカートの裾をちょっと下げようとする(ダンスしてると上がってくるみたい)仕草が。。(^_^;)
図らずも視線がそっちへ行ってしまうので余計にSEXYだという。。。
この衣装はヲタにも好評でした。。。

M37.Kiss You/One Direction
かっこいいBOYSたち。
もう女子ヲタがキャーキャー言ってました。(笑)
……だよねー。
そう、こいつらかっこいいんだよ!
もっと女子来いよ!勿体ないぞ!
※あまり増えたらチケット争奪になるんで、それはそれで困るけど。(笑)

M38.Bootylicious/Destiny's Child
ヴォーカルが、チャアミ、ララ、マリン。
最強メンバー。
すごい!(としかメモがない)
圧倒されました。。
さいごのチャアミの表現力の凄さっ!
これ、生で観れたのは後年誇れると思います。(笑)
※後年って「老後」か(笑)

M39.Survivor/Destiny's Child
ヴォーカルの3人(瀧本結月ちゃん、生津輝咲ちゃん、杉浦しづきちゃん)がすごく良い!
迫力ありましたー。
結月ちゃんは、ダンスの時も常に笑顔なんで、観ていて楽しい♪大好き!

M40.Pop/NSYNC
BOYS。ダンスの切れ味がすごく良いっ!
かっこいい!

M41.BF/moumoon
これ、もちろんヴォーカルは松元瑠流ちゃんで素晴らしいですが、バス停のベンチで学校帰りにじゃれ合ってる2人(樋高楽々ちゃん、前田愛実ちゃん)があまりに自然で、ジャンケンしたり色々してるのが、あまりに子供っぽくて可愛らしくて。。。
普通のJCだよねー、という。。
ちなみにバス停は「稲荷前」なのでトトロが来そうでしたが。。(笑)

M42.花占い/Vaundy
ソロヴォーカルの瀧本結月(ゆづき)ちゃんは素晴らしい!
手前の演者の細かい演技も素晴らしい!
キャレスお得意の群舞!@WAKAちゃん先生
こういうの観ると、また芝居公演が観たいんだよねー。

M43.Question/Amber's
ここ、懐かしい(とメモに書いてるが、全然思い出せない(^_^;))
「ヴォーカル(伊佐彪向クン)の高音がすごい!」とメモに残ってます。。

M44.Last Love/Rihwa
ここのダンスが凄い!のはもちろん、RYOミクのカップル役がー(笑)
いつも通り、またRYOがカップル役かー(伝統)と思いながらみて観てましたー。
※うん。RYO先生(^_^;)を長年みてて思うのは、やっぱり姉のいる弟って、基本的に女性を敬うし、女の子の要望に有無を言わずに従うという本能があるんですよねー(笑)。ここ個人的にめっちゃ判る。(笑)自分もそう(姉を持つ弟)なんでめっちゃ共感する。(笑)オレはキミの味方だぞーっ(笑)

M45.Start/三浦風雅
ごめん。
メモには「BOYS4人すごい!」と書いてる。
内容をあまり思い出せない。。。
あとにもメモあるけど判読不能。。。

M46.IN THE HEIGHTS/「IN THE HEIGHTS」
さすがキャレスというステージ。
雰囲気素晴らしい。。。(とメモにある)

M47.Waveing Through a Window/「Dear Evan Hansen」
ミサトくん。感情表現が良く、素晴らしい歌声。
英詞なんだけど感情(内容)は充分に伝わって来るので英詞であることがあまり気にならない。。すごいよねー。
すごい力量。

M48.You Will be found/北中涼
ゴスペル。
ミサトくんセンターで、すぐ後ろにチャアミともこちゃん。
この3人の歌い方がすごく良くて感動した。
特にチャアミは表現が独特で、他の子と明らかに違う。
で、作ったのが元ドリメの涼クン。すごい。

M49.Sing To Heaven/キャレスオリジナル
天国の村上先生に届け。。。。

明らかに、先生のことを想って歌っている生徒たち。。。
あなたの教え子たちはこんなにも、その教えを受け継ぎ、育っていますよ。。
育っていく子たちの活躍が老後の楽しみ、と仰っていた故・村上先生。
……でも、だんだん村上先生没後に入学してきた子たちもいるんだよねー。
そこには温度差があるかも。。
今井先生、よろしくお願いします!
※今回パンフにも故・村上先生のことは特別に記述されていました。やはり今のキャレス卒業生たちの活躍の基盤は故・村上先生だと思うし、その教えをしっかりと受け継ぐ生徒たちの今後の活躍にも期待したいです。

M50.HOME/清水翔太
晩の部はここで、キャレスの大先輩である清水翔太の「HOME」を。
みんなで歌っていると、途中から何とサプライズで清水翔太本人が登場、一緒に歌うと言う演出。
出演しているみんなも知らなかったようで、あまりにビックリして泣きだしてしまう生徒や、恐れ多くて舞台から逃げてしまう生徒たちも(笑)

この歌、パンフに記載が無いので、急遽決まった様子。

いや、これ「HOME」を歌うというところで「この歌は清水翔太さんがキャレスのことを歌った歌です」という紹介が入ったので「あー、本人居らんのに歌うんかー」と思ったので、何となく登場しそうな予感がしました。

それと、当然本人もマイク持って出てきたので、舞台上のマイクが前曲より一本少なくて、少し妙(マイク受け渡そうとしてる子がいたので)だった、という。。。

歌の後「せっかくなので、一曲歌ってもいいですか?」ということで
「花束のかわりにメロディーを」。
素晴らしい歌声で「これがプロだ」という格の違いを見せつけられました。
いやあ、得した〜。

あれが「カネを取る歌」です。

あれ聴いたら、歌唄ってカネを取る(プロ)ってどういうことか?判ると思うし、あれがプロなんだと判ると思います。。。
生徒の子たちも刺激になったと思います。。

でもほんと、これだけのためによく来てくれましたねー。
清水翔太えらい!すごい!

そして「おかえり〜」

あ、ちなみに清水翔太ってキャレス在学中からもうメッチャ巧かったんですよー。
https://star.ap.teacup.com/hakaseslog/656.html

EN.GET A DREAM
アンコールはもちろん校歌「GET A DREAM」。
アンコールに入る前に、クラップMCが入って客席的には楽しかった。
幕が降りる時は、チビたちがしゃがんで手を振ってるのを振り返すという、GET恒例。

-------

ということで、3時間をゆうに超えるGET23公演でしたー。

いやいや。さすがに着席とはいえしんどかったです。
国際交流センターのホールって席に机があって(特急列車とか高速バスにある、イスから出てくるやつ)メモするには便利なんですがー。。(^_^;)

昼夜とも一応2列目だったので、舞台照明があるから演技中にメモも取れましたが。。。

ホールで座っていたからか、容赦なく(笑)長かったです。(^_^;)
途中で集中力も途切れます。。
オールスタンディングだと気ぃ遣ってくれるけど(^_^;)
MEG先生、容赦ないなあー。。
※まぁMEG先生、生徒時代には「8時間耐久イベント」とか出演してましたしねー(笑)>https://star.ap.teacup.com/applet/hakaseslog/200511/archive

まぁスクールの現場は「修行」ですから(笑)

でも、中身は素晴らしく良かったし、ずっとその間、極上の夢の空間に浸って入れたので、それはOKなんですが。。(^_^;)
我々スクールヲタのように集中して真剣に観ているにはしんどかったです。
※いやそれは、お前らが特殊なだけやろ(笑)


終ったあとは上本町で飲み会!
5人だったので、散々あちこち断られて行き着いたのがこの店。
すごい客対応も良かったし、料理も美味しかった!
めっちゃ良い酒が飲めました!
http://www.chisouan.com/uehonmachi.html
いい店なんで、コロナ終ったら是非!(>_<)
※帰りは徒歩10分でした(笑)

いやーサイコーの一日でした!

ありがとう!
みんな、ありがとうーっ!
サイコーやで!



※飲み会でも言ってたけど、例のオミクロン株のせいで、一週間ずれていたら開催は危うかったかも知れない。。。開催出来て良かった!ホントに幸せだーっ(>_<)!!

今回は、終ったあと、初見の方含めてガオラー飲み会の方々(どんどんこっちに引っ張りこんでいる)と一緒だったんで、そちらに行きましたー。
皆さんそろそろ色んな魅力に気付かれていて、裾野も広がりそうでした。
複数回来ている方々は、成長ぶりを楽しんでおられて、正しいスクールヲタになりつつあります

いや、一部「濃ゆい」スクールヲタも一緒だったので「デビューした頃の里中茶美(ISSAの姉)の現場の話」なんかも出ましたが(笑)
そーだよな!
ええ子だったよな!
だからその弟のISSA(DA PAMP)も、すごくエエ子やったのよ!@沖縄アクターズスクール沖縄本校
当時、だからこれはあかん!と思ってISSAは早々とデビューさせた、とのこと。(牧野アンナさん談)
※他の女生徒がレッスンに身が入らなくから。



8




AutoPage最新お知らせ