2006/2/5

ミニ探鳥会  バードウォッチング

今日は弥富野鳥園のミニ探鳥会に参加してきました。

 午後1時から約一時間の探鳥会です。
はじめてでしたのでドキドキでしたが、意外にも参加者が多くて二班に分かれて実施されました。
参加者は予想通り中高年のグループが多く、ファミリーや私のように単独は少なめでした。
普段は入れない野鳥園の奥へと入っていきます。まずはカワウのコロニーを目指して歩いていきます。途中に網が張ってありカワウの糞害対策にしているのだそうです。カワウのコロニーになっている木は全て白くなってしまっていて葉も生えていない死んだ木になっているのです。
糞の匂いもこのあたりで強くなっている。また、同じエリアにはアオサギも多く見られました。
フィールドスコープわ覗かせてもらったが、クッキリと立体化したような、例えるならハイビジョン映像のように見れるのにはビックリした。
さすがは10万を超える金額だけはあるな・・・(^^;。
次ぎは、今。弥富野鳥園で大人気のヘラサギを見ようとコースを変えます。職員の話しによると朝は居たそうなので本当に見れるのならラッキーとワクワクしながら歩き出す。
ポイントに到着。アオサギの大群の中にやや白っぽいのがヘラサギじゃないかと職員は言う。しかし、素人の私にはヘラ状のくちばしが見えない事には判断ができない。しかもこのサギは頭を反対側に向けて休んでいるのではっきりとわかりませんでしたね。
今回は初めて探鳥会というものに参加してみましたが思ったよりも参加者が多くて賑やかだったのが印象的でした。また気温も低く寒いのでカモ達も暖かい南の方へ移動しているかもしれないとの事で見れた鳥の種類としては少ない感じがしました。
ただ、近くで鳥が見れる探鳥会はのんびり歩いて鳥わ見れるし、解らない事があれば親切に教えてくれるし、高価なフィールドスコープも覗かせてくれるので私としてはかなり楽しめました。
次回は3月5日に2時間ほどの探鳥会が開催されるそうなので、是非参加したいと思います。
今回は電池を買うのを忘れてしまったためにデジカメの出番はありませんでした(^^;。

 それでは、本日見る事のできた鳥は・・・

カワウ・アオサギ・ツグミ・トビ・ヘラサギ?・チュウヒでした。

 この後、時間もあったので地元の天白公園に行ってみました。
午後4時。 でら寒い(^^;。
もう15分が耐寒限度です・・・ホントは寒がりのGUYなんです。

 観察できた鳥は・・・

ダイサギ・コサギ・カワウ・アオサギ・コガモ・オナガガモ・ホシハジロでした。

 反省点・・・。寒さ対策に手袋は必需品。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ