アメリカの最新ニュース  ニュース

ニューヨーク(CNN) 米国の10代の3分の1強が個人的ないじめを受けた経験のあることが、4日に発表されたCNNとオピニオンリサーチ社の共同世論調査で明らかになった。一方で大人の過半数が、いじめを重大な問題と認識していないことも分かった。

10代の子どもを対象とした調査では、全体の37%が、ほかの子から直接またはオンライン上で、からかわれたり嫌がらせや脅しを受けたりしたことがあると回答した。また68%が、同様の経験をしたことがある友人がいると回答した。

また、学校などでけんかが始まった際に、周りの子どもたちがどのような反応をするかと質問したところ、「止めに入る」が19%、「大人を呼びに行く」が23%、「何もしない」が34%、「けんかを煽る」が19%だった。

一方、大人を対象とした調査では、近所の子どもたちがほかの子から直接またはオンライン上で、からかわれたり嫌がらせや脅しを受けたりしていると回答したのは全体の66%に上った。一方で、近所の学校でいじめは重大な問題ではないと回答したのは51%、全く問題ではないとしたのは14%に上り、重大な問題だとした大人は30%にとどまった。

アメリカのいじめ問題は意外と深刻だったりするので、
割と興味深いニュースではある。
大人たちは、意外にもいじめをあまり重要視してないところが、
ショックだった。




コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ