今使ってる日記サイトからココへの移動を計画中。試運転。

2013/3/17

2013.3.17(日) いろいろ  
まずは・・・
今日は久しぶりに休み。
あっついし、何もしたくないけど、会社の人と外出。
この人もタイに来なくちゃいけない、いろいろ身の回りの物が欲しくなる、そん時どこで買えばいいの?って。

個人個人に車&運転手でももらえればそんな悩みはないのだが、そうもいかない。
俺の知ってる中で、2駅ほどBTS(モノレール)に乗れば、駅前にそんな店があるんで、そこに行ってみようって事になった。

駅のホームに着き、暑いのでぼーっと待ってたら・・・目の前になーんか見た事あるやつが・・・
高校の同級生「ひろし」だった(笑)
俺が先に気付いたのだが、あっちも焦ってたようだ。
だって俺も焦ったもん、富山でも数年に一回しか会わないのに、日本じゃなくこんな所で偶然に会うなんて(笑)

ひろし君は5-6駅ほど先まで、家族(嫁&子供)と買い物に行くらしい。
俺は2駅で降りるので、それまでいろいろ話をしたが・・・たかが数分。短い。
連絡先すらろくに聞かなかった(住んでいる所は聞いた)。
俺もその近くに住む予定なんで・・・よろしく(笑)
っちゅーか、俺の方がこのエリアでは大先輩なんすけど。

もうひとつ。
その駅の改札の横に「カットオンリー、100B、所要時間10分」という床屋を見つけた。
100B=300円だ、髪が伸び気味だし、清潔な店だし、切ってみようかなと。
外出から戻ると・・・人があふれている。
まあいいわ、今のホテルはココからメチャクチャ近いし、1時間たったらまた来よう。

・・・1時間おきに3回行ったけどずーっと満員、待ち客だらけ。
切る前に自動販売機で100Bのチケットを買わなくてはいけないので、店の外にも待ち客が・・・
俺は「どうしても髪を切りたい」モード。

道をぶらぶら2-3分歩き、完全どローカルの床屋発見!もちろん入店、待ち1番。

5分もたたないうちに「席に座れ」と。
で、何も言わずにまずはシャギー(髪全体をすかされた)、次にサイドをバリカン。
そんで襟足を剃刀で剃られて、全行程約15分。「How mach?」「80バーツ(240円)」???マジ?(笑)
お世辞にもきれいな店ではないが、客もそこそこいたし、剃りもあったし、こっちのほうがいいじゃん。

ただし・・・微妙に「これは失敗?」っつーところもある。
右左が若干長さが違ってる所があるし、揉みあげなんてパッツンと剃られた。
そこはワックスでヘアスタイル作ってごまかしやね。

しっかしやっすいねータイの床屋、美容院時代は毎回8000円ほど、富山に戻って床屋になっても毎回4000円程なのに「240円」だぜ?
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ