カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

google map

顔文字教室

statistics

最近のトラックバック

 

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:森下
突然のメール、失礼いたします。
私はS.28年生まれですのでずいぶん後輩ですが、神戸生まれ(現在芦屋市在住)、甲南で10年間学んだ(遊んだ?)ので、昔の神戸の音楽事情が涙が出そうに懐かしく熟読させていただきました。
甲南中学へ入り始めての文化祭で聴いたのが、故人となられた大村憲司さんが赤いモズライトで弾くベンチャーズでした。その後、大村さんをはじめ、ベルベッツに諸先輩にも可愛がられ北野町のコトブキの細谷邸のガレージの練習にも立ち合わせていただきました。その頃知己を得た若き日のアベーラさんのお写真も懐かしく拝見させていただきました。
私のギターデビューは当時加納町にあったアオイ楽器で約7万円程で購入したYAMAHAでした。
時を隔てて、40年後の50歳を越えた数年前、ライブハウス等で知り合った同世代の音楽好きといま流行のオヤジバンドを結成、よく聞くと全員甲南・関学・甲南女子の卒業生という偶然がありました。3年前頃からオヤジバンド・コンテスト優勝、その後ビルボードライブ大阪(旧ブルーノート大阪)、武道館で加山さんや加瀬さんのバックで演奏とエレキバンド三昧の毎日。
現在、40年前手の届かなかった憧れのモズライト数本をはじめ壁に並ぶ約30本のギターと数台の名品アンプに囲まれ、幸せな老後(笑)を送っています。
ご健康に留意され、このホームページをお続けいただくことを願っております。
もし、神戸に里帰りされることがございましたら、ぜひご連絡をください。
投稿者:Kazy First man 
当時の電子楽器事情は下記に掲示させていただきます。
http://6404.teacup.com/firstman/bbs
投稿者:j
古い機材に興味がありいろいろ調べているところです。
機会があったらMultivox等も使ってみたいです。
日本では発売されていなかったのですか?
米国仕様なら115Vが必要ですかね?
Firstman SQ-01が欲しくて以前から探しております。youtubeにデモがありますね。
投稿者:Kazy First man 
ご投稿有難うございました。
まず、私の上記物語で掲示している中で一つだけ事実と異なることがあります。
それは実名のイニシャルをTKにしていることであります。
かし今回のご投稿により、誰であるかは明白であります。それゆえわざわざ書き換えることはないと思います。
R社の前身A社の専務をしていたTK氏にアメリカへの進出を可能にさせたのは、上記物語のM社の社長サルツマン氏に他なりません。
当初TK氏がR社を設立し、米国の市場にフィトした製品開発の情報提供はM社から受けていたことは間違いなかったのです。
ゆえにそれによってR社が開発した製品は当然M社が発売しても問題ないとの事でしたし私もその意見に賛同し生産を引き受けましたがその他の機種は全く引き受けていません。
アカイやホーナーのことも書かれていますがそれらの全てはオリジナルであります。
現在一般的な自動伴奏に複雑なコードに対する対応やイントロ・エンディングなどの機能が装備されたキーボードは世界でホーナーが最初でした。
一時この機種の大ヒットで日本の電子楽器の輸出に大きな影響が出たとも聞いてます。
これは物語にもある大手スーパーダイエーの中内氏との特許出願の開発が一部流用されたものであります。
これで当ブログの私の物語とR社との裏での熾烈な戦いの関連性が皆様にお分かりいただけると思います。
投稿者:j
Multivox MS202あたりの話ですかね。
興味深い話です。

http://www.soundonsound.com/sos/Jul02/articles/retrozone0702.asp
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ