2019/6/12

偶然にも見かけた名鉄3107Fの特急ユニホーム姿!!  鉄軌道

突然にも特急色に塗り替えられた名鉄3107Fですが、私自身も昨日(6/11)夕方、名鉄名古屋駅下り線ホームで目撃。あいにくスマホの電池が切れかかっていたため、今回は撮影できませんでした。

豊橋寄りに3523Fを従えて、急行・岐阜行きに充当されていました。

内装はロングシートのモケットデザインが2200系や3300、3150系同様に張り替えられたこと以外、特段の変更点もなさそうでしたね。

なお、その前日には2205Fに併結されて、特急運用にも入ったらしい。

今回の塗り替えについては、一般の新聞や名鉄公式サイトなどでも本投稿時点では特に言及はありません。

まあ、1800系やかつての1850系のように、昼間はどうせ各務原線や広見線犬山口、河和線辺りで普通列車にでも使われているか?と思っていましたが、3100系は全ECB車と併結運用可能なためか、昼間は名古屋本線の急行や豊川線の直通急行にてT4編成のリリーフ役を専ら務めているようにも見えますね。

3107Fはスカート部分も赤く塗られましたが、ミュージックホーンは搭載されなかったみたいですよ。

3100系は、今後は9500系やその2両組成も多分、新たに造られそうなので、恐らく複数本が特急色に模様替えすることでしょうね。

残りは赤塗装のまま、やはり遠からずワンマン対応に施工されて、もしかしたら、6009〜6014Fを淘汰しながら蒲郡線や広見線末端区間入りかな?

・追伸(6/13)…………よくよく考えればパノラマスーパー最盛期の1999年頃は、1200系と1230系は計16本、1800系と1850系は計12本いましたね。それに対して、2200系と1700系は本投稿時点で計17本です。その割合から考えれば、3100系の特急色化は12〜13本ぐらいまでで打ち切り、残り10〜11本はすべてワンマン対応化させて、蒲郡、広見、豊川、尾西各線の普通列車にも回したらどうか? これに合わせて、蒲郡線と広見線末端区間もマナカ等に簡易対応させるのが理想でしょうね。JR西日本に倣った車載型マナカ等改札システムを3100系や3150系、6800系の一部編成に導入を提言したいと思いますよ。もはや、6009〜6014Fも車齢41歳で老朽化も著しく、そろそろ勇退させたいですから。うん。
0

2019/6/12

梅雨入り直後の食事は選択に悩む…………  グルメ・料理

まだ冷麺もあまり飲食店にはメニューに出ていないようだし、悩みますねぇ…………。

画像は、山形ラーメンと味噌煮込みうどんです。先日はやや涼しかったため、割合に美味しく賞味できましたがね。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/6/12

我が家の菩提寺から贈られてきた奇妙な“お礼”…………  日常生活・娯楽

去る4月19日夕方に親父の四十九日忌明法要を執り行ってから早いもので、本投稿時点で2カ月近くか。

当の親父も来世にて、かつての知人、会社同僚、親族、祖父母、学友らと積もる話を存分かつ満足に出来たのかな?

………………さて、その寺から画像の“お礼品”が…………。ありがたく頂戴しましたが、何とお酒!!!

親父も生前は喫煙も飲酒も程々ながらも、たしなんではいたものだが、お供え品に酒とは、ちょっと苦笑いかな。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/6/8

東京メトロ、方南町支線の輸送力を大幅増強!! その他…………  鉄軌道

既に報道されたかと思いますが、東京メトロは丸ノ内線の方南町駅ホーム6両ホーム化竣工に伴い、来る7月5日にダイヤ改正を行います。また、この改正に合わせて新2000系の運用もかなり増えそうで、02系は大幅に姿を消しそう。

私自身は本投稿時点では2000系には未乗ですが。うん。

これまでの池袋〜新宿折り返し便、池袋〜荻窪全区間便の一部を方南町発着に変える形が大半ですが、従来の3両編成列車も暫くは残るようですね。

但し、2000系に今後、まさか3両組成が造られるとも思えず、02系全廃時には3両編成列車は姿を消し、再びダイヤ改正が行われそうな気がしますね。

丸ノ内線は古くは池袋〜成増、比較的近年では荻窪〜朝霞の延伸構想もありましたが、前者は有楽町線建設により取りやめ。後者も結局、断念に。

やはり第三軌条式な上に車体も小さめだったのがアダになったか。


…………さて、ここしばらくの間に、横浜市内ではシーサイドライナー(新交通システム)やブルーライン(地下鉄)で相次いで事故が起こりましたね。中でもブルーラインはまさにプロの保線作業員によるごく単純な人為的ミス。今までの名鉄や名古屋の地下鉄などでは考えられなかったですね。まずは、これを撲滅してくれない限りは、京浜急行本線への直通乗り入れの提言はかなり難しいだろう。近鉄が鋭意開発中のハイブリッド集電システムなんて、まともに扱える筈がない!!

また、シーサイドライナーはまさにコンピューターやハイテクに余りにも頼り切った顛末だ。肝心なフェイルセーフ機能が全く搭載されていなかったそうじゃあないか!?リニモや大阪メトロのニュートラムは本当に大丈夫かな?(苦笑)
0

2019/6/1

最後は、わらび餅に舌鼓!!  日常生活・娯楽

有松界隈で食べた、わらび餅です。あまり冷えてはいなかったが…………。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2019/6/1

有松では初めて見た山車も!!  日常生活・娯楽

まるで、高山まつりにでも訪ねた気分です!!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2

2019/6/1

帰りには有松絞まつりも訪ねました!!名鉄3305Fに久々の再会も!!3107F塗色変更のニュースも!!  日常生活・娯楽

例年、浜松まつりとか、有松絞まつり、熱田まつりなどは時節柄、雨に降られる場合が多いですが、今回は例外。蒲郡からは金山駅に戻り、名鉄の急行・豊橋行きで有松(当日は臨時停車)に向かいました。

何と前の4両は、久々に3305Fの元気な姿が!!

一体いつから営業運用に復帰していたのか? 幸いにも転換クロスシートは健在だし、 特に車内照明もLED化はされていないようですね。さて、残る3154Fの消息は如何に?

また、とある動画サイトによれば、3107Fが最近、車体カラーが変わったとか。先頭部は今の1800系、側面は2200系に準じたデザインになったらしい。近日中にも名古屋本線や河和線などの特急運用にでも現れそうだが、3100系は、むしろ、これまでは一部の編成が蒲郡線や広見線末端部に移るともみられていただけに、よく分かりませんな。もしかしたら、9500系デビューにも備えたのかも?

………………画像は、特別公開された、とある旧家の屋内にて。往年の著名な学者や女優が見事に表現されていますね。(微笑)

・追伸(6/2)…………あの名鉄3100系、運用面で最近は余裕も出てきたから、もしかしたら、2200系増結兼用(つまり2800系?の代用)と三河・豊川・尾西線ワンマン兼用、蒲郡・広見線ワンマン兼用の3グループに分けるつもりなのでしょうか? 特に蒲郡・広見線のワンマン編成(6000系第3次車)の老朽化が最近はとみに目立っており、9500系が量産化されれば6000系列の大量淘汰も予想されますし…………。

もし当たっていれば、これからは主要幹線でのT2編成運用は3150系や9100系?が中心になろう。3500、3700系などT4編成までが、まさか特急色になるとは思わないが。うん。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/6/1

仕方ないので、鉢植えのアジサイを観賞…………  日常生活・娯楽

さすがに、鉢植えものは見事な満開ぶりでしたよ。(微笑)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/6/1

どうにか、形原温泉あじさいの里には着いたが…………  日常生活・娯楽

何と、本投稿時点では、まだ二分咲きぐらいみたいですな。(苦笑)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/6/1

形原温泉あじさいまつりに行くつもりが…………  日常生活・娯楽

親父の遺品整理が一段落したため、梅雨入り目前の晴天を利用し、母と久々に形原温泉あじさいまつりを訪ねました。

しかし、JR蒲郡駅前での名鉄バス側の案内が余りにも悪すぎる。

当日は、たまたまラグーナで大規模なイベントがあり、蒲郡駅前から臨時便が多数増発されていたのだが、行き先表示は全て“有料シャトルバス”だけ。臨時券売場でも“ラグーナ”の表記は特に無く「名鉄バスはこちらです!!」の一点張り。

結局、乗り間違えに全く気付かず発車し、ラグーナ前停留所で降ろされましたね。

余りにも不親切な表示なので乗務員に苦情を伝えて抗議。そのまま駅前に戻り、往復分とも返金して貰いました。

結局、昼食後にようやく“あじさい号”に乗りましたが、疲れてしまいましたよ…………。

“あじさい号”は蒲郡営業所の車両でしたが、先述の“有料臨時シャトルバス”は主に岡崎、知立、豊田各営業所からの出張車両で、あの4桁の車号をよくよく見れば、何と、鳴海線とか豊明団地線、赤池・豊田線などで普段、見慣れた車両ばつかりじゃあ、ありませんか!!!

鳴海線でよく見られた4824、4825、4828号車はいなかったようだが…………。ただ最近は、これらのフルカラーLED方向幕車両は消息を絶っており、もしかしたら、今は他の営業所にでも異動したのかな?

それにしても、あのシャトルバスの行き先表示では“あじさい号”と間違えられても当たり前!!“ラグーナ有料臨時シャトル”に変えるべきだ!!系統番号とかフルカラー云々以前の問題ですぞ!!(怒!!)

………………画像は、蒲郡駅前で食べた活魚料理です。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/5/29

令和時代早々、またもや悲惨な無差別殺傷事件…………今度は登戸駅近くで……  防犯・防災

既に各報道にてご周知かと思いますが、昨日(5/28)朝、小田急・JR南武線・登戸(のぼりと)駅に程近い通学バス停留所で待ち合わせしていた19人が50代の通り魔に無差別で刺され、うち小6女児と、また別の児童の父親とみられる39歳の外務省職員が亡くなられました。

小田急沿線と言えば、座間駅近くの賃貸住宅で発覚した多数の猟奇殺人事件のことがまだ記憶に新しいし、またそれより前には秋葉原の中心部でも無差別殺傷事件がありましたね。平成時代では、そういう悪質犯罪が多発したのだが、残念ながら令和時代でも現状ではそう変わらないのか?

ここに慎んで、不幸にも亡くなられた方々におかれてはお悔やみを、また負傷された方々にはお見舞いを申し上げます。合掌。

あの包丁4本を所持し、振り回して暴れた容疑者の男は程なく身柄を確保されたものの、現行犯逮捕が成立する直前に捜査員の隙を見て自分の首を刺し、卑怯にも自殺して“この世から逃げ”ました。容疑者は普段はごくおとなしくて目立たない性格だったそうだが、人付き合いがかなり苦手だったらしく、すぐにカッとなりやすかったとか。

今回の事件も真相は闇の中に葬られてしまうのでしょうか。容疑者が死亡したため、悔しくも書類送検だけで終わりそうだが、不幸にも被害者や遺族たちは一体、こういう場合は誰に損害賠償を求めたら良いのか? 何とも、やりきれませんね。

今回の事件発生原因の究明や再発防止策としては、まずは犯罪心理学とか社会学、精神医学、そして都市・交通工学とか同じく経済学など多面的な視点で検証しなければならないでしょう。

私自身も昨年夏に小田原駅から新宿駅まで新型ロマンスカーのGSE車に乗り合わせましたが、その車窓から見た座間市とか川崎市多摩区登戸新町の界隈は、意外にも昔ながらの長屋とか木造の平屋、大型ショッピングセンターは少なく、やたらにコンビニが目立ち、豪華な高層マンションばつかりが乱立していたような印象を受けましたね。確か、梅ヶ丘駅近くには昔ながらの羊羹型中層団地もありましたが…………。しかしながら、テレビにも映った、あのファミリーマート川崎登戸店。今後暫くは客足も遠のきそうで、ちょっと心配です。

梅ヶ丘団地は民放テレビドラマ“おさな妻”の舞台にもなりましたが、放映されてから既に半世紀か。もしかしたら、あれから建て替えなどで、すっかり姿を変えてしまったのかしら?

全く私個人的な主観に過ぎませんが、あの辺りは、もしかしたら、いつの間にか単身赴任者とか他地方からの移住者ばつかりになり、一般的に近所付き合いは、よつぽど疎遠なのだろうか? もし本当ならば、長期療養者や高齢者等の孤独死などが起きても発見しにくい筈だ。

かつては歌謡曲で“私鉄沿線”が流行りましたが、やはり純然たるベッドタウンでは心理的に何だか寂しさを禁じ得ません。残念ながらも今の名鉄や近鉄、東武鉄道、京成電鉄、京浜急行などとは雰囲気は全く違うようですね。

確かに名鉄でも三河知立駅ホームでは殺人事件もありましたが、沿線の民家住民はまだまだ連帯感もかなり残っているような気がします。

名鉄でも、これから名古屋駅付近だけでなく、知立駅前や東岡崎駅前、鳴海駅北口、喜多山駅などでも新たな再開発が控えていますが、あまりにも殺風景な設計は人の心も荒み、悪質事件発生のもとか。やみくもにベッドタウンを整備するのではなく、潤い豊かな街づくりにも特に力を入れて戴きたい。

・追伸…………先述の外務省職員はミャンマー語が堪能で、かなり貴重な存在だったそうですね。岸田外相とアウン・サン・スーチーさんとの通訳も務められたとか。テレビ出演もされたようです。あの東海道新幹線の車内無差別殺傷事件では将来を嘱望された東大卒の技術開発スタッフの男性が犠牲になられましたが、そちらの遺族も、さぞや今回の事件発生を聞いて、さらにショックを受けられたのでしょうね…………。
0

2019/5/26

近鉄、FGTとハイブリッド集電車両のどちらの実用化が近いか?  鉄軌道

近鉄では、まずは京都〜吉野間を結ぶフリーゲージ特急車両と、夢洲〜奈良を結ぶハイブリッド集電特急車両の開発・実用化を示唆しましたが、あれから開発の進捗状況報告は無しのつぶて。まるで、名鉄金山駅のホームドア整備構想と似ていますな。(苦笑)

ただ、比較的最近になり、車両製造元の近畿車輛会社はハイブリッド集電システムについては既に実用化して久しい欧米の車両メーカー関係者を呼び、開発アドバイスを受けているような段階に入ったらしい。

やはり、実用化期限が2024年(令和6年)度内に迫っているためか、そう、のんびりも出来ないようですね。(苦笑)

識者の間でも、FGTよりは遥かに簡単だという見方も多いし、あとは複電圧対応に迫られるため、むしろ、そちらの方でちょいとばつかり苦労するのではなかろうか?

かつては名鉄、近鉄とも直流1500/600ボルトの複電圧車両は多数いたようですし、宇都宮ライトレールは、将来的には何らかの形で東武鉄道宇都宮線にも直通させたい理由からか、750ボルトになるとか。吉備ライトレールの行方も気掛かりですね。

なお、富山ライトレールは近く富山地方鉄道に接収されるとか。かつてのJR富山港線も結局、行き着く先は富山地方鉄道にまるまる譲渡されるわけ。かつては当然ながら1500ボルトでしたが、路面電車化で600ボルトに降圧されました。今後は、将来の宇都宮ライトレールを見据えて、富山地方鉄道の本線系への乗り入れも模索されたい。

さて、近鉄が仮にFGTの開発に不幸にも失敗した場合、単線の吉野線だけは標準軌化し、大阪方面は難波始発になることも予想します。保守が難しいという三線軌化には否定的だそうだから。うん。
0

2019/5/23

すっかり泥仕合になった米中経済戦争…………  政治・経済・国際

ここ数カ月間は、ご周知の通り、米中経済戦争(?)のせいで、本格的な不況が襲って来ないかどうか、神経質になっていますね。

日本でも、あの高度経済成長時代さ中にも、1967〜69年頃など、ちょいとばつかり不景気になったような記憶はありますが、消費増税が予定される10月頃が心配されます。政策を間違えれば、リーマンショック並みの不況再来にもなりかねません。脅かすつもりは毛頭、ないのだが。うん。

画像は、世界中からボイコットされたようにも映る中国の著名スマホメーカーのロゴなど。液晶ディスプレーもワイドで、今話題の5G時代の対応にも万全だと熱く期待されていただけに、肝心な基本ソフト(アンドロイド新バージョン)の提供までが切られてはなぁ…………。(苦笑)


クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/5/22

名鉄5000系、IGBT素子が製造継続されているうちにVVVF車化したら?  鉄軌道

名鉄9500系の新造発表以来、京成電鉄3100系とか新京成電鉄80000系も発表されましたね。

これまでのGTO素子は廃れ、またJR西日本207系以来、大半の電鉄業者が廉価なIGBT素子を専ら賞用してきましたが、これも、そろそろ曲がり角に入りました。

東武鉄道や東京メトロがいち早くPMSM(永久磁石同期モーター)を実用化、採用したほか、JR九州やJR東日本、南海電鉄などはコストパフォーマンスの面からかSic素子を採用し、さらなる省電力モーターを搭載することに成功していますね。

さて、本投稿時点では従来型のIGBT素子や誘導モーターも引き続き製造継続しているものとみられますが、いずれは廃れて、ゆくゆくは製造もやめてしまうことでしょう。また、Sic素子の量産化や普及で価格も下落しているようならば、いっそのこと、今のうちに名鉄5000系の全編成をすっかりコストダウンされた残存IGBT素子を利用してVVVF制御に改造したらどうかと思います。今の養老鉄道7700系などをお手本にして…………。

ブレーキも同時に電気指令式化して、今の3500、3700、3300、9500各系と営業併結運用できれば、もう言うことはない。ただ、改造後の編成形態は今の4000系に準じたTcMMTcにならざるを得まい。

一時は5014Fの早期廃車説まで飛び出した界磁チョッパ制御、空気指令式電磁直通ブレーキの5000系。まだ暫く1200、6500系が残るようならば、これらの走行機器を補修用にストックしておくことも大切でしょうね。それには5000系からの捻出品も必要かと…………。

あるいは、5000系は現状のまま使い続け、ゆくゆくは三河線の都市型ワンマン運行用にでも回すつもりだろうか?
0

2019/5/21

今後は伸びるか!!ハイブリッド動車列車(AZUMA就役に寄せて…………)  鉄軌道

イギリスの高速鉄道では、このほど日本の日立製作所に発注していた高速電車列車“AZUMA(あずま)”を北東部の路線に就役させした。

今後は部品を日本から輸入して、英国内で組み立てることも想定されているとか。

この“あずま”、確かに電車列車ですが、驚いたことにはディーゼル発電装置も搭載して非電化区間にも自力走行でき、まさしく機関車要らずの客車列車の機能を持っていますね。性能諸元の詳細については、本投稿時点では不明だが、ひょっとしたらJR東日本のE001系(四季島)のようなハイブリッド・ディーゼル蓄電駆動方式(EDC型)だろうか? 向こうではバイ・モードとか呼ばれていますがね。

車体は何となくJR九州の885系電車に似ていますが、車内デザインは現地利用客にとってもかなり好評とか。

こうしたEDC動力列車システム、日本ではE001系だけに甘んじていますが、今の優等列車の運行体系をよくよく考えれば、東武浅草〜会津田島〜会津若松〜喜多方間とか、あるいは函館〜新函館北斗〜長万部〜ニセコあるいは伊達紋別〜小樽あるいは東室蘭〜札幌間、岡山〜多度津〜伊予市〜宇和島間などにも向いたシステムではなかろうか?

あのE001系みたいな5電源システム併載では、さぞや無駄も多かろう。まずは、直流1500ボルトとディーゼル発電との組み合わせでJR東日本、西日本、東海、四国、東武鉄道などの特急から始めたらどうか?

また、名古屋から比較的近い路線では、名古屋〜樽見、北濃間とか、京都あるいは大阪〜天橋立〜綾部間、京都あるいは大阪〜城崎温泉〜鳥取〜米子〜出雲市〜益田〜東萩あるいは津和野〜幡生〜門司〜小倉間で臨時観光特急とか団体貸し切り列車等にぜひとも応用できないか、検討されるのも決して悪くはないと私自身は思いますよ。

さらに、大糸北線は地盤がかなり軟弱で電化もまず無理とか。こういう路線こそEDCシステム導入が最適でしょうね。ただ、車両の天井は通常の電車よりは幾分、低めに設計した方が良い。

せっかく日立製作所が編み出したバイ・モード。地元の日本の鉄道がただ指をくわえて黙って見ている手はなかろう!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ