ダムダリ夢を見る α星系

〜マイクロ戦士の休息〜

 
お知らせ:新しいブログ『β星系』へ引っ越しました。

トップへ 目撃画像アーカイブ プラモデル 宇宙から 映画とか ネット&小技 モノ好き くっちゃベり 資料
SylphidStar

ダムダリって?


β星系へ
引っ越し
ましたぁ


アクセス
今日 昨日


ダムダリの星へ

ブログリンク


ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Juzo
げげ!気付いてなかった・・・同じ人の設計なんですね。どれもこれも挑戦的なメカばかり。
これぞ「プロジェクトXマン」なんつて。
ところで、
もう終わっちゃいますが、NHK教育でやってる「二つのスピカ」というアニメが、すごい地味ですが「宇宙もの」みたいです。宇宙シーンは無いんですが、宇宙への夢と憧れと切なさ「だけ」で構成されてる・・・模様。ちゃんと観てなくて、数話とオープニングでなんか「じ〜ん」としてるだけなんですけど。
投稿者:ダムダリ
バートルタンの飛行機ってインジェクション聞いたことないなあ。
ボイジャー、プロテウス、スペースシップ1、それにエイセスに出演した戦闘機・・・どれもかっこいいよねー。
うっそういえば加速シーンは一瞬しか見たことない(;O;)

http://star.ap.teacup.com/damdari/
投稿者:Juzo
>これほどの快挙、これほどのシルエットがプラモにならないんだもんね〜(^^;)
ね〜〜っ(^^;)
レジンキットにはなってますね。マニア向けならある・・・と。一般の関心がいまひとつ、なのかな?
「CBSドキュメント」だったかで特集したのを見ましたが、低コストだし、合理的だし、アイデア満載で「燃え!」ました。
なんたってカッコいい。まるで昔の少年雑誌の口絵。おまけに合体(分離か)・変形メカ(^^)
プラモ欲し〜。1/48ぐらいで。
その番組での映像でもそうだったんですが、ロケットがモーターに点火してぐんぐん加速、空を駆け上がっていくシーンって、何度見てもグッと・・・なんかこみあげてくる感じです。なんでか。
投稿者:ダムダリ
> 例の民間「宇宙船」
これほどの快挙、これほどのシルエットがプラモにならないんだもんね〜(^^;)

> 「自由落下に入ったからな」
おーっ、理想的な親子の会話や(^^;)
これが一昔前なら「引力と遠心力が釣り合って・・・」となるところ、さすがでございます!

http://star.ap.teacup.com/damdari/
投稿者:Juzo
どうもグチりになちゃって・・・(^_^;)。
>有人に関してはいつの間にか宇宙のスケールが縮んでしまい・・・
あ、それ私も同じように感じてました。いや、例の民間「宇宙船」は好きなんですけどね。「謎の円盤UFO」のルナ・キャリアに似てるし(^^)がんばってますよね。

>平成11年からSI単位系への正式移行で・・・
>語呂がなぁ(^^;)
あはは、語呂はね(^^;)。たしかに。
なんかね〜、いまだに、「宇宙に出ると重力が無くなる」って感覚で堂々とお喋りになるオトナの方が・・・。ぶちぶち。
教育にも根本的な問題があるんでしょうかね。

親と子供がTV見ながら、「お、シャトルが予定軌道に投入されたぞ」「固定されてない物が浮かんでるね」「自由落下に入ったからな」「それって、遊園地のと同じなの?」「ああ、ある速度だと地球の周りをずーっと落ち続けるんだ」「それ第一宇宙速度って言うんだよね。小学校で先生が言ってた」・・・なんて会話が普通に交わされててもいいじゃん。
ムリ?(つか、↑この会話、間違ってたりして?)


投稿者:ダムダリ
> 「衛星軌道は宇宙じゃねぇ」とか思ってる自分もあったり
衛星軌道どころか現代の基準では弾道飛行でも宇宙認定です。有人に関してはいつの間にか宇宙のスケールが縮んでしまい、それでも宇宙に拘る民間の人たちは例え1分でも無重量が体験できればそれが「宇宙旅行」だと言い張って夢を繋ぐ。涙ぐましい民間の努力ですね。

> 「少年の日の夢の宇宙」は、こういうんじゃないんだがなぁ
どの宇宙図鑑でも、ラグランジュポイントの宇宙ステーションや月基地から有人宇宙船が太陽系の隅々まで冒険へ出かける様子が綺麗なイラストで描かれていましたね。

> 「宇宙に行くと無重力ですからね」って非科学的な表現はやめて欲しいです。
あはは「無重量」の件ですね。語呂が日本人の体に染み付いちゃってるからなあ。
でもこれは非科学的という理由だけじゃなくて、平成11年からのSI単位系への正式移行で「質量」と「重量」を明確に区別する必要が出てきたので、今や「無重力は間違い」と教育される時代なんですけどね。語呂がなぁ(^^;)

> 「子供達・学生の科学派離れ」
毛利さんがシャトル内で紙飛行機の実験をやるってときは、当日まで周りのオヤヂどもは熱い議論を交わしました。でも子供達はまったく興味なし。そりゃそうです。無重量以前に飛行機の原理を知らないんだもん。

http://star.ap.teacup.com/damdari/
投稿者:Juzo
実は・・・NHKなどで、あまりやる気を感じられない宇宙関連番組など見てると、シャトルミッションや国際宇宙ステーションなどの話題で「宇宙に行くと」「宇宙では」と言ってるのを聞いて、小声で「衛星軌道は宇宙じゃねぇ」とか思ってる自分もあったり・・・します。
実際にシャトルミッション等に関わってる人々の努力を貶めるつもりはまったくないんですが、「少年の日の夢の宇宙」は、こういうんじゃないんだがなぁ、と。
外惑星への無人探査の話題の方が、まだ「ワクッ」とします。切なさ込みで。
関係ないですが、いいかげんTVで「宇宙に行くと無重力ですからね」って非科学的な表現はやめて欲しいです。子供の教育によくないぞっ!とか。
そんな認識のNHK(あ、いっちゃった(^_^;))が「子供達・学生の科学派離れ」を云々するってのは・・・どうよ?とも。

タミヤ最新情報

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メッセージBOX

AutoPage最新お知らせ