2011/1/30

春日歴史民俗資料館・郷土資料館を見学  文化財研修記

春日局の生誕地である黒井城下館(現:興禅寺)、富岡鉄斎の母の絹が春日町出身と云う植野美術館「富岡鉄斎の絵画展」を見学後、春日インターチェンジ手前の春日歴史民俗資料館・郷土資料館を訪ねました。

この春日郷土歴史民俗資料館は、綾部郷土資料館建設推進協議会からの視察で、綾部の文化財を守る会会長の故木下禮二先生、同事務局長の故山下潔美先生たちに教わりながら、先進地資料館の視察研修を組み、市行政バスを利用して見学に来た思い出があります。

野々間遺跡から全国で初めて埋もれたままの状態で発見された2個の銅鐸を、その埋納壙とともに展示してその出土状況を明らかにしています。・・・を契機としてこの春日町郷土資料館が建設されたと説明をうけましたが、歴史資料館と民俗資料館が併設され「2館」方式であること。
視察した一行に綾部資料館建設のモデルとして高い評価がありました。

署名・請願活動など様々な建設促進活動のあと、綾部市でも「私市円山古墳」が発掘され、出土品の収容で急遽「綾部市資料館」の建設が決まりました。銅鐸の発掘と機を同じくする資料館建設の契機でした。

しかしながら、未だ「民俗資料館」については建設が定まらず、「いかるが民俗資料館」の組織をつくり模索している状態です。

この春日郷土歴史民俗資料館の素晴らしい立地条件、「歴史・民俗の2館併設」に加え、春日図書館が駐車場を挟み向い側に。春日町市役所、春日体育センターが左側に、春日町商工会館が右側に、春日文化ホール(以前興禅寺見学の時に全国応募の美術展が開催されていた、植野美術館の丹波美術大賞展の前身か?)が図書館側にあるなど、春日町の行政文化の一郭に立地することです。

クリックすると元のサイズで表示します
春日歴史民俗資料館・郷土資料館
クリックすると元のサイズで表示します
春日歴史民俗資料館の建物
クリックすると元のサイズで表示します
春日郷土資料館の木造農家風の建物
クリックすると元のサイズで表示します
巨大な千石釜が置かれている
クリックすると元のサイズで表示します
水路に設置して田畑に水を上げる水車

写真の撮影が出来なかったので貰ったパンフレットを載せます
クリックすると元のサイズで表示します
丹波路に銅鐸の音ひびく(表紙) 春日町周辺の観光マップ(裏表紙)
クリックすると元のサイズで表示します
春日の歴史 常設展
1.大むかしの春日 2.けむり立つ春日の里 3.中世の春日 4.近世・近代の春日
郷土資料館 くらしと農具 展示配置図

この春日郷土歴史・民俗資料館の受付、案内の方に、貼りだしてあった春日町年表を見ながら、現在、植野美術館で開催中の「富岡鉄斎の絵画展」について、母の絹が春日町(黒井)出身で鉄斎の書簡も展示されている。絹の生活していた場所など尋ねたところ、この関連ニュースは全く聞いていないとの答えでした。

春日町と氷上町などが合併して丹波市になり、すぐ近在の同種の施設である美術館と資料館の間に共通の話題に対し、連携のないことが分かりました。




コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ