2011/1/30

春日局生誕地、黒井城下館(興禅寺)を訪ねる  文化財研修記

今年は積雪が多く、高速道路も冬タイヤチェックがある模様、厳しい寒風をついて、春日局(お福)の生誕地である黒井城下館(興禅寺)に行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
黒井城下館(興禅寺)の端正な「高石垣」と静水を湛える「七間壕」
クリックすると元のサイズで表示します
楼門(山門)
クリックすると元のサイズで表示します
楼門の左側 阿の神将像
クリックすると元のサイズで表示します
楼門の右側 吽の神将像
クリックすると元のサイズで表示します
春日幼稚園横の「総門」から「参道」が上がる
クリックすると元のサイズで表示します
春日局生誕地(興禅寺)案内
クリックすると元のサイズで表示します
春日局庵 裏側にトイレ
クリックすると元のサイズで表示します
楼門前の石灯籠
クリックすると元のサイズで表示します
興禅寺本堂
クリックすると元のサイズで表示します
右側に「鐘楼」
クリックすると元のサイズで表示します
左側にお堂
クリックすると元のサイズで表示します
本堂前に「お福の腰かけ石」春日局幼名(3歳まで住んでいた)
クリックすると元のサイズで表示します
池のある「庭園」
クリックすると元のサイズで表示します
観音立像
クリックすると元のサイズで表示します
指月殿
クリックすると元のサイズで表示します
「お福産湯の井戸」 斉藤利三の妻お安(おあん)との子
クリックすると元のサイズで表示します
産湯の井戸方面から宝篋印塔が寺の裏に見えたようだが行けず、
外へ出て宝篋印塔→の道印から墓地に入った
クリックすると元のサイズで表示します
ずいぶん広く高い山中まで墓所が広がっている。14世、15世の石塔
クリックすると元のサイズで表示します
丹波市春日町黒井の観光マップ 黒井城跡

参考パンフレット抜粋
クリックすると元のサイズで表示します
国史跡 黒井城跡 戦国動乱のかずかずの歴史を秘めながら400年余りの風雪に耐え、城跡は今、静かな陽の中にあるーーー
本丸石垣と下館跡(現興禅寺)

クリックすると元のサイズで表示します
山頂の本城部 本城部分全景
 本丸跡 本城縄張図
本丸から二の丸、三の丸の石垣を望む 東曲輪野づら積み石垣 

クリックすると元のサイズで表示します
斉藤利三・春日局(お福)
天正7年(1579)黒井城落城の後、戦後統治にあたったのが、光秀の重臣斉藤内蔵助利三です。利三は下館(現興禅寺)を陣屋として西丹波一円の治安に当たりました。北の城下にある白亳寺には利三の軍役容赦の下知状が残されています。
黒井城下に活気が戻ってきた頃、利三は亀山城から妻お安と子ども達をこの陣屋に呼び寄せました。
 そしてこの年の暮れも間近い頃、呱々の声をあげたのがお福、後の春日局です。
陣屋跡は斉藤屋敷と呼ばれ、昭和初期建立の春日局生誕の碑があります。
 またJR黒井駅前に建つ幼いお福の像は、この町のシンボルとして親しまれています。

もう10年ほど前に、綾部ロータリークラブの梅原康先生の案内で、興禅寺、達身寺、紅葉の金剛院を回って以来の訪問でした。

今朝は少し所用があり出るのが遅れたが、興禅寺の見学を終えると丁度昼食時になったので、先日友人に教えていただいた丹波市の大型商業施設「ゆめたうん」に行き昼食を食べた。午後は丹波市立植野美術館で「富岡鉄斎の絵画展」を拝観し、春日郷土歴史・民俗資料館を見学した。




コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ