2011/1/10

あやべ初えびす大祭に福井県小浜市のなでしこ会が「七福神大笑音頭」の助っ人で大賑わい!  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」の並松町の熊野新宮神社境内にある「綾部恵比須神社奉賛会(由良源太郎会長)主催する」金持神社(鳥取県日野市)繁盛神社(京都市下京区)を合祀では「初えびす大祭」例年1月9日「宵えびす」10日「本えびす」の両日「商売繁盛笹もってこい!」の掛け声とともに多く人々で賑わった!恒例の七福神の宝船は1月9日(日)が市内を巡航した。特に今年は綾部工会議所創立60周年であるため宝船には商工会議所のメンバーが七福神となった。恵比寿:由良龍文会頭、布袋:山下信幸副会頭、福禄寿:元古保弘副会頭、寿老人:野崎正和常議員、大黒:山本博義監事、毘沙門天:新庄弘章青年部会長、弁財天:吉田直美女性会会長であった。ご鎮座は明治37年綾部町内の呉服商組合の商店主が西宮市の西宮蛭(えびす)神社の分霊をお祭りしたのが始まりで、戦後この地に恵比神社の神殿が昭和23年に造営され、本町通りと並松町の商業者で組織する「蛭会」が「えびす大祭」として昭和29年から開催すりょようになったという。当初は1月と7月のそれぞれの10日に開催していたが、昭和51年には1月9日に「宵えびす」1月10日を「本えびす」とするようになったという。昭和53年には景気付けとして月見町の芸者を乗せた「宝恵籠(ほうえかご)」も登場したが、昭和62年に廃志止。平成5年には「綾部のえべっさん」としてテレビにも紹介さひれるようになった。また、今年は1月9日の「宵えびす」の助っ人として福井県小浜市の「なでしこ会のメンバー20名による七福神大笑音頭」の踊りも宝船巡航に加わった。

1.1月9日(日)午前12時30分増先ず「熊野新宮神社」参拝・マイクは見事に囃したてる石原一号議員さん
クリックすると元のサイズで表示します

2.綾部恵比須神社へ参拝・賽銭を賽銭箱へ投入!福引券と甘酒券をもらう!
クリックすると元のサイズで表示します

3.福引券場は大賑わい
クリックすると元のサイズで表示します

4.福井県小浜市から助っ人の「なでしこ会メンバー」に挨拶される由良源太郎奉賛会々長
クリックすると元のサイズで表示します

5.午後12時50分合祀の金持神社と繁盛神社の神輿を宝船へ
クリックすると元のサイズで表示します

6.「七福神大笑音頭」を奉納する福井県小浜市のなでしこ会のメンバー
クリックすると元のサイズで表示します

7.お祓いを受けて、記念写真の七福神
クリックすると元のサイズで表示します

8.宝船の七福神となでしこ会メンバー記念写真
クリックすると元のサイズで表示します

9.JR山陰線を渡る宝船巡航
クリックすると元のサイズで表示します

10.JR綾部駅南口広場での綾部太鼓保存会子ども会のメンバー
クリックすると元のサイズで表示します

11.JR綾部駅南口で七福神の宝船に「七福神大笑音頭」を奉納するなでしこ会メンバー
クリックすると元のサイズで表示します

この後、午後2時45分頃「アスパ」、3時20頃「西町二番街」そして3時45分頃綾部稲荷社へと巡航と「七福神音頭」の披露があった!

12.1月10日「本えびす」午前9時30分頃の石原一号議員の熱弁での盛り上げ!2
クリックすると元のサイズで表示します

13.本ほえびすで縁起物を買う人々
クリックすると元のサイズで表示します

14.午前10時 出口孝樹宮司様と祭員により「祭典」が始まる
クリックすると元のサイズで表示します

15.祭典その1.
クリックすると元のサイズで表示します

16.参列者へのお祓い
クリックすると元のサイズで表示します

17.出口孝樹宮司様の祝詞奉上
クリックすると元のサイズで表示します

18.由良源太郎綾部恵比須神社奉賛会々長の玉串奉納
クリックすると元のサイズで表示します

19.山崎善也綾部市長の玉串奉納
クリックすると元のサイズで表示します

20.佐々木府会議員、木下義信市議会議長他多数のご来賓の玉串奉納4がありました!
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して頂ける方は下記のFC2ブログランキングをクリック願います!
fc2トラックバック
ランキングバナー 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ