2009/12/7

世界連邦市民学習会に参加  あやべの街

パネルディスカッション「綾部市民が担う世界連邦運動とは」が、12月5日(土)市民センターで行われ参加してきました。主催:綾部世界連邦運動協会
クリックすると元のサイズで表示します
熱心にパネルディスカッションの展開に聞き入る参加者
クリックすると元のサイズで表示します
開催の挨拶をされる綾部世界連邦運動協会会長:鹿子木旦夫氏
クリックすると元のサイズで表示します
基調スピーチをされる副会長:片山哲二氏
クリックすると元のサイズで表示します
パネリストの相談役:山崎巌氏(綾部史談会会長)
クリックすると元のサイズで表示します
パネリストの理事:高木明彦氏(綾部の文化財を守る会会員)
クリックすると元のサイズで表示します
コージネーターの出口三平氏(綾部の文化財を守る会会員)

・世界連邦の主役は? 国家、市民、人および諸生物、その他
・世界連邦の最大目的は? 戦争をなくす、世界の富(衣食住)の分配共有、人々の相互理解 信頼醸成、その他
・世界連邦は実現するか? 時間がかかるができる、意外と早くできる、なかなか大変、その他
・世界連邦運動のなかで培い得られるものは? 夢と希望が持てる、世界現状への発言の視点をもつことができる、他者への親和力 友愛力が増す、その他
・綾部からできることは? 世界連邦運動に誇りをもつこと、世界連邦実現への発言を重ねてゆくこと、発言のための学びを深めること、その他




コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ