2009/8/22

神戸の文化財を訪ねて!昼と夜のライトアップ第5回異人館めぐりその一。  文化財研修記

ホテルオークラ神戸から一時間に3本無料のシャトルバスが三ノ宮駅へ出ているので朝8時に乗り三ノ宮駅へ向かう。地下鉄に乗ればすぐだのに、懐かしく歩いて三ノ宮駅から右手の山の手新神戸駅に向かって歩く。さすが神戸!通勤のギャルの服装もセンスがあり、それぞれの個性が生きている。おお汗かいてやっと新神戸駅に手間のクラウンプラザホテル近くに行く。

1.超高層のクラウンプラザホテル
クリックすると元のサイズで表示します

2.異人館めぐり入場券売り場A。5ヶ所2,500円が2,000円、B。7ヶ所3,700円が3,000円、9ヶ所4,700円が3,500円でセット販売。小生6ヶ所2,000円のセット券を購入。大汗で旧中国領事館の豪華なソファーで汗を拭く。
クリックすると元のサイズで表示します

3.異人館めぐりイラストマップ
クリックすると元のサイズで表示します

4.旧中国人領事館(旧チン邸、明治後期作)
一時期中国の領事館であったが、現在は洗練されたインテリアの中に明朝(1368〜1615)清朝(1616〜1911)に至る美術品、家具、調度品が部屋が毎に展示されている。
その一。入口
クリックすると元のサイズで表示します

その二。豪華なロビーの一つ
クリックすると元のサイズで表示します

その三。豪華なベッド(こんなべッドでねてみたいね!)
クリックすると元のサイズで表示します

5.北野外国人倶楽部(旧フリューガ邸、明治後期作)「ライオンハウス3号館」と呼ばれてきたこの館は当時の外国人居留者の社交倶楽部でした。古き良き時代の香る異人館です、。見事なベッドルーム、食卓テーブル、外の車庫の19世紀の馬車など郷愁をおび得ます!
その一。倶楽部入口の開門中
クリックすると元のサイズで表示します

その2.見事なベッドルームとその装飾
クリックすると元のサイズで表示します

その3.見事な食卓テーブル
クリックすると元のサイズで表示します

その4.車庫とその中の19世紀の馬車
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ